ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。自然派、ブルゴーニュ、イタリアワイン好きな方は是非ご来訪ください。

イル・ヴェイ

il Vei

Last Update 2017.03.04


 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
■シャブリ ■マルサネ ■フィサン
■ジュヴレ=シャンベルタン
■モレ=サン=ドニ
■シャンボール=ミュジニー ■ヴージョ
■エシェゾー ■ヴォーヌ=ロマネ
■ニュイ=サン=ジョルジュ ■コルトン
■サヴィニー ■ボーヌ ■ポマール 
■ヴォルネイ ■サン=トーバン ■マコン
■ムルソー ■ピュリニー ■シャサーニュ
■ボージョレ ■プイィ=フュイッセ
■フランス
  ブルゴーニュ
  ボルドー
  ローヌ
  シャンパーニュ
  ロワール
  アルザス
  ジュラ
  サヴォワ
  ラングドック
  ルーション
  オーヴェルニュ
  マール
  フィーヌ
  ラタフィア
  シードル
■イタリア
  トスカーナ
  ピエモンテ
  フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
  ヴェネト
  アルト=アディジェ
  アブルッツォ
  エミーリャ=ロマーニャ
  カンパーニャ
  ロンバルディア
  シチリア
  マルケ
  ラッツィオ
  プーリア
  グラッパ
  オリーブオイル
  食品        
■スペイン
■アメリカ
■ドイツ
■ギリシャ
■オーストリア
■オーストラリア
■インド
■ポルトガル
■日本
  ■ 〜¥2,600 デイリー価格帯
  ■ 〜¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ 〜¥5,600 ここはリッチ!
  ■ 〜¥7,000 凄くリッチ!
  ■ 〜¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001〜 超高級?
  ■ ワイングラス・その他のグラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ラベルレコーダー・コレクター
  ■ コルクキャッチャー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ 〜1959年より前
  ■ 1960年〜1969年
  ■ 1970年〜1979年
  ■ 1980年〜1989年
  ■ 1990年〜1999年
  ■ 2000年〜2009年
  ■ 2010年〜
noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/7
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
なかなか質感も良いです。最高で1.5L入ります。 Spiegelau
Vino Grande
NO.7060157
シュピーゲラウ
ヴィノ・グランデ
デキャンタ1.5L
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で
綴る..まんま 「
Real Wine Guide


VISA・MASTER、JCB、AMEX、DINERSカードがご使用になれます。SSLで個人情報漏れの心配もありません。
クリックしてSSL証明書をご確認ください。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
NOISY'S WINE SELECTS 原酒店のサイト中、「買い物かご」等個人情報を扱うページでは、SSL 情報暗号化通信で情報漏洩から保護しています。上記のグラフィックをクリックすると証明書の確認ページに飛びます。
◆◆FACEBOOKのご案内
  取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
noisywineをフォローしましょう
◆◆Twitter 開始のご案内
 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
[an error occurred while processing this directive]
イタリア  ■□  il Vei  □■  エミーリャ=ロマーニャ
イル ヴェイ
● ちょっとびっくりするような極めてバランスの良いイタリアワインをご紹介させていただきます。このところの円安で、今まで2千円以下クラスだったアイテムが絶滅状態の中で、とてもありがたい・・イル・ヴェイです!

オオタ社長さんからです。

 ヴィナイオータが誇る鬼コストパフォーマンスデイリーワインの造り手、イル ヴェイです!!!
右から、田舎のクリント イーストウッド(笑)サヴィーノ、アンナに息子リッカルド

 今回の来日生産者の中で、僕的サプライズ来日No.1は?といったら、間違いなく彼らです!!

 僕がピアチェンツァ近郊に行った際の秘書的存在(笑)、アルベルト アングイッソラとは、凄いご近所(直線距離だと恐ろしく近いのですが、山道をくねくね上り下りするので20-30分かかっちゃうんですけど…)なのにもかかわらず、もともと知り合いでなかったのですが、何回かアルベルトと一緒にイルヴェイを訪問しているうちに、アルベルト持ち前の人懐っこさも相まって、仲良しになってくれまして、そのアルベルトの献身的&積極的な誘致活動(笑)もあって、来日が決まりました。

 ピエモンテのブレッツァとこのイル ヴェイは、ヴィナイオータが取引する造り手の中で、イタリアの近過去的“古き良き”を残した唯二の造り手と言えるかと。

 経済的に貧しいという意味ではなく、経済的な豊かさを追求するために無理をすることが絶対にない、多くを望まないという意味と、その人となりから、”清貧”という言葉をイメージしてしまうのも、この2つの造り手だったりします。 僕たち日本人は、ワインと言えば無条件でボトルに入ってラベルがついたものをイメージしてしまうと思うのですが、ほんの20〜30年前くらいまで、ワイナリーでの計り売りも非常にポピュラーでした。馴染みのワイナリーのワインが出来上がる頃に、ダミジャーナ(大瓶、50リットル入り程度が最も一般的)数個、その一家の1年分の消費量分に必要な個数を、ちょっとしたお土産と共に携えてワイナリーを訪れ、ワインを入れてもらっている間に、ワインやサラミをご馳走になりながら顔を合わせていなかった1年の間のお互いの近況を報告し合い、また来年もよろしくね!と言って帰っていく…。そんな人間味あふれる商売をいまだに続けています。

 バローロのような、世界的にも名醸地と認識されていて、ワインが食品というよりも嗜好品としての要素が強い土地では、かなり昔に廃れてしまったかもしれませんが、世界的には有名じゃないかもしれないけどワインが伝統的に生産され、いまだにローカルレベルで農と食とワインが密接に関わりあっている場所(地産地消レベルが高い、と言い換えられるかも)では、ワイナリーの看板の下の方に、「ワイン、量り売りします」的な文言が書いてあるのを見かけます。
空き瓶は消費した分出るわけですから、改めて買う必要はないですし、自宅に簡単な手動式打栓機があって、王冠ないしコルク栓を買ってくれば、空き瓶にボトリングできるわけです。造り手からしてみたら、瓶、コルク、キャップ、ラベル、箱代(←これも馬鹿になりません!)に加えて、手間賃も浮くわけですから、廉価での提供を実現でき、消費者サイドからしたら、手間を惜しまないだけの情熱(笑)さえあれば、より良いものを安く買えるわけで、まさに利害が一致しているわけです。


 それこそカーサ コステ ピアーネも、ボトリングを始めたのは1984年からで、それまでは生産するワインを全て量り売りしていました。いちいち造り手の側から連絡しなくても、春先、セラーの気温が上がり始め酵母が冬眠から目覚める頃、お客さんの方が季節感を察知して、買いに来てくれたそうです。

 残念なことに、最近は量り売りで買ってきたワインを自分でボトリングする人が減ってきているそうです。その時間さえも惜しみ、ボトリングされている、だけど出費額的には同等のもの(ワイン自体の品質の差は、言わずもがな、です)に消費が流れているのでしょう…。個人商店から、大型のスーパー&ショッピングセンターへの移行と同じようなことが、ワインの世界でも起きていて…なんだか寂しいですよね。

 イル ヴェイの場合、その年の生産量に対して、古くからのお客さんの量り売りリクエスト量と、地元のトラットリアや酒屋さんとヴィナイオータからのリクエスト本数(日本以外の外国への輸出は一切していません!!)、そして毎年参加しているオーガニックマーケットでの販売用の本数などを踏まえて750ml入りのボトル、つまりDOCワインの生産本数を決め、残ったワインと圧搾して出てきたワイン(DOCワインとして出すものは、フリーランで出たワインを使用しています)をブレンドしたものを1.5リットルのボトルに詰め、ヴァルティドーネIGTとして販売します。

 地元のトラットリアから、しっかりと発泡したものをとリクエストされれば、早い段階でボトリングし、ヴィナイオータはできるだけ発泡していないものをと言うから、遅くにボトリングしと(それでも発泡していることもありますが…苦笑)、計り売りも含め、小ロットに気軽に対応するべく…


 ふたの位置(高さ)を自由に変えることのできるタンク、SemprePieno(センプレ ピエーノ、いつもいっぱい!と言う名のタンク、笑)が重宝されます。

 エミーリア ロマーニャですのでトルテッリ!パルマのあたりと一緒で、料理が物凄くしっかりコッテリしているので、微発泡性のワインを飲むのが一般的です ワインには、生をつなぐ為に必須なモノ、つまり食品としての側面と、偉大な音楽や絵画などと同様に心を揺さぶるアート作品としての側面があるのだと思います。で、イルヴェイのワインはもろ前者なわけですが、あんな真っ当な食品としてのワインを探すのはイタリアでも非常に困難だったりします。
僕がイタリア人で、大して稼ぎもなく、ヴォドピーヴェッツのワインなんてとんでもない!!というような生活をしていて、でも美味しいものを食べたり飲んだりするのが大好きだったりしたら、イル ヴェイやブレッツァの存在には感涙を禁じ得なかったと思います(笑)。

 ヴォドピーヴェッツのような、飲み手を構えさせるくらいのテンションを持ったものだけでなく、イル ヴェイのような、良い意味で”普通で、真っ当な”ワインも紹介できていることは、文化(=多様性)を輸入しているという自負をもって仕事をするヴィナイオータとしては、非常に大事なことだったりします。 



今回の来日は、ワイナリーの仕事を継ごうか継ぐまいか、迷いに迷っている息子リッカルドに、自分たちの仕事が遠く離れた国の、沢山の人達を幸せにしているという光景を見せてあげたかったっていうのが、一番の目的だったんじゃないかと、オータは邪推しております。という訳ですので、
「あなたたちのワインのお陰で、家計も肝臓も助かってます!!ありがとね!!!!」
って言ってあげてください!!!(笑)



2014 Barbera Colli Piacentini D.O.C.
バルベーラ・コッリ・ピアチェンティーニ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

1264 5777 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 イタリア エミーリャ=ロマーニャ ピアツェンツァ

750ML 在庫
ご注文数  本
¥1,580 (外税)

【これ・・安いけどかなり旨いです!非常にピュア!】
 ロマーニャのピアチェンツァで造られるバルベーラです。この地域のワインは結構発泡しているのが多いです。まあ、ランブルスコがまさにその代表格ですが、普通のワインも自然な発泡をしているようです。

 でも、このバルベーラはほぼ発泡が無いですね。地元じゃ発泡していないと売れないそうですが、これはロマーニャワインとしてのバランスが実に素晴らしいです。

 ロマーニャのワインは、どちらかと云うと「薄くて」「妙な発泡が有ったり」「バランスが崩れてて」と、四角いものは四角くないと駄目な日本人にとっては、平行四辺形は四角の一種かもしれないが、
「それは五角形でしょ?」
と言いたくなってしまう部分が有ったんですね。発泡にしても、
「あの〜・・・残糖が残ってたのが瓶内でいつの間にか発泡してるなんて、泡質も良く無いし・・」
と言いたくなっちゃう訳です。
「糖分残すならキッチリ発酵させてよ」
と思うわけですよ・・普通の日本人とすると。

 で、このバルベーラはすべて合格なんですよ。濃度もロマーニャのワインとすると充実していて、軽薄さをまるで感じさせないし、しっかりとした円形をパレットに描いてくれます。妙な残糖感も無く、発泡も無く、ベリーやプラムを実物大に見せてもくれます。余韻も綺麗で、長さもたっぷりです。ホント、言う事は無いですよ。これなら売れると確信しました。

 2千円位だったデイリーもこの位に落ち着けば嬉しいですよね。ぜひご検討ください。お奨めします。.


2014 Bonarda Colli Piacentini D.O.C.
ボナルダ・コッリ・ピアチェンティーニ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

240 5778 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 イタリア エミーリャ=ロマーニャ ピアツェンツァ

750ML 在庫
ご注文数  本
¥1,580 (外税)

【こちらも同様・・安いけどかなり旨いです!非常にピュア!】
 ボナルダという品種です。バルベーラより少しだけ重量感が有るかな・・・比較するとタンニンがやや感じられますが、

「サクッと醸してサクッと仕上げ!」

ていますので、非常に濃密ながらもタンニンを渋いと感じることは有りません。

 また、フリッザンテですので、ローマっ子に受ける味わいですね。ピザとの相性はバッチリですし、何より自然な栽培と健全な醸造で、

「アヴァンギャルドなニュアンスは無しなのにピュア感だけが生きる!」
素直な味わいです!

 輸入はヴィナイオータさんですが、何ケース入れても瞬間蒸発してしまうそうで・・・凄いですよね・・。ま、そりゃそうかも・・この価格ですからリピーターも多いでしょう。
 以前はのんびり構えて注文させていただいていたnoisyですが、結構それなりに長い付き合いの萩野君に、

「え〜・・?そんなんじゃイル・ヴェイなんか絶対買えませんよ〜!」

と言われ・・・

「・・え〜?そ〜なの・・?」

 しっかり早めに注文したはずが、赤は何とか仕入れられたものの、白はゼロ回答・・・

「もう有りません・・」

「・・って、さっきオファーが有ったばかりじゃん・・」

 へ〜・・・世の中、noisy の知らぬ間にどんどん変わって行ってるようです!とにかくピュアなビオワイン・・ジューシーで旨い・・しかも安い!・・そして早く無くなる・・・吉x家さんみたいなイル・ヴェイ!お奨めします!.


2014 Gutturnio Superiore D.O.C. Frizzante
グットゥルニオ・スペリオーレ・フリッザンテ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

1265 5779 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 イタリア エミーリャ=ロマーニャ ピアツェンツァ

750ML 在庫
ご注文数  本
¥1,580 (外税)

【これも・・安いけどかなり旨いです! フリッザンテ(弱発泡)と言うほどはガスは無いですが非常にピュア!】


 バルベーラとボナルダで造られるグットゥルニオです。単独のD.O.C.になったようで、コッリ・ピアチェンティーニじゃ無くなりました。

 非常にピュアで深みも有って旨いです。こちらは2014年のフリッザンテなので、ガスは弱めですね。

 落ち着けないで飲むと少し濁り、わずかに還元しているかもしれませんが、5分もすると穏やかになり、還元していたことも忘れてしまうでしょう。

 ほぼドライに仕上がっていて、しかし酸のバランスが良いので、旨みもしっかり有ります。

 重量感が一番あるのがこのグットゥルニオ、少しライトでスティルなバルベーラ、微発泡のボナルダ・・と覚えていただけると良いかと思います。

 とても深い構造を持つ・・・などとは言えないですが、充分以上の構造と味わいが有り、しかも1500円ほどのプライスで、ビオの美しいアロマと味わいをドライに健康的に楽しめる・・・ワインでこんなに素晴らしいことは無い・・というか、全ての基本としてあるべきことをしっかりやっているということでしょう。

 ビオでSo2も少ないですから、保存は冷蔵庫の野菜室かセラーでお願いします。超お奨めの三兄弟!ご検討ください!.
新着メンバー価格の商品は通常商品と送料サービス体系が異なりますのでご注意下さい。

   
[an error occurred while processing this directive]
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy