ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。自然派、ブルゴーニュ、イタリアワイン好きな方は是非ご来訪ください。

山本合名会社

Yamamoto Goumeigaisya

Last Update 2017.03.04


 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
■シャブリ ■マルサネ ■フィサン
■ジュヴレ=シャンベルタン
■モレ=サン=ドニ
■シャンボール=ミュジニー ■ヴージョ
■エシェゾー ■ヴォーヌ=ロマネ
■ニュイ=サン=ジョルジュ ■コルトン
■サヴィニー ■ボーヌ ■ポマール 
■ヴォルネイ ■サン=トーバン ■マコン
■ムルソー ■ピュリニー ■シャサーニュ
■ボージョレ ■プイィ=フュイッセ
■フランス
  ブルゴーニュ
  ボルドー
  ローヌ
  シャンパーニュ
  ロワール
  アルザス
  ジュラ
  サヴォワ
  ラングドック
  ルーション
  オーヴェルニュ
  マール
  フィーヌ
  ラタフィア
  シードル
■イタリア
  トスカーナ
  ピエモンテ
  フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
  ヴェネト
  アルト=アディジェ
  アブルッツォ
  エミーリャ=ロマーニャ
  カンパーニャ
  ロンバルディア
  シチリア
  マルケ
  ラッツィオ
  プーリア
  グラッパ
  オリーブオイル
  食品        
■スペイン
■アメリカ
■ドイツ
■ギリシャ
■オーストリア
■オーストラリア
■インド
■ポルトガル
■日本
  ■ 〜¥2,600 デイリー価格帯
  ■ 〜¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ 〜¥5,600 ここはリッチ!
  ■ 〜¥7,000 凄くリッチ!
  ■ 〜¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001〜 超高級?
  ■ ワイングラス・その他のグラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ラベルレコーダー・コレクター
  ■ コルクキャッチャー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ 〜1959年より前
  ■ 1960年〜1969年
  ■ 1970年〜1979年
  ■ 1980年〜1989年
  ■ 1990年〜1999年
  ■ 2000年〜2009年
  ■ 2010年〜
noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/7
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
なかなか質感も良いです。最高で1.5L入ります。 Spiegelau
Vino Grande
NO.7060157
シュピーゲラウ
ヴィノ・グランデ
デキャンタ1.5L
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で
綴る..まんま 「
Real Wine Guide


VISA・MASTER、JCB、AMEX、DINERSカードがご使用になれます。SSLで個人情報漏れの心配もありません。
クリックしてSSL証明書をご確認ください。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
NOISY'S WINE SELECTS 原酒店のサイト中、「買い物かご」等個人情報を扱うページでは、SSL 情報暗号化通信で情報漏洩から保護しています。上記のグラフィックをクリックすると証明書の確認ページに飛びます。
◆◆FACEBOOKのご案内
  取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
noisywineをフォローしましょう
◆◆Twitter 開始のご案内
 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
【 更新情報 】 (↓ 文字をクリックして下さい。)
2017/04/13(木)更新 NOISY'S WINE SELECTS 新着情報 第12弾 ロワール随一!ディディエ・ダグノー2014年&クリスチャン・セラファン2014年


日本  ■□  Yamamoto Goumeigaisya  □■  秋田
山本合名会社
● 飛ぶ鳥を落とす勢いでたるんだ地酒業界にカツを入れている(ような・・・)山本さんちから、毎年お愉しみにしていらっしゃる方も多い「例のもの」が到着です。noisyのところではこの冬の風物詩ともなりつつあります。非常にクリーミーな・・目から入ってくる乳白な色合いからのイメージそのものを感じさせてくれるテクスチュアと、ガスを含んだドライさ、絶妙のエキス感が活きる活性酒です!
 



N.V. Yamamoto Pure-Black Junmai-Ginjou
山本 ピュアブラック 純米吟醸
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12311 269 地酒 辛口 日本 秋田

■蔵元情報
 平成17年に杜氏制を廃止し、蔵元の山本が自ら酒造りを始めた際に立ち上げたセカンドブランド。主力の純米吟醸に関しては精米から搾りまでの一連の工程を自ら行うという約束を立てたましたが、年々生産量が増加し、近年では徹底されていません(汗)。全国の山本さんが本気で買えば1日で完売しても不思議ではないのですが、現実は甘くはない・・・(涙)。
720ML 在庫
ご注文数  本
¥1,524 (外税)

【昨今は大人気アイテムに!!段々飲めなくなるかと思います・・】
 待望の山本が入荷しました!・・ですが、例年通りの「生原酒」では無く、火入れした「ピュア・ブラック」になります。申し訳ありません。

 それと言うのも、限定年一回の「生」、「荒ばしり」をこの時期に仕込んでいた訳ですが、生では無い定番品の火入れのピュア・ブラック「漆黒」も人気が爆発していまして、限定生を仕込むことが現実的にできなくなっているそうなんです・・。年末年始の一行事になっていたので結構・・ショックです。

 まぁ、火入れよりも生の方が造り易いはずなんですが、定番品を切らすと食店さんなどに迷惑が掛かるそうで、どうにもなりません。

 でも、基本的には今までお届けしていた「生原酒」と規格は変わりませんので、単に「火入れをした」と思っていただければと思います。(・・でも毎年、かなり味わいは異なります・・と言うか、山本社長が色々変えちゃうからなんですが・・)

 数は今のところ、何とかなりそうです。是非ご検討くださいませ。


 以下は以前の生原酒・荒ばしり生原酒のレヴューです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 旨いですね・・。とても素晴らしいです。吟醸のアロマがしつこくない程度に香り、適度な肉厚さのあるボディと、わずかな残糖、なめらか且つキレが美しいです。受けるのも良く理解できる仕上がりです。

 昨今のワイン造りとも共通するようなニュアンスも受けます。出来る限り酸素と接触させず、酸化のニュアンスを付けないとともに、吟醸の香り・・アロマを逃がさず、お酒の中に留めているように思います。

 中取りには、昨年までには無かった、
「Pure Black Yamamoto」
の文字が有ります。

 何しろリーズナブルですし、水の美味しさをそのままに生かせる日本酒ですから、白神山伏流水がポイントになっています。柔らかで美しく甘い水です。

 この山本ですが、社長が実際に造っている酒です。もう・・人気が出てしまいまして、昔は頼んだだけ・・10ケース以上発注しても普通に届きましたが、今は減らされてしまいまして半分以下です・・何だかな〜・・ですが、基本ワイン屋になっちゃいましたので仕方が無いかな〜と。

 飲めたのは中取りです。荒走りは、槽から最初のうちに流れ出てくるものを詰めています。少々ですが澱(粕)が有り、少し立てておくと沈殿します。それで普通ですので・・はい。ワインで言えばノン・フィルターと言うことですね。 2014BYはガスが結構有りましたが、2015BYはほぼ感じ無いです。メーター(日本酒度)や酸度も余り変わりませんが、ガスの無い分、2014BYの方が辛く感じたかもしれません。

 年一度の限定です。お待ちくださっていらしたお客さまも多いと思いますが、どうも追加も出来そうに無いので、出来るだけ早めにご注文くださいませ!旨い日本酒です!

■山本社長より
 白瀑の山本です。10月から始まった今期の造りも早22本目の仕込を終えました。春に増設した30坪の大型冷蔵庫に仕込みタンクを10本並べて、気温が高い10月を上手く乗り越えることが出来ました。現在は気温も十分に下がってきたので、通常の仕込蔵内にて作業をしております。
 今期は麹室を増築して作業性の向上を行いました。麹室には通常杉が使われますが、数年は木の香りが酒に移るのが問題になっています。そこで私は多種類の木材を取り寄せ、様々な条件で香りを調べた結果、ブナが一番香りが低かったので、ブナ材を内装に使いました。麹室にブナを使用した酒造メーカーは当社が初めてではないでしょうか。ブナ林の湧き水を使用する当社らしい良い判断をしたと自画自賛しております(笑)。
 そんな衛生的な環境で造られた今期の純米吟醸「山本」の荒走りと生原酒をご案内いたします。山本シリーズの特徴は酢酸イソアミル系の爽やかな香りと、柑橘系のフルーツのようなジューシーな酸味、低いアミノ酸によるキレ味鋭い後味が特徴です。


以下は以前のプレゼン文です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今年の山本は非常に綺麗で香り高い!シャンパーニュのように溶け込んでいる・・とても僅かなガスがクリーミーです!】



酒こまち100%使用
(麹米のみ自社栽培)
精米歩合:麹米50%
 掛米55%
酵母:秋田酵母No.12
日本酒度:+2
酸度:1.8
アミノ酸度:0.9
アルコール度数:16.5%

と言うのが2014BYのテクニカルです。

 昨年の2013BYと比べると、とても香り高く、綺麗に仕上がっています。相変わらずの白神山伏流水の柔らかさに加え、2014年ものは、わずかに存在するガスが口内で湧き上がるような・・・膨れてくるようなクリーミーさを持っていて、空けたての時のひとつの美味しさを感じさせてくれます。もっともこれは非常に短い時間の話しなので、このバランス自体は10〜15分で収まってしまうかもしれません。

 ほんのわずかな甘みがこのお酒の特長かもしれません・・・。ま、甘いと言ってしまうと御幣が有ると思いますし、

「甘いのか〜?」

と引かれてしまう方も多いかもしれませんが、本来・・日本酒は甘みが有るものです。出来るだけ長く醸造を引っ張っても糖分は僅かながら残るんですね。このわずかな甘みやガスが「搾り立て生の良いところ」なんです。


 その上で、徐々に温度が上がってくると、先ほどのバランスとは違った味わい・・つまり、少しずつボディが出てくるような・・赤ワインがシャンブレ状態になるような感じでしょうか。お酒本来の美味しさを発揮してきます。丸さ、ふくよかさ、滑らかさに長けていて、温度が低かった時の吟醸香よりもさらにふっくらとした黄色っぽいフルーツのニュアンスが出てきます。とても良い仕上がりかと!思いました。

 今年も720MLの荒走りをGETできましたので、搾り立てのもう一つの美味しさ、初々しさと美しさ、香りの先鋭さが感じられると思います。是非ご検討くださいませ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【一度飲んだら止められない?!】

 素晴らしい地酒です。日本酒の醸造には、優れた米は言うまでも有りませんが、何と言っても原料のほとんどを占める「水」の良さから離れては語ることが出来ません。

 まず飲んでもらえば判るでしょう。山の岩清水思わせるような清冽な味わいです。吟醸の香りは仄かで、繊細な食材の良さと喧嘩することは有りませんが、それでも丸々としていてぷっくらとしたやや青いリンゴを思わせるものです。

 無圧荒走りの方は、酒袋から最初に垂れてきた部分を集めたもので、比較的軽く、香りが多様、まろやかさと荒さ、辛さと甘みが交互に出てくる七色の味わいです。基本的にほぼドライですが、ワインのように極めて残糖無し・・・ということは日本酒の場合は有り得ず、わずかな残糖は有るでしょう。しかし、「甘い」ニュアンスはほぼ無く、バランスに優れています。

 もう一方の生原酒は、荒走りの後に垂れてきた部分で、通常は「中(なか)」などと呼ばれています。荒走りと比べると穏やかで丸みが有り、味幅は大きくもふっくらとしており、極めてバランスが良いです。若くハードな荒走りに対し、熟練の卓越した味わいを感じていただけるでしょう。

 どちらも成分表には変わりは無いものの、垂れてくる部分での味わいは大きく異なりますし、熟成期間も基本的には違ってきます。熟成させても良いですが、この生の味わいは素晴らしいので、ようやく咲き始めた「桜」」を愛でながらのグラスで、心地良い酔いを楽しんでください。

 清冽な水の味わいは、ややもすると、
「飲み過ぎ」
を誘いますので、美味しい冷たい水をチェイサーにされると更にGood!もしくは飲みすぎないようにご自制ください。素晴らしい地酒に乾杯!お奨めです!


 白瀑の山本です。秋田の冷え込みも厳しくなり、ようやく安定した長期低温発酵を行えるようになりました。大きさが不揃いで、出来上がりにムラのあった純米吟醸用の仕込みタンクを新たに買い揃えましたので、今期はクオリティーの高い商品を提供できると思います。
 昨シーズンは導入した麹室用のオゾン空間殺菌機の効果で麹の雑菌が大幅に減少しましたが、今期に導入したオゾン水生成機も併用した結果、更に雑菌が減少しました。
見た目は古い麹室ですが、室内はとても衛生的な環境です。また、出麹の前に室内で1時間ほど強制的に通風し、麹の水分を飛ばしてカリカリの状態にしてから出麹しています。これにより、出麹後の細菌汚染のリスクが減り、また、仕込んだ際に水分を素早く吸収して酵素が溶解するメリットもあります。
 そんな衛生的な環境で造られた今期の純米吟醸「山本」の荒走りと生原酒をご案内いたします。山本シリーズの特徴は酢酸イソアミル系の爽やかな香りと、柑橘系のフルーツのようなジューシーな酸味、低いアミノ酸によるキレのある後味が特徴です。

.



2015BY Yamamoto Junmai-Ginjou Dokidoki
山本 純米吟醸 ドキドキ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

6906 6246 地酒 辛口 日本 秋田

■蔵元情報
 リンゴ酸という特定の酸を通常の3倍も生成する特殊な酵母で仕込みました。リンゴ酸は温度が低い方がより美味しく感じられる酸らしいので、しっかり冷やしてお楽しみください。ちなみにドキドキは私が夏をイメージした時に思い付いたフレーズで、特に深い意味はありません。
720ML 在庫
ご注文数  本
¥1,524 (外税)

【夏向きに酸度を上手に操った旨い酒!】
 かなり冷やしても味が沈まず、甘くなく、でも甘酸っぱいような柑橘系フルーツの酸のような酸をたっぷり持った、夏向きのドキドキしちゃうような生酒を山本さんがリリースしました!

 「夏なら生酒!日本酒に限る!」
と、おっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、確かに美味しいものの、段々重くなってきてしまうもの・・・です。まあ、濃い赤ワインもそうですが・・・

 でも、このドキドキ夏生はそんな「重い後口を軽く」してくれる酸の構成をしています。リンゴ酸系のシャッキリした酸がたっぷり有ります。かと言って、ワインのようにリンゴ酸が沢山あると酸っぱくなっちゃいますが、そこはお米のお酒ですから・・・ちゃんとわきまえているのが素晴らしいです。

 実は・・こんな夏に美味しい日本酒を目指して、新井(石原)順子さんも茨城で「Junko」を仕込んだんですね・・。残念ながらまた議員さんにはなれませんでしたが、彼女のJunkoは、

「ギンギンに冷やした時にとても美味しい。アルコール分がとても低くてナチュラルに感じる。」

味わいなんですね。日本酒ファンにはやや物足りなさを感じるでしょうし、品温が上がった時はややダレてしまうが、まあ、ワインのように上がってきたら下げりゃ良いので、やはりこの辺の感覚は女性ならでは・・と言うか、彼女ならではでしょう。


 しかしながらこの「ドキドキ」は、やはり長いこと日本酒に馴染んでいる山本社長だからこその発想と味わいだと思うんですね。酸っぱい系の酸を大目に持ち、アルコール分も下げず、

「日本酒ファンにも受け入れられる味わい」

を目指していると言え、それに成功していると言えるでしょう。


「甘酸っぱい酸・・と言うより、全然甘くは無いので、夏向きと構えて飲まずとも、自然に気候に対応している味わい」

と言えるかもしれません。そんな需要への対応を上手にこなしているところが「山本」の売れ行きが凄いことの秘密なのかもしれません。


 なのでトキドキ・・・いや、時々、ワインから離れて日本酒も良いんじゃないかと思いますよ。下のスパークリング山本とご一緒にご検討ください・・まあ、こう見ると、日本酒は安いですね・・・でも、飲みすぎにはご注意ください。ワインよりも「酔い」は「重い」のが日本酒の特徴でも有ります。ご検討ください!

テクニカルシート
純米吟醸生酒 720ml
精米歩合 55%(麹米)・55%(掛米)
日本酒度 +2
アルコール分 15%
原料米 秋田県産
白神山系伏流水使用
.



2015BY Yamamoto Yamabai Junmai-Ginjou SunShine Yellow
山本 山廃純米吟醸 サンシャインイエロー
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11950 6247 地酒 辛口 日本 秋田

■山本社長より
 山本です。ビールが美味しい季節になりましたね!私は最近ホップをどっさり使用したクラフトビールにハマっています。風味が濃いので今まで数杯飲んでいたものが1杯で済むようになりました(笑)。その代わりに日本酒の消費量が増えています。先日出荷したドキドキやピュアブラックは今の時期にピッタリです。
 夏こそ山本ですよ! 
(冬もよろしくお願いします・・・)
 これから梅雨が明け、本格的な夏を迎えるにあたり、夏酒の最終兵器サンシャインイエローを出荷いたします。山廃というと、しっかりと熟成させたものをお燗にするのが一般的ですが、敢えて一番お燗に適さないこの暑い時期に「冷やして美味しい山廃」というコンセプトで仕込みました。「お燗はダメよ!」と肩貼りに記載していますが、決してお燗酒に喧嘩を売っているわけではございません。個人的に老ねた酒が苦手なだけです。
酒こまち55%精米
セクスィー山本酵母
日本酒度 +4
酸度 2.3、アミノ酸度1.0
アルコール度数 15.5%
720ML 在庫
ご注文数  本
¥1,524 (外税)

【冷酒向けに山廃仕込みの純米吟醸!セクスィー山本酵母仕込みはほぼギャグでしかないが、山廃純米吟醸とすると新境地を開発したかも!】
 ほとんどギャグの世界です。赤塚不二夫先生の世界にそっくりです。マッ黄ッ黄のラベルにサンシャインイエロー、肩には「セクスィー山本酵母」と大書きし、

「別に意味は無い〜!」

とのお言葉・・。もう一方通行のギャグでしか理解できない世界です。


 で、これで酒が不味けりゃ、

「ほら・・言ったこっちゃない!」

と成るんですが・・これがね・・。


 しかも山廃仕込みとなると、技術的にも非常に難しいことになっちゃいますんで、

「・・ホント、大丈夫なん?」

と言うのが親心的なnoisy の気持ちでした。


 それでもどこかのTVドラマのように、

「あたし、失敗しないので!」

と真顔で言いそうな山本社長を想像して・・思わず吹いてしまいました。


 山廃仕込みと言うのは、正確には山卸し廃止酛(もと の漢字が出ているか心配ですが)と言います。通常行われている速醸酛の場合は薬品の乳酸を添加して酛を造ります。酛はお酒の元になるもので酒母とも言いますが、蒸した米に麹菌を繁殖させた麹に水を足したもので、そこに酵母菌を繁殖させて増やすことを言います。

 その際に乳酸を加えず、空気中や蔵の中にいる「乳酸菌」を使用し、選択した酵母などを繁殖させるのが生酛(きもと)で、本来はその酛立てをしている最中には櫂で米を磨り潰す「山卸し」と言う作業が有り、その作業をしなくても良いことが後年判ったので、作業を廃止したんですね。なので「山廃」と言われてます。要は「生酛(きもと)」です。

 乳酸や乳酸菌の作用は、酵母菌以外の菌を抑え込むためですので、「乳酸を入れれば酒を腐らせずに済む」ので、清酒の世界で一世を風靡したんですね。なので山廃は文字通り廃れつつあるんですが、現在は山廃を看板にしている蔵もそれなりに有ります。


 で、味わいなんですが、

「超綺麗でまろやか!香りも自然で飲み易い!」

んですよ。


 通常、山廃の場合はやや酸化したような香りが出やすいのと、味わいが太くなります。その酸化したような香りが山本社長、嫌いなんでしょうね。絶対出したくなかったと思いますよ。

 まぁ、なんだかんだ言いながらも、ちゃんと結果を出して旨い酒にしちゃってるのが少し悔しい感じがしますが、蔵付き酵母をさらに分離培養して「セクスィー山本酵母」と名付けたのも何となく理解できる、

「セクスィーな味と香りの山廃純米吟醸!」

と言うことをお伝えしたいと思います。


 ブルーも良いけれどイエローも旨いです。是非ご検討くださいませ!とてもセクスィーです!.



N.V. Yamamoto Junmai Ginjou Namagensyu 6Gou-Koubo
山本 純米吟醸生原酒 6号酵母
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11113 6248 地酒 辛口 日本 秋田

◆新酒!
 このところの大人気で山本さんちのお酒は売れ過ぎて足りないようです。今回も非常に少ない・・と言うか、減らされてしまって、この数量だけです。
720ML 在庫
ご注文数  本
¥1,481 (外税)

【ホンモノの生酒!!とても甘い白神山系伏流水で辛口が生きます!】
 前にもお伝えしましたが、長く皆さんにご紹介させていただいてきました「白瀑・山本」シリーズの山本合名会社さんの限定酒は、このところ大人気になってしまいまして、本当に入手が困難になってきました。一度飲めば、とてもじゃないがスーパー・コンビニのお酒が買えなくなってしまう・・・と思いますし、情熱のこもった味わいに、きっと明日へのパワーを受け取られたことと思います。

 で、この酵母の違いなんですが・・・、はっきり言いまして・・・

「全く性格が違う!」

と・・・ビックリされるんじゃないかな?と思いますが、物の見事に違う味わいを、山本さんちの「甘い白神山系伏流水」がまとめ上げているんですね。

 皆さんもご存知かもしれませんが、もともと noisy は地酒をやっていましたので、本当は日本酒にも相当うるさい・・・んです。でも、狭くて意地の悪い世界が嫌になって飛び出してからもう相当長くになりますから、極一部の蔵元さんしか覚えていないでしょう。それに、蔵元さんもどんどん減り続けていますので、もう数百軒しか無いのではないかと思います。

 山本さんは、まだお若い蔵元さんですが、とても情熱の有る方で、何としても素晴らしい日本酒を造りたい、そして蔵を、秋田を、業界を盛り上げて行きたい・・・そんな意気込みがストレートに感じられるお酒を造っています。当初はまだ粗さも有ったのですが、その粗さがまた良いエネルギーを持っていまして、オーラと言うか、ベクトルの向きと言うべきかは判りませんが、とても好意的に感じる雰囲気を持っています。

 協会6号酵母は、通称「新政酵母」と言われ、秋田の新政さんで採取されたと言われる、歴史のある酵母です。これは、味わいの幅が広く、比較的酸味が柔らかい性質で、吟醸系の(いわゆるカプロン酸系の)香りは全く出ないタイプです。飲んでみますと、その性質がモロに出ていまして、充実した躯体ながらも柔らかで、飲み応えが有りつつも飲み疲れない辛口・・・日本酒好きが思わず「おぉ〜!」と言ってしまいそうな味わいです。noisy的にもマイタイプ・・・素晴らしいと思います。

 協会7号酵母は、通称「真澄酵母」と言われまして、長野の宮坂さんち、「真澄」の蔵から採取されたものとされています。真澄さんはお味噌でも有名ですからご存知の方も多いかと・・・そう、神州一味噌というブランドで全国に知られています。「しんしゅういち♪・・しんしゅういち♪・・・お、みお、つ、け♪」で関東の方ならお馴染みですよね。この酵母は発酵力に優れ、比較的吟醸の香りが出やすく、スタイリッシュなボディに仕上がる傾向に有ります。


 まあ、敢えて言うならば、テクスチュア的には6号はヴォーヌ=ロマネ、7号はシャンボール=ミュジニーでしょうか・・・。(・・・ワインに例えても良いんかい??)

 ホント、滅茶苦茶なご紹介で申し訳ないですが、こんな支離滅裂なご紹介をしても許されるのは、おそらくnoisyだけだと思います。(・・・誰もそんなことしようとは思わないでしょうし!)

 簡単に言えば、味吟醸タイプの6号に、香り吟醸タイプの7号・・・日本酒通にはこれでほぼ通ると思いますが、それに白神山系の清冽に甘い水が入り、山本社長の情熱をプラスしたとお考えください。超お奨めの生原酒、原酒と言ってもそのアルコール分のやや高い部分など、全く感じないと思います。是非飲んでください。数は無いです。お奨めします!


注:発送は気温によりましてはクール指定をお願いする場合があります。

山本さんのラブレターです!
.



2015BY Sparkling Yamamoto Junmai-Ginjou-Nama
スパークリング 山本 純米吟醸生
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

6826 6249 地酒 辛口 日本 秋田

◆◆◆ 何とまだ蔵に有ると言うので送ってもらいました!再入荷です!2015BY、とても素晴らしい仕上がりです。滑らかでガス、泡とも旺盛・・肌理細やかなテクスチュアです!シャンパーニュのように熟成もある程度期待できると思います!
720ML 在庫
ご注文数  本
¥1,600 (外税)

【今までも旨かったが今回がベスト!!液体中に溶け込んだガスが柔らかくまろやかで、極上シャンパーニュを上手に開けられた時と同じようなニュアンス!】
 いや〜・・めっちゃんこ、旨いっす!・・・開ける時には今までよりガスの反発が少なくて、

「あれ?・・ガス圧、低いのかな?」

と思ってしまいましたが何のその・・・




 ・・・と昨年の14BYものでは書いていたんですが、ま〜・・やってくれました。15BYはガスもしっかり、その分、泡質も肌理がとても細やかで、しかもほんの少々だけ入っている「澱」が、ワインで言うところの「テクスチュア」を感じさせるお役目をしていますので、

「・・シャンパーニュみたい!」

「・・いや、シャンパーニュよりも滑らか!」

と感じていただけるんじゃないかと思います。

 しかも、とてもドライなんですが・・厚みがしっかり有って薄辛くならず、辟易することも有りません。香りも強過ぎず、仄かな吟醸香が心地良いです。

 この「澱」ですが、おそらく山本さんならではの「技術」が織り込まれているはずです・・・だって、「黒(竹炭)、「ピンク」「白」と、粕を生かした酒を生み出し、練っています。一旦取り出した澱を漉し、さらにその澱をほんの少々戻す・・みたいなことをやっているに違い有りません。なんせ・・山本さんですから・・。人が喜んでくれるのが一番嬉しい方なんでしょう。

 巷では、「山本」人気は爆発中のようで、昔のようには沢山は送ってくれなくなっちゃいましたが、洗練されても来ましたし、しかし「らしさ」を失わないのが「山本」でしょう。

 クール指定でお送りさせていただきます。なお、抜栓時は多少吹いても慌てないよう流し台で・・少しずつキャップを回し、中のガスを逃がしながら開けてくださいね。是非お早めにご検討くださいませ。

 以下は昨年、2014BYのレヴューです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 液体中に溶け込んだガスは旺盛で、とても細やかで、とてもソフトで、しかもエクストラドライなのに旨みの芯がちゃんと有るんですね・・。今までで最高の仕上がりじゃないでしょうか!


 まぁ、言葉にしてしまうと今まで通りで、何も変わりませんが、質感がべらぼうに上がったと感じています。

 薄い濁りですが、もたれるようなものでは無く、普通に透明のお酒のニュアンスに近いです。香りも、どこかに吟醸ニュアンスを感じさせながらも、香りすぎることが無く、

「・・美味しいけど、香りがToo Mach・・?」

と感じることは無いでしょう。ほのかな吟醸香がとてもそそります!目茶美味しいので、是非是非・・・この暑くなってきた季節にに飲んで欲しいです!酔い覚めも軽いし何より旨い!超お奨めです!


以下は以前のコメントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【これが日本酒?!あなたのイメージを大きく変えるスパークリングな1本です!イッツ・マイ・タイプ!】

 秋田銘酒 「白瀑(しらたき)」を醸す山本合名会社入魂の、めちゃんこ美味しい日本酒です。このスタイルで日本酒ですよ!しかもネーミングも、かのローリング・ストーンズの名曲からパクった.(失礼!)と言います。なんとなく我々の世代は、
「♪ アンジィッ. . アインジィッ . . .♪ ソー ビュテュフォー. . 」
(ちょっと違うが.) というミック・ジャガーの引き裂かれたような切ない唄声が聞こえてきてしまいますね!

 で、このアンジーがですね、すばらしい出来なんです。緑・青っぽいりんご、そう、王林あたりのですね、あの香りが穏やかに香り、澱混じりの白い液体は、その澱の存在がワインで言う「ボディ感」を演出、切れよく軽快な味わいを、適度な酸とスパークする泡が締めます。そしてさっぱりした長い余韻..そう、普通なら重そうなんですが、全然重くないし、ものの見事にドライなんですね。美味しくて後を引きますので. . 注意が必要です。飲みすぎればアルコール度15〜16度ある日本酒ですから、しっかり酔います . . 。

 華やかで穏やか、軽快な飲み口の発泡性ライスワインです。白神山系の伏流水と秋田県産の酒造好適米(半分にまで精白しています)のみを使用した純米大吟醸です。価格もリーズナブルでしょ?すでに店頭では返り注文まで来ています。

 最後に開け方の注意ですが、
1.まずグラスを用意しておく。シャンパングラスが良いでしょう。無ければワイングラスでOK。
2.冷蔵庫で冷やしておいた「アンジー」のキャップスクリューを、
 「シュッ」
という音がするまで回し、すぐに元に戻す。
3. 2を何度か繰り返すと音がしなくなるのでスクリューを外すが、また泡が上がってくるので、即座にグラスに注ぐ。

 白く濁った乳白色に、細かな泡が浮かびます。ライティングを少し落として、ムーディーなシュチュエーションにも良いですね。飲み口が良いので飲みすぎないよう. . ご注意ください。季節柄も、味わいもお奨めの1本です。お楽しみください。

 注意事項:
●冷蔵庫から出して長い間外に置かないでください。温まるとガスが膨張して危険です。
●強いショックを与えないでください。
●栓を開ける際は、上記の開け方をお守りください。いきなりスクリューを全開にしますと、最悪の場合は半分吹き零れます。
●発送の際はクール指定をお願いいたします。指定の無い場合は発送できません。

テクニカルシート
純米吟醸発泡うすにごり生酒 720ml
麹米50%精米、掛米55%
アルコール度数15%
白神山系伏流水使用

 .



2015BY Yamamoto Pure-Black Sakekomachi Junmai-Ginjou Nama-Gensyu
山本 ピュアブラック 酒小町 純米吟醸生原酒(中取り)
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11610 6250 地酒 辛口 日本 秋田

酒こまち100%使用(麹米のみ自社栽培)
精米歩合:麹米50% 掛米55%
酵母:秋田酵母No.12
日本酒度:+1
酸度:1.8
アミノ酸度:0.8
アルコール度数:16.3%
720ML 在庫
ご注文数  本
¥1,524 (外税)

【昨今は大人気アイテムに!!段々飲めなくなるかと思います・・】
 旨いですね・・。とても素晴らしいです。吟醸のアロマがしつこくない程度に香り、適度な肉厚さのあるボディと、わずかな残糖、なめらか且つキレが美しいです。受けるのも良く理解できる仕上がりです。

 昨今のワイン造りとも共通するようなニュアンスも受けます。出来る限り酸素と接触させず、酸化のニュアンスを付けないとともに、吟醸の香り・・アロマを逃がさず、お酒の中に留めているように思います。

 中取りには、昨年までには無かった、
「Pure Black Yamamoto」
の文字が有ります。

 何しろリーズナブルですし、水の美味しさをそのままに生かせる日本酒ですから、白神山伏流水がポイントになっています。柔らかで美しく甘い水です。

 この山本ですが、社長が実際に造っている酒です。もう・・人気が出てしまいまして、昔は頼んだだけ・・10ケース以上発注しても普通に届きましたが、今は減らされてしまいまして半分以下です・・何だかな〜・・ですが、基本ワイン屋になっちゃいましたので仕方が無いかな〜と。

 飲めたのは中取りです。荒走りは、槽から最初のうちに流れ出てくるものを詰めています。少々ですが澱(粕)が有り、少し立てておくと沈殿します。それで普通ですので・・はい。ワインで言えばノン・フィルターと言うことですね。 2014BYはガスが結構有りましたが、2015BYはほぼ感じ無いです。メーター(日本酒度)や酸度も余り変わりませんが、ガスの無い分、2014BYの方が辛く感じたかもしれません。

 年一度の限定です。お待ちくださっていらしたお客さまも多いと思いますが、どうも追加も出来そうに無いので、出来るだけ早めにご注文くださいませ!旨い日本酒です!

■山本社長より
 白瀑の山本です。10月から始まった今期の造りも早22本目の仕込を終えました。春に増設した30坪の大型冷蔵庫に仕込みタンクを10本並べて、気温が高い10月を上手く乗り越えることが出来ました。現在は気温も十分に下がってきたので、通常の仕込蔵内にて作業をしております。
 今期は麹室を増築して作業性の向上を行いました。麹室には通常杉が使われますが、数年は木の香りが酒に移るのが問題になっています。そこで私は多種類の木材を取り寄せ、様々な条件で香りを調べた結果、ブナが一番香りが低かったので、ブナ材を内装に使いました。麹室にブナを使用した酒造メーカーは当社が初めてではないでしょうか。ブナ林の湧き水を使用する当社らしい良い判断をしたと自画自賛しております(笑)。
 そんな衛生的な環境で造られた今期の純米吟醸「山本」の荒走りと生原酒をご案内いたします。山本シリーズの特徴は酢酸イソアミル系の爽やかな香りと、柑橘系のフルーツのようなジューシーな酸味、低いアミノ酸によるキレ味鋭い後味が特徴です。


以下は以前のプレゼン文です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今年の山本は非常に綺麗で香り高い!シャンパーニュのように溶け込んでいる・・とても僅かなガスがクリーミーです!】



酒こまち100%使用
(麹米のみ自社栽培)
精米歩合:麹米50%
     掛米55%
酵母:秋田酵母No.12
日本酒度:+2
酸度:1.8
アミノ酸度:0.9
アルコール度数:16.5%

と言うのが2014BYのテクニカルです。

 昨年の2013BYと比べると、とても香り高く、綺麗に仕上がっています。相変わらずの白神山伏流水の柔らかさに加え、2014年ものは、わずかに存在するガスが口内で湧き上がるような・・・膨れてくるようなクリーミーさを持っていて、空けたての時のひとつの美味しさを感じさせてくれます。もっともこれは非常に短い時間の話しなので、このバランス自体は10〜15分で収まってしまうかもしれません。

 ほんのわずかな甘みがこのお酒の特長かもしれません・・・。ま、甘いと言ってしまうと御幣が有ると思いますし、

「甘いのか〜?」

と引かれてしまう方も多いかもしれませんが、本来・・日本酒は甘みが有るものです。出来るだけ長く醸造を引っ張っても糖分は僅かながら残るんですね。このわずかな甘みやガスが「搾り立て生の良いところ」なんです。


 その上で、徐々に温度が上がってくると、先ほどのバランスとは違った味わい・・つまり、少しずつボディが出てくるような・・赤ワインがシャンブレ状態になるような感じでしょうか。お酒本来の美味しさを発揮してきます。丸さ、ふくよかさ、滑らかさに長けていて、温度が低かった時の吟醸香よりもさらにふっくらとした黄色っぽいフルーツのニュアンスが出てきます。とても良い仕上がりかと!思いました。

 今年も720MLの荒走りをGETできましたので、搾り立てのもう一つの美味しさ、初々しさと美しさ、香りの先鋭さが感じられると思います。是非ご検討くださいませ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【一度飲んだら止められない?!】

 素晴らしい地酒です。日本酒の醸造には、優れた米は言うまでも有りませんが、何と言っても原料のほとんどを占める「水」の良さから離れては語ることが出来ません。

 まず飲んでもらえば判るでしょう。山の岩清水思わせるような清冽な味わいです。吟醸の香りは仄かで、繊細な食材の良さと喧嘩することは有りませんが、それでも丸々としていてぷっくらとしたやや青いリンゴを思わせるものです。

 無圧荒走りの方は、酒袋から最初に垂れてきた部分を集めたもので、比較的軽く、香りが多様、まろやかさと荒さ、辛さと甘みが交互に出てくる七色の味わいです。基本的にほぼドライですが、ワインのように極めて残糖無し・・・ということは日本酒の場合は有り得ず、わずかな残糖は有るでしょう。しかし、「甘い」ニュアンスはほぼ無く、バランスに優れています。

 もう一方の生原酒は、荒走りの後に垂れてきた部分で、通常は「中(なか)」などと呼ばれています。荒走りと比べると穏やかで丸みが有り、味幅は大きくもふっくらとしており、極めてバランスが良いです。若くハードな荒走りに対し、熟練の卓越した味わいを感じていただけるでしょう。

 どちらも成分表には変わりは無いものの、垂れてくる部分での味わいは大きく異なりますし、熟成期間も基本的には違ってきます。熟成させても良いですが、この生の味わいは素晴らしいので、ようやく咲き始めた「桜」」を愛でながらのグラスで、心地良い酔いを楽しんでください。

 清冽な水の味わいは、ややもすると、
「飲み過ぎ」
を誘いますので、美味しい冷たい水をチェイサーにされると更にGood!もしくは飲みすぎないようにご自制ください。素晴らしい地酒に乾杯!お奨めです!


 白瀑の山本です。秋田の冷え込みも厳しくなり、ようやく安定した長期低温発酵を行えるようになりました。大きさが不揃いで、出来上がりにムラのあった純米吟醸用の仕込みタンクを新たに買い揃えましたので、今期はクオリティーの高い商品を提供できると思います。
 昨シーズンは導入した麹室用のオゾン空間殺菌機の効果で麹の雑菌が大幅に減少しましたが、今期に導入したオゾン水生成機も併用した結果、更に雑菌が減少しました。
見た目は古い麹室ですが、室内はとても衛生的な環境です。また、出麹の前に室内で1時間ほど強制的に通風し、麹の水分を飛ばしてカリカリの状態にしてから出麹しています。これにより、出麹後の細菌汚染のリスクが減り、また、仕込んだ際に水分を素早く吸収して酵素が溶解するメリットもあります。
 そんな衛生的な環境で造られた今期の純米吟醸「山本」の荒走りと生原酒をご案内いたします。山本シリーズの特徴は酢酸イソアミル系の爽やかな香りと、柑橘系のフルーツのようなジューシーな酸味、低いアミノ酸によるキレのある後味が特徴です。

.



2015BY Yamamoto Junmai-Daiginjou Premium-Kinsyou Jusyousyu
山本 純米大吟醸 プレミアム金賞受賞酒
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11951 6251 地酒 辛口 日本 秋田

■山本社長より
 山本です。ビールが美味しい季節になりましたね!私は最近ホップをどっさり使用したクラフトビールにハマっています。風味が濃いので今まで数杯飲んでいたものが1杯で済むようになりました(笑)。その代わりに日本酒の消費量が増えています。先日出荷したドキドキやピュアブラックは今の時期にピッタリです。
 夏こそ山本ですよ! 
(冬もよろしくお願いします・・・)
 これから梅雨が明け、本格的な夏を迎えるにあたり、夏酒の最終兵器サンシャインイエローを出荷いたします。山廃というと、しっかりと熟成させたものをお燗にするのが一般的ですが、敢えて一番お燗に適さないこの暑い時期に「冷やして美味しい山廃」というコンセプトで仕込みました。「お燗はダメよ!」と肩貼りに記載していますが、決してお燗酒に喧嘩を売っているわけではございません。個人的に老ねた酒が苦手なだけです。
 そして、今年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞した純米大吟醸をご案内いたします。専用の化粧箱も作りました。6号酵母での受賞はうちと「新政」の2蔵だけでしたので価格に見合う希少性はあると思います。来年は7号酵母で全国唯一を狙います!

プレミアム 金賞受賞酒
酒こまち40%精米
6号酵母
日本酒度 +1
酸度 1.6、アミノ酸度0.8
アルコール度数 15.5%
専用カートン付き
720ML 在庫
ご注文数  本
¥5,000 (外税)

【全国新酒鑑評会金賞受賞酒です!】
 非常に粕歩合の高い、滑らかでふくよかな金賞受賞酒です。この全国新酒鑑評会と言うのは、全国の造り酒屋さんが金賞目指して厳冬に仕込んだ酒を出品するもので、どうしても欲しい「金賞」なんです。

 なので、鑑評会用の酒だけは、全く目を離さずに温度経過を見続け、ドンピシャのタイミングで槽を上げ、ほとんどの場合「袋釣り」して「斗瓶取り」し、その内の出来の良い「斗瓶」を選んで出品します。

 で、その斗瓶のものは流石にまともな流通はしないものの、他の斗瓶に取ったものが金賞受賞酒として発売されるんですね。

 早速お祝いも兼ねていただきました。旨いです。滑らかです。良い感じのしっとりとした吟醸香です。まったくエグミ無く、「すとん」と胃に落ちて行きます。

 ついつい・・飲んでしまう最高に上質な酒です。でも酔い覚めは良いですね〜。全然軽いんですよ。この辺は米の磨きに寄る部分が大きく、また醸造温度を低く、発酵期間を長く取ることに由来すると思います。

 今回の金賞酒は「化粧箱」に入っていますので、ギフトにも最適です。でもお渡しするまでは「冷蔵保管」してくださいね。noisy からも必ずクール指定で送るようにします。

 6号酵母で金賞取ったから来年は7号だと・・言うことで、調子に乗りっぱなしの山本社長です。社長も十数年前までは何度か noisy の店に問屋さんの営業で回ってました。懐かしいですね・・。その後、蔵に戻られてからは1度切りかな・・お逢いできたのは・・後はお互いに忙しくしている性もありますでしょうが、とんと機会が有りません。でも是非応援していただけたらと思います。お勧めします!



 .



N.V. Do Junmai-Nama Kassei-Nama-Nigori
ど 純米 活性生にごり
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

3012 6252 地酒 辛口 日本 秋田

■蔵元情報
 にごり酒市場に新風を巻き起こした活性にごり酒。平成16年の経営状態が厳しい頃に仕込んでる途中の純米酒を早く現金化しようと、嫌がる杜氏を説得して網目の粗いザルで濾して瓶詰めしました。まだ酵母が元気な頃でしたので、出荷後に噴出事件が続出してクレームの雨嵐でしたが、その後、仕込み配合や瓶詰めのタイミングなどを工夫して活性を抑制して、冬の人気商品になりました。
◆◆◆ 数を減らされましたので、この冬はこれで最後かもしれません。
 状況によりましてはクール指定させていただく場合がございます。ご了承くださいませ。

720ML 在庫
ご注文数  本
¥1,143 (外税)

【もろに真っ白けの純米酒です。写真は全くイジッテイマセン・・でも真っ白け!開栓にはご注意くださいね! 】
 活性の濁り酒です。以前は「秋田のどぶ」という名称でしたが、これもアウトになりました。お上はその辺、かなり敏感でシビアなんです・・・。味わいはドライで、粕の成分がまるでタンニンのように・・・感じられます!飲み口がとても良いんですが、飲みすぎると・・・来ますよ!和製のシャンパンみたい、もとい、ペティアンみたいな・・・スパークリング・ライス・ワインです。まあ、ボトル差はかなり有ると思いますので、シュワシュワするのからピリピリ程度まで・・・様々だと思います。

 抜栓するときは「噴出しないように少しずつスクリューを回して音がしなくなったらゆっくり開放」してください。また、くれぐれも飲みすぎに注意してくださいね。4合瓶の半分まで!それ以上は結構酔います!

 まあ、とにかく「ど×ろ×」みたいな純米酒です。必ず冷蔵庫で保管してくださいね。暖かなところに出しっぱなしにすると美味しくなくなりますし、場合によっては漏れます。・・・ぁ、キャップのトップはガスを逃がすような構造になっていますので、漏れても大丈夫なように、ビニールと輪ゴムで瓶口を縛って出荷いたします。少々の漏れが有ってもご容赦ください。

以下以前の資料より
 白瀑の大ヒット商品「どぶ」が名前を「ど」一文字に変更し、年明けの一月から発売することが決まった。某行政機関から『これではまるで「どぶろく」そのものじゃないか!』と、大目玉を食らい、ある意味お墨付きまでもらった本格にごり酒は、秋田純米酵母が醸す華やかな香りと、濃いわりにはスッキリとした口当たりが特徴だ。
某行政機関からの指導により、容量が一・六リットルは一・八リットルに、六八○ミリは七二○ミリに増量され、これに伴い価格も変更します。また、今回からは瓶内発酵を弱め、飲み頃期間を長くする為、酵母の活動を減らす冷凍処理を行います。マイナス三○℃で一晩冷凍すると、約七割の酵母が死滅します。残った酵母は引き続き活動するので、ピリピリ感は持続されます。

使用米:65%精米
酵母:秋田純米酵母(華やか系)
日本酒度:−10 〜 −15
アルコール度数:15〜16%.



N.V. Yamamoto Junmai Ginjou Namagensyu 7Gou-Koubo
山本 純米吟醸生原酒 7号酵母
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11115 6253 地酒 辛口 日本 秋田

◆◆◆前回、すぐに完売してしまいましたので、店頭販売分も掲載いたします。お早めにどうぞ。
◆新酒!
 このところの大人気で山本さんちのお酒は売れ過ぎて足りないようです。今回も非常に少ない・・と言うか、減らされてしまって、この数量だけです。
720ML 在庫
ご注文数  本
¥1,481 (外税)

【ホンモノの生酒!!とても甘い白神山系伏流水で辛口が生きます!】
 前にもお伝えしましたが、長く皆さんにご紹介させていただいてきました「白瀑・山本」シリーズの山本合名会社さんの限定酒は、このところ大人気になってしまいまして、本当に入手が困難になってきました。一度飲めば、とてもじゃないがスーパー・コンビニのお酒が買えなくなってしまう・・・と思いますし、情熱のこもった味わいに、きっと明日へのパワーを受け取られたことと思います。

 で、この酵母の違いなんですが・・・、はっきり言いまして・・・

「全く性格が違う!」

と・・・ビックリされるんじゃないかな?と思いますが、物の見事に違う味わいを、山本さんちの「甘い白神山系伏流水」がまとめ上げているんですね。

 皆さんもご存知かもしれませんが、もともと noisy は地酒をやっていましたので、本当は日本酒にも相当うるさい・・・んです。でも、狭くて意地の悪い世界が嫌になって飛び出してからもう相当長くになりますから、極一部の蔵元さんしか覚えていないでしょう。それに、蔵元さんもどんどん減り続けていますので、もう数百軒しか無いのではないかと思います。

 山本さんは、まだお若い蔵元さんですが、とても情熱の有る方で、何としても素晴らしい日本酒を造りたい、そして蔵を、秋田を、業界を盛り上げて行きたい・・・そんな意気込みがストレートに感じられるお酒を造っています。当初はまだ粗さも有ったのですが、その粗さがまた良いエネルギーを持っていまして、オーラと言うか、ベクトルの向きと言うべきかは判りませんが、とても好意的に感じる雰囲気を持っています。
 協会6号酵母は、通称「新政酵母」と言われ、秋田の新政さんで採取されたと言われる、歴史のある酵母です。これは、味わいの幅が広く、比較的酸味が柔らかい性質で、吟醸系の(いわゆるカプロン酸系の)香りは余り出ないタイプです。飲んでみますと、その性質がモロに出ていまして、充実した躯体ながらも柔らかで、飲み応えが有りつつも飲み疲れない辛口・・・日本酒好きが思わず「おぉ〜!」と言ってしまいそうな味わいです。noisy的にもマイタイプ・・・素晴らしいと思います。

 協会7号酵母は、通称「真澄酵母」と言われまして、長野の宮坂さんち、「真澄」の蔵から採取されたものとされています。真澄さんはお味噌でも有名ですからご存知の方も多いかと・・・そう、神州一味噌というブランドで全国に知られています。「しんしゅういち♪・・しんしゅういち♪・・・お、みお、つ、け♪」で関東の方ならお馴染みですよね。この酵母は発酵力に優れ、比較的吟醸の香りが出やすく、スタイリッシュなボディに仕上がる傾向に有ります。


 まあ、敢えて言うならば、テクスチュア的には6号はヴォーヌ=ロマネ、7号はシャンボール=ミュジニーでしょうか・・・。(・・・ワインに例えても良いんかい??)

 ホント、滅茶苦茶なご紹介で申し訳ないですが、こんな支離滅裂なご紹介をしても許されるのは、おそらくnoisyだけだと思います。(・・・誰もそんなことしようとは思わないでしょうし!)

 簡単に言えば、味吟醸タイプの6号に、香り吟醸タイプの7号・・・日本酒通にはこれでほぼ通ると思いますが、それに白神山系の清冽に甘い水が入り、山本社長の情熱をプラスしたとお考えください。超お奨めの生原酒、原酒と言ってもそのアルコール分のやや高い部分など、全く感じないと思います。是非飲んでください。数は無いです。お奨めします!


注:発送は状況によりましてはクール指定をお願いする場合があります。

山本さんのラブレターです!

 
.
新着メンバー価格の商品は通常商品と送料サービス体系が異なりますのでご注意下さい。

   

■新着情報メールサービスメンバーページより
以下のアイテムは現在有効な新着情報メールサービスのページです。
ご注文にはメンバー登録が必要です。送料サービス体系が通常商品の場合と異なります。 必ず新着情報インデックスページの注意事項をご覧下さるようお願いします。
= 白ワイン = 赤ワイン = ロゼワイン = その他

地酒
辛口
日本
秋田


720ML 1,524 (外税) 在庫
地酒
辛口
日本
秋田


720ML 1,524 (外税) 在庫
地酒
白 辛口
日本
秋田


720ML 1,524 (外税) 在庫
地酒
辛口
日本
秋田


720ML 1,481 (外税) 在庫
地酒
辛口
日本
秋田


720ML 1,481 (外税) 在庫
地酒
白 辛口
日本
秋田


720ML 1,600 (外税) 在庫
地酒
白 辛口
日本
秋田


720ML 5,000 (外税) 在庫
地酒
白 辛口
日本
秋田


720ML 1,524 (外税) 在庫
地酒
辛口
日本
秋田


720ML 1,143 (外税) 在庫

秋田での商品検索は 全 9 件中 1 件 〜 9 件 (1 ページ目)を表示    
1 |
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy