WINE LOVER'S GUIDE

新着情報メールサービス
2002年第7弾 Ver1.02

Last Update 2002/05/17
このページはNOISY'S WINE SELECTS 新着情報メールサービス メンバー様向け期間限定ページです。メンバー登録をされていない方は、大変申し訳有りませんがご注文下さっても販売できません。インデックスページより「新着情報メールサービス」のページに入り、メンバー登録をされた上でご注文をお願いいたします。
以下のことにご注意下さいませ...
1.ご注文数にご希望の本数を入れてから「買い物かごへ」をクリックしてください。
2.一度「買い物かごへ」をクリックしてから再度このページからご注文を追加される場合には、「クリア」を一度押してください。押さない場合には、前に選択したワインの本数が加算されてしまいます。
3.在庫の本数をチェックしていますが、「受注メール」はまだ確定では有りません。noisy から「お見積書」が届くまでお待ち下さいませ..
4.文字が大きくて見づらい場合には「インターネットエクスプローラー」をご使用の場合、「表示」−「文字のサイズ」で文字の大きさを「最小」もしくは「小」に調整してください。
5.ご注文後(受注メール自動発信後)のキャンセルはご遠慮下さい。ご注文数をカウントしていますので、後のお客様にご迷惑が掛かってしまいます。
6.いかなる場合でも未成年者にお酒は売りません。
7.送料に付きましてはこちらをご覧下さい。(クリックしてください)
行き届かない点など御座いました場合にはお許し下さい。
なお、「ご注文出来ない」場合は「完売」だと思います。お許し下さい。
エラーを見つけた場合にはご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
こんなバナーにご注意!
・マウスを当ててみてくださいね。noisy の本音が見えます..\(^.^/
レアバナー       基本的に手に入れづらいもの
熟成バナー         熟成している証
デイリーワインバナー       デイリーワインにお奨め印
これなら納得!バナー       価格/味に納得印
This is my type!     noisyの好きなタイプ(必要ないか
良いものは良い印       名前も売れてるがワインも良い印
若くても飲めちゃう印       若いのに飲めちゃう印
飲まないで仕舞っておいてね印       飲まないでセラー直行
一押し印  そう沢山は付かない一押し印!
是非チェックしてね印        興味のない人も一応チェック
美味しい印       殆どの人が美味しいはず印
       良くわかんないぞ..
   エチケットの汚れやキズなど
読んで字のごとし..
左から1990、1996、1998 マジ=シャンベルタン ドメーヌ・ジョセフ・ロティ
5月31日まで有効です。
フランス■□ Clos Frantin □■ブルゴーニュ
クロ フランタン
●久々に面白いワインが買えました。その名も「ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン」..。古酒のオン・パレードです。ん?「なんだあ、ビショーのかあ!」...そうです。なかなか良くご存じで...
 現在、クロ・フランタン はアルベール・ビショーが所有しています。ですが、ネゴシアン・ビショーのしょうもなく薄く味わいの無いワインとは一緒に出来ませんよ。もし、PKさんの「ブルゴーニュ」をお持ちでしたらご覧下さいね..。ん?持ってない?...それでは少々引用させていただきましょう。

 ビショ家の所有する90ha近い畑は、ブルゴーニュの生産者中最大の部類に入る。1831年の創業。ビショ社と上に記した傘下会社の名のもとに、水っぽく退屈なワインをおびただしく生産する。ただし、同社所有の2大ドメーヌ、コート・ドールの13.4haからなるクロ・フランタンと、シャブリで39haのドメーヌ・ロン・デパキは、目もくらむほど絢爛たる、芳醇複雑なワインを生む。例えば、私のセラーにあるクロ・フランタンのヴォーヌ=ロマネ・レ・マルコンソールとクロ・ヴジョ71年は、同年産のほかのドメーヌものを尻目に長らえて成長している。1983,
85,87年にも記憶に残るワインを生んだ。〜中略〜クロ・フランタンのワインは10〜15年はらくに保ち〜略
 (ロバート・M・パーカー・Jr.著 「ブルゴーニュ」 飛鳥出版 より抜粋)

 勿論、この「ブルゴーニュ」誌にはクロ・フランタンがかなりの回数出てきますので、「もしかすると...」いやいや、そんなことは考えてはいけません。飲めば判ることですから...。
 ね..その気になってきたでしょう...。今回のボトルは、中身は全て良い状態に思われます。外観はそれぞれの項を参照してください。実際、こんだけ良く集めたもんだと、自分でも感心しています。

レアバナー  This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1985 Vosne-Romanee 1er Cru Les Malconsorts
ヴォーヌ=ロマネ レ マルコンソール
750ml
¥14,500
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
【これはちょっと凄い...!たぶん最後のチャンスでしょうか??】
いや、困っちゃいましたね..。日に日に少なくなって行くので、新着情報発行前になくなっちゃうんじゃないかと心配していました。勿論レ・マルコンソールだけの話じゃないですよ...。リッシュブールもクロ・ヴージョ、シャンベルタンもそうです..


 ヴォーヌ=ロマネ・レ・マルコンソールは、ご存じ「ラ・ターシュ」(本当のもゴーディショも!)の南に接しています。PKさんもクロ・フランタンやユドロ=ノエラのレ・マルコンソールを味わうと特級でないのが不思議だ、と言っています...。(最近のヴィンテージは判りませんよ..)
 レ・マルコンソールかオー・マルコンソールのどっちが良いのか、どっちも良いのかはフランス語が達者な方にお任せするとして、類い希な気高き1級畑であることは、疑う余地が有りません。


 85年のブルゴーニュがどんなに素晴らしかったのか、今では知ることは難しいですが、これもおそらく飲み頃に達しつつある最高のピノに違い有りません。残念ながら noisy は 、1本2本を近くに嫁に出して帰ってきてくれるのを待つしか有りませんが、もし味わう機会が有りましたら感想をお聞かせ下さいね。
ちなみにPKさんは92点、スペクテーター誌は95点付けています...


状態:液量ほぼフル、エチケットの両サイドに少々汚れ 色合い最高!
レアバナー  This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1976 Richebourg Grand Cru
リシュブール
750ml
¥19,900
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
【リシュブールの持つ意味】
「リシュブール」と聴いてどういうことを考えられますか?「ヴォーヌ=ロマネに有って、ふくよかで果実味が強く、スパイシーな美味しいワインです」って??
 その通りですね。ホント、素晴らしい畑です。でも造り手にとってはどうなのでしょう.。実はブルゴーニュの造り手にとっても、最高の、是が非でも手に入れたい畑なんですね。ロマネ=コンティ、ラ・ターシュ、ラ・ロマネは手に入るはずが無いので、現実路線で最高の畑が「リシュブール」という理解になっているようです。ステータスなんです。

 前置きはそれぐらいにしておいて、リシュブールは、かの「ラ・ロマネ」「ロマネ=コンティ」の北に接する特級畑です。1930年代に、ラ・ターシュがレ・ゴーディショを併合したように、北隣の1級畑「レ・ヴァロワーユ」全体を併合し、5haから8haへ拡がっています。と、この辺でまた、PKさんのブルゴーニュから引用させていただきますと..


 この拡大は、官能的で香気高く濃密このうえないワインの質に、まったく影響を落とさなかった。最も有名なリシュブールは、むろんドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティ産であるが、このドメーヌ信奉者でリシュブールを自分のコレクションで最高とする者が何人もいる。私の記憶でもたしかに1966年と78年のこのドメーヌ産リシュブールは、彼らの説を裏書きするようだ。がしかしドメーヌ・ジャン・グロ、ドメーヌ・グロ・フレール・エ・セール、ドメーヌ・ルロア、ドメーヌ・メオ=カミュゼおよび
ドメーヌ・クロ・フランタンも、負けず劣らず途方もないリシュブールをつくりだしている。

 (ロバート・M・パーカー・Jr.著 「ブルゴーニュ」 飛鳥出版 より抜粋)


 ところで、76年という年は偉大な78年の陰に隠れていますが、グレートな年のひとつに入るのは間違いないでしょう。膨大なタンニンに守られてまだ成長している年と言えます。78年と比較すると果実味とタンニンのバランスが今ひとつだった..という方もいます。熟成が解決してくれるのかどうかを確かめるのは....もう飲むしかないですね!


状態:液量ほぼフル エチケットに少々の汚れ とても良い状態です
レアバナー  This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1976 Clos de Vougeot Grand Cru
クロ ド ヴージョ
750ml
¥14,500
ご注文数
 
残り少量
【ブレンドの妙???】
クロ・フランタンの最高のワインは?と聞かれると、上記の2つにこの「クロ・ド・ヴージョ」が入ります。勿論、下のシャンベルタンも良いでしょうが...
 クロ・フランタンは、クロ・ド・ヴージョの上部・中部・下部にバランス良く畑を持っており、そのブレンドが素晴らしいクロ・ド・ヴージョを生み出すと言われています。まあ、下部は水ぶくれで村名並のワインしか出来ない、などと揶揄されますが、中には下部から素晴らしいワインを造っている方もいらっしゃいますので何とも言えませんね。PKさんも、下部から優れたワインを生み出すと褒めていらっしゃいます..。
状態:エチケット両サイド、及び全体に若干汚れ、液量たっぷり、色合い良し
レアバナー  This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1972 Chambertin Grand Cru
シャンベルタン
750ml
¥14,500
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
良くわかんなかったですね..。発注の時にはピエール・ダモワの72クロ・ドベーズだと思ってたんですよ..(笑)

 ところが、途中でブローカーさんが電話で変なことを言い出しました。
「ピエール・ダモワのシャンベルタン・クロ・フランタン72です」などと言うもので、
「クロ・フランタンはドメーヌの名前だよ。もしくはヴォーヌ=ロマネの村名区画だよ」と言い返すと
「そうですか、それでは現物を調べてみます」
ということで、しばらくするとまた電話..。
「いや、合ってますよ。ワイン名がシャンベルタン・クロ・フランタンで、造り手はピエール・ダモアです。noisy さんの間違えです」と宣うので、まあ、到着すれば判るだろうとそのままにしておきました。ダモアのクロ・ド・ベズかフランタンのシャンベルタンか、どちらかしか無いはずなので気は楽でしたが..。それにしてももう少し勉強してもらわないと..ぶつぶつ...伝票はダモワに成ってるし..ぶつぶつ..


 と、偉そうに言ったところで、こんなに古いフランタンのシャンベルタンは経験がありません。72年のブルゴーニュは平均年と言われていますが、PKさんはこんなことを言っています。


 ビショ社が所有するドメーヌ・クロ・フランタンもシャンベルタンに一画を有するが、ここの優品にも何回かお目に掛かった。


 この年のボルドーの赤に向けられた酷評のあおりをくったとみえ、ブルゴーニュの赤も当初から軽視されていたが、この20年間でもっとも意外な展開を見せた。〜中略〜
この年を代表するワインがオークションに出品されるのも理の当然。というのも、最初の10年間というもの多くが文字通り飲めたものではなく、
最近になってようやくその印象的な深みと濃密さが現れたからである。
 (ロバート・M・パーカー・Jr.著 「ブルゴーニュ」 飛鳥出版 より抜粋)


 初めのうちは膨大なタンニンに押さえられた果実味が現れず、美味しくない、固いワインだったんですね。それが熟成によってこなれて、本性を発揮しだした、ということでしょう。むしろ古典的なブルゴーニュのとても良いヴィンテージ、と理解するのが良いのでしょうね。


状態:エチケットに少々の破れと汚れ有り。液量は年代並。
フランス■□ Domaine Arnaud Ente □■ブルゴーニュ
ドメーヌ アルノー アント
●あれよあれよという間に価格は上昇、noisy もただ手を拱いているしかなかったのですが、ついに手を出してしまいました...。コシュ=デュリばりの華麗な酸と、息を飲むような蜜の香り..だと思いますよ..
 アントは92年に義父のドメーヌを継ぎ、自分のドメーヌ名でワインを生産し始めました。畑の改良に精を出し、低収量で素晴らしいシャルドネを造りだしています。
99年..お宝です
1998 Pulignu-Montrachet 1er Cru les Referts
ピュリニー=モンラシェ レ ルフェール
750ml
¥12,300
ご注文数
 
 
 レ・ルフェールはピュリニーの北端に有り、ムルソーのシャルム・ドスーに接する1級畑です。また、アントさんのワインの最高格付けシャルドネです。
 ワイン瓶全体を見ると「白色」が基本、濃い紺に金色が映えます。ワイナート誌の第10号でも大きく取り上げられましたが、その中で、「税金用の緑色が醜い..」とアント自身が言った、と書かれていますが、今回のボトルには付加価値税の緑のマークは無く、全体として美しい仕上がりですね...。(アントさんについて詳しくはワイナート誌をご覧下さい)かなりの拘りを持っている方で、しかもムルソーで一番畑に出ている男だそうです。(コシュとどっちが畑仕事を多くしているんでしょうね..)
 noisy も早く飲んでみたいのですが、何しろ到着直後ですので指をくわえています。少し高いと思われるかもしれませんが、2000年のアメリカのリリース価格は$130です。バックヴィンテージでしかも日本正規エージェント無し、とくれば...たった3樽しかできないレ・ルフェールですので、味わいと価格に納得いただけるでしょう。
フランス■□ Domaine Chauvenet-Chopin □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ショ-ヴネ=ショパン
●このドメーヌはごぞんじですか?ん?知ってる?それじゃ説明は...やっぱりしましょう..
 ニュイ=サン=ジョルジュに本拠を置くドメーヌで、かのダニエル・ショパン=グロフィエのドメーヌを1997年から継いでいます。ですので、ショパン=グロフィエさんちの説明も必要ですね..


 ドメーヌ・ダニエル・ショパン=グロフィエは、PKさんによれば、偉大なるアンリ・ジャイエを継承したと言っています。勿論、ドメーヌ自体を継いだのはエマニュエル・ルジェですが、「味わい的に」と言う部分のことでしょう。ちなみにこんな風に書いています。


 私は、有名なアンリ・ジャイエの真の後継者は、明らかにダニエル・ショパンであるとますます強く確信している。ショパンのワインは、桁外れの純粋さ、風味、熟し具合、豊かな芳香を兼ね備えている。ただ、残念なのは、ショパン=グロフィエには広大なドメーヌも、広いブドウ畑もないということだ。しかし、彼の醸造したずっとレベルの低いワインでも、注目に値するほど魅惑的な赤のブルゴーニュ・ワインたり得るのである。さらに、彼のワインは品質が一貫している。1992年と1991年には、ショパン=グロフィエが生産したものよりも上質なワインをつくり出した人は、ブルゴーニュにはほとんどいないのである。ショパン=グロフィエのワインで望ましくない面といえば、短期間(最初の10〜12年間)のうちに飲まなければならないということだけである。
 PARKER'S WINE BUYERS GUIDE 5TH EDITION 日本語版より抜粋


 ショパン=グロフィエについては、最高の賛辞とも言うべき言葉を連ねています。そのドメーヌを継いだのがショーヴネ=ショパンということなんですね...。
 そこで、今度はショーヴネ=ショパンについて引用させていただきました。
 これらのワインは、スタイル的にはダニエル・ショパンのワインを強く連想させる。果実味が効いていて、しなやかで、とても楽しいワインだが、それはおそらく、ショーヴネが長いことショパンの弟子であったからだろう。
  PARKER'S WINE BUYERS GUIDE 5TH EDITION 日本語版より抜粋


 アンリ・ジャイエが引退した現在、ジャイエ自身のワインは想像を絶する価格に成っています。また、彼の真の後継者は?などという楽しい話題も上がるようになってきました。そんな中、ショーヴネ=ショパンの97年ヴィンテージを少量入手出来ましたので、是非お試し下さい。
99年..お宝です
1997 Clos de Vougeot Grand Cru
クロ ド ヴージョ
750ml
¥6,800
ご注文数
 
 
 ダニエル・ショパン=グロフィエのクロ・ヴージョを譲り受けてから造った最初の年のワインです。樹齢60年以上と言われる古木から成る畑で、グロフィエ所有の最高の畑です。ほんのちょっとだけ、かっさらってきました..。ん?どこからって...。内緒!


 ちなみに昔のPKさんのブルゴーニュは、クロ・ド・ヴージョの主要生産者ランキングで、最高位の「傑出」(Outstanding)の筆頭です。(ABC順だけど!)


Five barrels of a medium to dark ruby-colored 1997 Clos Vougeot was produced. Three were aged in new oak, two in first year wood. It reveals a fresh, vibrant, red cherry, Asian spice-scented nose, as well as an explosive, medium to full-bodied personality. This expressive, chewy, mouth-coating wine is jam-packed with candied blackberries, licorice, spices, and toasty oak. As with a number of 1997s from the famed Clos Vougeot vineyard, this wine verges on being over-ripe. It is opulent, hedonistic, and quite sensual. Drink it over the next 8 years.90POINTS


Wine Advocate #125 (Oct 1999)より抜粋
99年..お宝です
1997 Nuits-Saint-Georges 1er Cru les Murgers
ニュイ=サン=ジョルジュ レ ミュルジュ
750ml
¥4,200
ご注文数
 
 
こちらもかっさらってきたワインです...。1級畑のレ・ミュルジュは、ユベールが最初から持っている畑です。ニュイの北部に位置し、北から「オー・ブード」「オー・クラ」「オー・ミュルジュ」と続き、ニュイらしい力強いワインが生まれる畑です。ショーヴネのワインは、その力強さと、ショパン=グロフィエの強い果実味、エレガンスを内包してとても良い状態..になっているはずです..。97年はPKさんの評価が有りませんでしたが、前のヴィンテージは常に90点オーバーです。とても少量です。 
フランス■□ Joseph Faiveley □■ブルゴーニュ
ジョセフ フェヴレイ
●メゾン・ジョセフ・フェヴレイは、ご存じの通り自社所有の畑が80%と言われるネゴシアン・エルヴールです。ドメーヌと言っても過言ではありません。事実、タンザーさんは「ドメーヌ・フェヴレイ」と評していますね。重厚でクラシカルな、熟成に時間の掛かるピノを造っています。


 余談ですが、フェヴレイ社の看板商品である「ニュシ=サン=ジョルジュ・クロ・ド・ラ・マレシャル」という1級畑は、シャトー・ド・シャンボル=ミュジニーのジャック=フレデリック・ミュニエの所有だって知ってました?もし今もフェヴレイ社が買い取ってなければ今年2002年で契約が切れて、ミュニエさんのところに戻るそうです。
99年..お宝です
1996 Mazis-Chambertin Grand Cru
マジ=シャンベルタン
750ml
¥8,750
ご注文数
 
 
 飲んでませんので何とも言えません..。最低10年は置くべきでしょうね。作柄の良い年には常にアウトスタンディングな出来になっているはずです。ちなみにアドヴォケイトは、訴訟問題でフェヴレイと揉めてからはコメントが出ていません。タンザーさんのコメントを併記しますので参考にしてください。


Deep ruby color. High-pitched, youthfully unevolved aromas of black cherry, dark berries and spice. Sweet and thick, even voluptuous, in the mouth; gives an impression of lower acidity yet this is still quite backward. Tannins are ripe and sweet. A terrific early showing for this wine, and remarkably lush for the vintage. 90-93 points
Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Mar/Apr '98 より抜粋
99年..お宝です
1996 Chambertin Clos de Beze Grand Cru
シャンベルタン クロ ド ベズ
750ml
¥11,600
ご注文数
 
 
 こちらも、とっても長熟なクロ・ド・ベズです。しばらくは所有を忘れるべき、凄いワインです。


Deep ruby-red. Stubbornly backward, smoky nose. Firm, tight, and wrapped up in its own structure today. Showing less texture today than the Mazis. But spicy and sharply delineated. Finishes with superb length and a firm tannic spine. This will require a good eight to ten years of cellaring. From grapes harvested on October 4, with 12.6% potential alcohol. 91-95 points


Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Mar/Apr '98 より抜粋
フランス■□ Les Heritiers du Comtes Lafon □■ブルゴーニュ
レ ゼリティエ デュ コント ラフォン
●1999年もご紹介しましたが、早々の完売でご迷惑をお掛けしました。2000年が少量入荷しています。
99年、マコンのミリイ・ラ・マルティーヌに設立され、ドミニク・ラフォンにより運営されています。名前も良いですよね..まあ、良くあるパターンですが(ルイ・ジャドもそうでしたね)..。10へクタールの畑からマコン、マコン=ミリー、マコン=ビュッシエールを生産しています。有機農法に転換途中であり、2004年以降には有機を名乗れるようになるのでしょう。勿論、エチケットに表記などはしないでしょうが、年を追うごとに、その効果が洗われるに違い有りません。
 天然酵母で少量のバリックを使用、葡萄の力を生かす方向で造っているようです。今回は「マコン」の入荷は有りませんでした。
99年..お宝です This is my type! 若くても飲めちゃう印
2000 Macon-Milly-Lamartine
マコン=ミリー=ラマルティーヌ
750ml
¥2,800
ご注文数
 
 
 1999年は単に「マコン=ミリー」だったと思います。ちょっと細かく表示されるようになりました。数がないので今回はテイスティングできません。が、99年はふくよかなボディに白や黄色の柑橘系フルーツが乗る、美味しいマコンでした。2〜3年の熟成がベストだと思います。
99年..お宝です This is my type! 若くても飲めちゃう印
2000 Macon-Milly-Lamartine Clos du Four
マコン=ミリー=ラマルティーヌ クロ デュ フォー
750ml
¥3,400
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
 
上記のミリーの上級キュヴェです。格的には下記のマコン=ビュッシエール・ル・モンサールと一緒です。東向きの急な斜面にあるクロ・デュ・フォーという畑のものですね..。初のお目見えです。
 昨今はヴェルジェのジャン=マリ・ギュファンスが火を付けた、ヴェルジソンが有名ですが、ミリー=ラマルティーヌはその北側に位置しています。クロ・デュ・フォーは出来が良いのでしょうね。楽しみです。
99年..お宝です This is my type! 若くても飲めちゃう印
2000 Macon-Bussieres le Monsard
マコン=ビュッシエール ル モンサール
750ml
¥3,400
ご注文数
 
 
マコンの南部、ビュッシエール村にあるル・モンサールの畑です。未テイスティングです。数が有りません..
フランス■□Chateau Lafite-Rothchild□■ボルドー
シャトー ラフィット ロートシルト
●良いのか悪いのか、全く持って責任持てないヴィンテージのワインが入荷です。しかも安くない..。ワイン屋さんとすれば、常に血眼になって捜しているヴィンテージです。勿論、そんな年は幾つかあるのですが、今回ようやっと買えたのは「1965年」のボルドー1級の筆頭ラフィットです。
 また、改名前のカリュアード、「ムーラン・ド・カリュアード78年」も登場です。
99年..お宝です This is my type! 熟成バナー
1965 Chateau Lafite-Rothchild
シャトー ラフィット=ロートシルト
750ml
¥19,900
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
上記の続きになりますが、「悪い」と評価されてしまったヴィンテージのワインは、20年以上も経つとワイン自体が殆ど消費されてしまって、残っていないんです。1965年ボルドーは、生半可な評価の年では有りません。凄いですよ...。
PKさん 「価値がない」
Mブロードベントさん「やせこけているが風味はある上級ワインを台所のシンクに流すのは忍びないが思いきって流してしまおう。サラダのドレッシング用にとっておいてもいい」

 おいおい、思いきってもシンクには流せないぞ!と思っちゃいますよね。でもネットで試飲記録を捜していたら、かのClass30 さんサポートのBad Vintage Club のページで出ていました。勝手にリンクは出来ないので下記を コピー・ペースト して見てください。(お世話になります..)
http://www.fuchu.or.jp/~class30/bvc/bvc_1965.html

いつも思うことですが、悪いとされているヴィンテージでも状態さえよければ、それなりに楽しめます。こいつは駄目だ..忍びないがとっても飲めない..と思ったら...ドレッシングに使いましょう。ちょっと高価なものになってしまいますが!
99年..お宝です This is my type! 熟成バナー
1978 Moulin de Carruades
ムーラン ド カリュアード
750ml
¥6,950
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
 ラフィット=ロートシルトのセカンド、カリュアードです。昔はこんな名前だったんですね...。入荷はほんの少量です。
 セカンドワインの定義は難しいのですが、基本的にラフィットの場合には「カリュアード」と呼ばれる区画が有ります。それに、ファーストラベルで使われた残りを使用するのが普通です。
 ちょっとマニアックな話題になりますが、ファーストラベルは第一義に考えられますので、セカンドはその影響を受けてしまいます。例を挙げてみましょう..。(ただし、78年にそうしていた、ということでは有りませんよ)
 単純にカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを造っているとします。どちらも同量出来たとします。その場合、全部混ぜて、ハイ出来上がり...とは行かないんです。マスターブレンドの比率をカベルネ60%、メルロー40%と決定するとメルローが余りますよね..?そのメルローはセカンドに混ぜられる場合が多いんですね。
 上記の例は、もっとも単純化していますので、実際はもの凄く複雑です。取れた区画、仕上がりの状態に左右されて配合の割合は決定されます。単にカベルネといっても、取れる区画、収穫日により違ってしまいますので..。100haも有るとぐちゃぐちゃですよね..。大変なことです。頭が下がります.

 前置きが長くなってしまいました。要は飲んでないので判らない、って言うことですね..。スミマセン..
 78年はそこそこ良い年ですので、完熟状態、納得できると思いますよ。価格も状態も..。是非ご感想をお聞かせ下さい。
フランス■□ Chateau d'Armailhac □■ボルドー
シャトー ダルマイヤック
●まあ、ややこしいことこの上ない、ダルマイヤックです。名前の変遷は
当初 ムートン・ダルマイヤック
1956年にムートン=バロン=フィリップと改名
1975年にムートン=バロンヌ=フィリップと改名
1989年 ダルマイヤックに改名
 と、現在に至っています。ムートン=ロートシルト、クレール・ミロンの醸造チームが担当する、ポイヤック第5級のシャトーです。
デイリーにはちょっと贅沢かな.. 嫌いな人はいないよねえ.. 
 1990 Chateau d'Armailhac
シャトー ダルマイヤック
750ml
¥8,300
ご注文数
 
ヴィンテージ的には最高ですが、PKさんの評価は今一でした。(85点)スペクテイター誌は89points ですね。この当たりはあんまりナーバスになってポイントを追っかけても仕方ないと思いますよ。良い熟成をしはじめた美味しいワインに仕上がっていると思います。お奨め!

ルビーから紫の色合いの1990年のアルマヤックは、燻(いぶ)したナッツ、カシス、煙、チョコレートなどの表情豊かなノーズを持つ。ビロードのようになめらかな舌触りで、丸みを帯びた、心地よいワインだが、口に含むと、構成感と余韻に欠ける。チャーミングだが1989年に比べて凝縮度が低い。飲み頃予想:現在から2003年 最終試飲月:93年1月
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋 85点
フランス■□ Chateau Pichon Baron □■ボルドー
シャトー ピション バロン
●近年、いつも間にかピション・ラランドを追い越した感のあるピション・ロングヴィル・バロンです。
熟成バナー レアバナー ... 
 1979 Chateau Pichon-Longueville Baron
シャトー ピション=ロングヴィル バロン
750ml
¥6,880
ご注文数
 
軽量級のヴィンテージとなったピション=バロンです。まあ、価格も安いので良いんじゃないんでしょうか..
フランス■□ Chateau Lagrange □■ボルドー
シャトー ラグランジュ
●ラグランジュの古酒です。いやー、良いですよね。このエチケットの方が文化を感じます。美味しさもひと味違うんじゃないでしょうか..。ん?サンジュリアンの3級のラグランジュですよ!
見ないですよね..もう.. 熟成バナー
 1970 Chateau Lagrange
シャトー ラグランジュ
750ml
¥9,990
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
これは1970年代最良のラグランジュである。これほどの品質レベルには、1982年と1983年までは達することがなかった。暗いルビー色で、ずっしりした風味、良好で熟したブラックカラントの果実味があり、フィニッシュはがっしりとして、ほどほどに長い。さらに熟成を重ねる可能性のある、尊敬に値するラグランジュである。飲み頃予想:現在 最終試飲月:81年4月
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋
フランス■□ Chateau Beau Sejour-Becot □■サンテミリオン
シャトー ボーセジュール=ベコ
●1985年にプルミエ・クリュから格下げになり、96年に復帰したボーセジュール=ベコです。85年のワインは、その仕打ちに怒ったオーナーが隠してしまい、かなり経ってから市場に出回ったことが有りました。そんな訳で、90年のグランクリュ・クラッセのボーセジュール=ベコです。現在、ミシェル・ロランがコンサルタントをしており、より果実味の強いスタイルに生まれ変わっています。
熟成バナー これなら納得!バナー 優しくも濃度の有る味わいです。
 1990 Chateau Beausejour Becot Saint-Emilion G.C.C.
シャトー ボーセジュール ベコ
750ML
¥8,990
ご注文数
 
グレートイヤーの90年、ボーセジュール=ベコです。
1990年は非常に成功している。非常に濃いルビーから紫色で、スパイシーで、オークやヴァニラとブラックチェリーの香りの大きなノーズがある。ミディアムボディからフルボディで、タンニンがたっぷりでしっかりした構成を備え、フィニッシュは驚くほど長い。飲み頃予想:現在から2005年 最終試飲月:93年1月 88点
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋
フランス■□ Chateau Soutard □■ボルドー
シャトー スタール
●サンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセのスタールです。PKさんをして
「サンテミリオンで最も秘密にしておきたいワインの一つ」と言わしめていますね。状態も良いし、価格も安いので是非お試し下さい。
熟成バナー これなら納得!バナー 優しくも濃度の有る味わいです。
1982 Chateau Soutard Saint-Emilion G.C.C.
シャトー スタール
750ML
¥8,850
ご注文数
 
なかなか良いと思いますよ...。以外と知られていないワインですが、時の経ったものはお奨めできます。もともと熟成に時間の掛かる性質ですので、ボルドーのグレートイヤーである1982年のスタールが、どのように成長しているか楽しみですね。

1982年は古いスタイルのサン=テミリオンで、いやが上にも長寿を保つようにつくられている。これは10年以上寝かせておくだけの忍耐力のあるファンのものだ。1982年は型通りに巨大で、内向的であり、荒々しいタンニンがある。しかし、このワイン(現在はかなり閉じている)は、極めて暗い色を呈しており、味わってみると、秀逸な豊かさ、ブドウの熟成感、重さがある。2000年頃には今よりも高い評点がつくに違いないが、今は恐ろしくタンニンが強い。飲み頃予想:2000年から2025年 最終試飲月:89年3月
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋
フランス■□ Chateau Palmer □■ボルドー
シャトー パルメ
●PKさんが、「ピクニック用のパルメ」と称した軽い仕上がりのパルメです。
熟成バナー 
 1980 Chateau Palmer
シャトー パルメ
750ml
¥7,800
ご注文数
 
 
しっかりした、口蓋をフルに満たしてしまうようなタンニンが特徴のパルメの、軽量級のヴィンテージとされているワインです。どうなんでしょうね..そのうち飲みます..。(余ればですが..)
フランス■□ Chateau Rauzan Gassies □■ボルドー
シャトー ローザン ガシー
●グレートイヤーのローザン=ガシーが入荷しました。40年以上も経っているのに、まっことほれぼれするような色合いをしています。
熟成バナー お初! 同上..(^^
 1959 Chateau Rauzan Gassies
シャトー ローザン ガシー
750ml
¥23,000
ご注文数
 
 
戦後最大のヴィンテージの一つである1959年のローザン=ガシーです。やや煤けてはいますが、状態は良いです。とっても素敵なエチケットですよね。感動もののクラシックなデザインです。基本セパージュは カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ25%、カベルネ・フラン10%。
 状態:エチケットに 少々の汚れ有り 、トップショルダー
フランス■□ Chateau Malescot Saint-Exupery □■ボルドー
シャトー マレスコ サン=テグジュペリ
●1980年のマルゴー3級格付けの「シャトー・マレスコ・サンテグジュペリ」です。ご存じの通り、80年は平均的なヴィンテージです。
同上..(^^
 1980 Chateau Malescot Saint-Exupery
シャトー マレスコ サンテグジュペリ
750ml
¥2,990
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
 
今回はとっても安いですよ..。ブルジョワ級並の価格です。基本セパージュはカベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロ35%、カベルネ・フラン10%、プチ・ヴェルド5%です。
フランス■□ Chateau Gilette □■ボルドー
シャトー ジレット
●秀逸なソーテルヌだが、ちょっと変わった造りで有名なシャトーです。格付けもされていませんが、誰でも知ってるというとっても不思議なジレットです。
見ないですよね..もう..
 1956 Chateau Gilette Demi-Doux
シャトー ジレット デミ=ドゥー
750ml
¥17,900
ご注文数
 
 
今回はクレーム・デ・テートでは有りません。通常のデミ・ドゥーです。ただ、そうはいっても、殆ど甘くないと思いますよ..。
見ないですよね..もう.. 
 1958 Chateau Gilette Demi-Doux
シャトー ジレット
750ml
¥18,900
ご注文数
 
 
今回はクレーム・デ・テートでは有りません。通常のデミ・ドゥーです。ただ、そうはいっても、殆ど甘くないと思いますよ..。
フランス■□ Chateau de Pez □■ボルドー
シャトー ド ペズ
●ボルドーはサンテステフのペズです。

ブドウは手摘み。発酵は木の発酵槽で約25日間。最高温度は29〜30℃。マロラクティック発酵のため12月にオーク樽に移される。新樽は3分の1(樽は毎年3分の1ずつ新しくされる)。熟成は、新樽の場合は樽の中で14ヵ月間。1〜2年使ったものなら12ヵ月。清澄処理はされるが、濾過処理はされない
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋
見ないですよね..もう.. 
 1966 Chateau de Pez
シャトー ド ペズ
375ML
¥3,950
ご注文数
 
完売しました。有り難うございました。
 
なかなか良いヴィンテージのサンテステフ、ブルジョワ級「ペズ」のハーフボトルです。液量はトップショルダー、全体的に綺麗なワインです。66年は、過大評価されすぎ..とPKさんは言っています。また、5級に格上げされるべきだが20年位までしか持たないとも言っています。色はとっても光り輝き、濃いめで素敵です。
ドイツ■□ Klaster Eberbach□■ラインガウ
クロスター エーバーバッハ
●誰でも知ってる?鷲のマーク!(大正製薬さんでは有りません..)州営クロスター・エーバーバッハー醸造所の「シュタインベルガー」が入荷です。ドイツワインの中でも最高のワインとうたわれたシュタインベルガーですが、このところの凋落ぶりはどんなものでしょうか...。
美味しい印 これなら納得!バナー デイリーワインバナー
 1994 Steinberger Riesling Kabinett PT
シュタインベルガー リースリング キャビネット ハーフボトル
375ML
¥950
ご注文数
 
 
 94年のドイツワインは、実はとても良かったんですよ..。ヴィンテージ的に余り良くない、とお考えならそれは間違いです。程良く熟し、リースリング特有のペトロールが感じられる、余り甘くないキャビネットです。ハーフボトルですのでお間違いなく!
イタリア■□ Drei Dona Tenuta La Palazza □■エミーリア=ロマーニャ
ドレイ ドナ ”テヌータ ラ パラッツァ”
         
●なかなかに素晴らしいイタリアワインが入荷しました。それも、エミーリア=ロマーニャのワインです。最初は「眉唾もん」でテイスティングしましたが、「ただものでは無い」エレガンスと凝縮度が有り、ご紹介することにしました。全て良い年のみ造られる特別なキュヴェです。
 ところで、エミーリア=ロマーニャのワインと聞いてどのような印象をお持ちでしょう..。「可憐だが薄い」「飲みやすいだけ..」というのが大半だと思います。
 テヌータ・ラ・パラッツァは、エノロゴに「フォントーディ」で活躍中の「フランコ・ベルナベイ」を起用、飲んでみればフォントーディを連想させるようなクリーンでエレガント、しかも凝縮した果実味をワインに与えています。
 また、すでに各所で評価されていて、PKさんは言うに及ばず、ガンベロ・ロッソでも「マニフィカ」「シャルドネ」がトレを取った経験が有ります。(97vin はまだ評価の対象にされていないようです。2002が未発行のため未確認)
 全体を通しての味わいの印象は、粒のとても小さな赤や黒の果実を連想させるフルーツが凝縮されていて、しかもエレガントに仕上がった感じです。ロマーニャの、ちょっと薄い味わいをそのまま濃くしたものでは無い、ということですね。それでいて、トスカーナのある種、野暮ったさ・取っつきにくさが余り無いので、これはミッケもんかな?と思っています。
 そんな訳ですので、イタリアワインマニアだけではなく、要チェックのワインであることは間違いないでしょう。ようやく現れた新星にぜひトライしてみてください。
見ないですよね..もう.. This is my type! 美味しい印 若くても飲めちゃう印
 1997 Graf Noir I.G.T. Forli Rosso
グラフ ノワール
750ML
¥5,900
ご注文数
 
 
サンジョヴェーゼ 30%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、ネグレットロンガネージ20%(地ぶどう)カベルネ・フラン20%という、一風変わったセパージュです。バリックで24ヶ月(新樽70%)瓶熟成18ヶ月とのことですが、これをボルドーのワインと一緒にブラインドで飲んだら、とっても面白い状態に成るのでは..などと思っています。「99の右岸かなあ..」などと言う声が聞こえてきそうですが、そのぐらいの濃度とエレガンスを持っている、ということですね...。とても緻密な味わいです。また、かなりの熟成も可能だと思います。ちなみにPKさんは91点です。
これなら納得!バナー This is my type! 美味しい印 若くても飲めちゃう印
 1997 Magnificat I.G.T. Forli Rosso
マニフィカ
750ML
¥3,300
ご注文数
 
 
 ちょっとびっくりのカベルネ100%です。濃度だけにあらず、その細やかな舌触りと緻密さは、ロマーニャだけでなく、イタリアでも特筆すべきでしょう。また、アリエ産バリックで18〜20ヶ月、瓶熟成8〜10ヶ月だそうです。まだ、還元状態にあるようでとても固いですが、一時間ほどで開き始めます。下記の通り、PKさんは4〜5年したらさらに2点追加する、と最高の賛辞を与えています。


This wine is very good, but relatively expensive. The 1997 Magnificat is viscous and oily, with an opaque purple color, high tannin and concentration, as well as an unevolved personality. It appears to be at least outstanding, and may merit another point or two when it becomes fully mature in another 4-5 years. It is thick, concentrated, and impressive. Anticipated maturity: 2003-2015.
90points
Wine Advocate #130 (Aug 2000)より抜粋
これなら納得!バナー This is my type! 美味しい印 若くても飲めちゃう印
 1997 Pruno Sangiovese di Romagna Superiore Riserva D.O.C.
プルーノ サンジョヴェーゼ ディ ロマーニャ スペリオーレ リセルヴァ
750ML
¥2,800
ご注文数
 
 
サンジョヴェーゼ100%ワイン「プルーノ1997」はイタリアソムリエ協会AISによるドゥエ・ミッラ・ヴィーニで5グラッポリ(最高評価)を獲得し、クリスティーズのオークションで取引された最初のサンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャだそうです。確かに濃厚だが、小粒の黒い果実を連想させ、シルキーな口当たりを見せつつ長い収束へ向かいます。トスカーナのサンジェヴェーゼがむしろ野暮ったく感じてしまいますね...。PKさんの評価は87点ですが、これはちょっと控えめでしょう。noisy 的には89〜90点付けたいところです。お奨めです!
アリエ産バリックと350Lの木樽で15〜18ヶ月、瓶熟成8〜10ヶ月


This wine is very good, but relatively expensive. The 1997 Pruno (100% Sangiovese aged in French oak for 15 months) exhibits a dense ruby/purple color, an excellent grilled meat, leathery nose, with subtle wood in the background, medium body, rustic tannin, and good spice, density, and concentration. Drink it over the next 5-6 years.
87Points
Wine Advocate #130 (Aug 2000)より抜粋
イタリア■□ Semifonte □■トスカーナ
セミフォンテ
●ご存じの方も多いでしょう。フィレンツェ郊外に37ヘクタールもの葡萄畑を所有、長熟で秀逸なワインを生み出している「セミフォンテ」のご紹介です。今回はとっても安いですよ...。
美味しい印 これなら納得!バナー デイリーワインバナー
 1997 Semifonte di Semifonte I.G.T.
セミフォンテ ディ セミフォンテ
750ML
¥2,100
ご注文数
 
 
 かのジャコモ・タキスから現在はジョルジョ・マローネさんがコンサルタントを引き継いでいます。カベルネ・ソーヴィニヨン40%、メルロー40%、サンジョヴェーゼ20%のセパージュで、フランス産オーク樽に18ケ月寝かします。
 構成が大きく筋骨隆々、たくましい男性をイメージ。徐々に解れてゆくと、動物系、黒果実、ミネラル...。濃厚でいてスパイシーです。これはまだまだこれからのワインだが、抜栓直後の甘い果実の香りと、質の良い優しくも多量のタンニンで、ついついグラスに注ぎ足してしまいますね..。赤い肉系には万能??とっても美味しいです。お奨めです。
ちなみにPKさんのコメントも載せておきますが、セパージュと樽熟期間が若干違いますね..。

The 1997 Di Semifonte, a barrique-aged blend of 30% Sangiovese, 30% Merlot, and 40% Cabernet Sauvignon aged 15 months in French oak, is
outstanding. It possesses impressive intensity, fine opulence, and a fat, chewy, black currant and cherry-flavored mid-palate with admirable purity, a layered texture, and an explosive finish revealing copious quantities of glycerin, fruit, and extract. It is a beautifully made, flashy effort to enjoy over the next decade. It would undoubtedly drink beautifully with one of Il Latini's Florentine steaks.
90points

Wine Advocate #130 (Aug 2000)より抜粋

過去ログ 2002年第一弾 2002年第二弾 2002年第三弾 2002年第四弾 2002年第五弾 2002年第六弾