Last Update 2003/11/04
新着情報メールサービス2003年第12弾 Ver1.01
このページはNOISY'S WINE SELECTS 新着情報メールサービス メンバー様向け期間限定ページです。メンバー登録をされていない方は、大変申し訳有りませんがご注文下さっても販売できません。インデックスページより「新着情報メールサービス」のページに入り、メンバー登録をされた上でご注文をお願いいたします。

以下のことにご注意下さいませ...
1.ご注文数にご希望の本数を入れてから「買い物かごへ」をクリックしてください。
2.一度「買い物かごへ」をクリックしてから再度このページからご注文を追加される場合には、「クリア」を一度押してください。押さない場合には、前に選択したワインの本数が加算されてしまいます。
3.在庫の本数をチェックしていますが、「受注メール」はまだ確定では有りません。noisy から「お見積書」が届くまでお待ち下さいませ..
4.文字が大きくて見づらい場合には「インターネットエクスプローラー」をご使用の場合、「表示」−「文字のサイズ」で文字の大きさを「最小」もしくは「小」に調整してください。
5.ご注文後(受注メール自動発信後)のキャンセルが無いようにご注意下さい。ご注文数をカウントしていますので、後のお客様にご迷惑が掛かってしまいます。
6.いかなる場合でも未成年者にお酒は売りません。
7.送料に付きましてはこちらをご覧下さい。(クリックしてください)
行き届かない点など御座いました場合にはお許し下さい。
なお、「ご注文出来ない」場合は「完売」だと思います。お許し下さい。
 お奨めは..全部お奨めなので..選択がとても難しいですが.. 一押しワインシリーズ..
今回も粒ぞろいです
こんなバナーにご注意!\(^.^/
レアバナー       基本的に手に入れづらいもの
熟成バナー         熟成している証
デイリーワインバナー       デイリーワインにお奨め印
これなら納得!バナー       価格/味に納得印
This is my type!     noisyの好きなタイプ(必要ないか
良いものは良い印       名前も売れてるがワインも良い印
若くても飲めちゃう印       若いのに飲めちゃう印
飲まないで仕舞っておいてね印       飲まないでセラー直行
一押し印  そう沢山は付かない一押し印!
是非チェックしてね印        興味のない人も一応チェック
美味しい印       殆どの人が美味しいはず印
       良くわかんないぞ..
   エチケットの汚れやキズなど
読んで字のごとし..

2001 Merlot C.O.F. / Antico Broilo



2000 Domus Caia / Ferrucci




2001 V.d..P du Cotes Catalane VV / Gauby



1999 Chateauneuf du Pape
/ Chateau de Beaucastel

2002 Bourgogne Aligote / A.e O. de Moor




2000 Bourgogne Pinot Noir
/ Amiot-Servelle
次号発行まで有効です。

2003/11/07(金)より発送

開始いたします。

翌日到着地域2003/11/08(土)

が、集中してしまった場合にはご希望に添えない場合も有りますので、
若干余裕を見てご注文くださいね。
Noisy Rating について
 飲んだワインに自分なりのポイントを付けている場合があります。PKさんの100点法に準じています。ただし、あくまで私的なものですので、noisy がどう思ったか、感じたか、というのみで、余り深く考えないでくださいね。嘘でも高いポイントは付けませんが、低いポイントも有るかもしれません。正直に付けますので何かの足しにしてください。
 なお、飲み頃は2004〜2010 のように成っていますが、それ以外は駄目、ということでは有りません。一番良い期間はこの当たりになるだろう、という予測です。最初の年は、そう大きくは外れないでしょうが、先行きは難しいものです。20年経ってから、「あの時は確か10年間で飲めって言ってたよね..」なんて言わないでくださいね。

 ← マウスを当てると 飲み頃期間
      ↑ ↑
 今飲んで  ピーク時
79以下  買いません、売りませんので「バナー」を用意してない..
80〜84  お奨めです..人によりかなり好きな方もいるでしょうね
85〜89  これは絶対お奨め.. まず外さないと思います
90〜94  凄いです..傑出格ですね
95〜100 化けものです..人間業では有りません..
在庫の確認はここをクリックしてくださいね。こちらからもご注文いただけます。
イタリア■□ Antico Broilo □■フリウーリ
アンティコ ブロイロ
●本当に素晴らしい!拍手を持って迎えたいフリウーリの赤ワインが到着しました。待ってました..

 実際に飲んでみるまでは一抹の不安も有ったのですが、
「これは良い!」
と、納得しました。

 アンティコ・ブロイオは、殆どの方がご存じないでしょう。2003年のガンベロ・ロッソでもトレ・ビッキエーリを取得している「レ・ドゥエ・テッレ」のフラヴィオ・バジリカータが醸す、コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリの新星カンティーナです。
This is my type! This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001Merlot Colli Orientali del Friuli
メルロー コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ
ちょっと頑張ってお奨め!

サイド                     正面
750ml ご注文数
¥2,550
 
【コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリのメルロー..。驚愕のポテンシャル..一押しです!】
いやー、是非とも購入していただきたいと思います。今回はカベルネとメルローのヴァラエタルです。
 
そもそも、
「イタリアのメルローだとかカベルネだとかは歴史がないからね..。最近でしょ?始めたのは..」
 と、思われているかもしれませんが、それでは30%位の正解率だと思います。

 現在のオーストリア、スロヴェニアと国境を接していますが、このフリウーリや西側のアルト・アディージェは、属する国・宗主国?がころころ変わった歴史があり、その頃の一般的宮廷料理であったフランス料理に併せるべくフランス品種が持ち込まれた訳ですね。事実、ボルドーの右岸でさえメルローが一般的になったのが1890年頃と言われていますので110年超と言ったところでしょうが、フリウーリのメルローは150年以上の歴史が有る、と言われています。(ちなみに地葡萄につきましては次の機会に..)特にオーストリアからすれば、一番暖かい地域だったのが、ここだったんですね。

 フリウーリのスロヴェニアの北側産地は「コッリオ」「コッリ・オリエンターリ」に大別されますが、大まかに言って白系はコッリオ、赤系はコッリ・オリエンターリが最適でしょう。(大まかに言って..ですよ..)特にコッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリは「C.O.F.」と略される事が多いので覚えておいてくださいね。

 そんな中でこのコッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリの「アンティコ・ブロイオ」に出会った訳ですが、合田泰子さんの新会社「ラシーヌ」の取り扱いアイテムに有ったんですね。フリウーリのワインに大注目の noisy としては、早速売ってくれ..と交渉したのですが、
「まだ勘違いされると困るから売りたくないのよ..。30%位のポテンシャルしか発揮してないもの..」
というので、
「じゃ、取りあえず何本かずつ送って下さい。飲んで判断しますから..」

 そんなやりとりを経て、合わせて1ケースだけ送られてきました。そしてもう付いた翌日にはテイスティングしてしまいました..。(勿論すぐに立てて置きましたが..)

 結果は、ここに出ているとおり..文句無しの合格でした。勿論すぐに連絡を取り、嫌がる彼女をなだめながら??追加で送っていただきました。結局、その後は販売に踏み切ったようです。

 ところでアンティコ・ブロイロはこのメルローだけでなく、他の全ての赤ワインに言えることですが、
全くピュア、繊細、ブルゴーニュチックなフレーヴァーの出方と凝縮感、潜在能力の高さ
に驚きと嬉しさが沸いてきました。

 詳しくは「カベルネ C.O.F.」でも書きますので、そちらもご覧下さい。若いメルローの持つ、そのもののアロマと膨大なミネラル、柔らかでベルベッティ・厚みのあるボディと果実味、長い余韻..そして品。フレーヴァーの出方は、むしろブルゴーニュの最近の造り手風ですがごてごてと飾り立てたような嫌みなど微塵もなく、外向的で凝縮した味わい全てに納得でした。そして合田さんの言うように、まだ30%のポテンシャルしか発揮していないのも確信しました。

 もしかするとこのワインは、トスカーナやマルケの「ぷりぷり」した果実味たっぷりのワインと一緒に、現時点でテイスティングしたと仮定すれば、高いポイントを得ることは難しいかもしれません。しかし、その味わいの奥に潜むポテンシャルと、「綺麗」×「ピュア」+「凝縮感」という言葉がぴったりのこのワインは、むしろブルゴーニュ好きな方にも納得の行く味わいだと..思います。そこで一句..

綺麗さの
陰に有る無し
鷹の爪..

 ん〜、よく判んないですね。何だよ、鷹の爪って..。悩んでくださいね..色々と引っかけてますので..。

 是非とも数本GETしてその成長を確かめて欲しいと思います。なかなか出会えない、リーズナブルな価格に仕上がった美味しいメルロー..しかも北イタリアです。一押しです。
 
This is my type! This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001Cabernet Colli Orientali del Friuli
カベルネ コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ
今〜2010
ちょっと頑張ってお奨め!

サイド                     正面
750ml ご注文数
¥2,250
 
【こちらはさらに安い!お手軽価格だがそのポテンシャルはいかに..!】
こちらも良いですね〜。にこにこ顔になっていまいます。ただね..その前に一言言っておかなければならないでしょう..。必ず読んでくださいね..。

美味しさ について
 何についてでも同じ事は言えますが、経験の無いことは余りよく判らないものです。全く口に入れたことが無い食品を始めて食べることを想像してみてください。恐る恐る食べながら、
「あ、**に似てる」
とか、
「**に近い感触!」
という考えが脳裏に浮かぶはずです。そしてそれを分析・集計して、最終的に「美味しい・美味しくない・良く判んない」と判断すると思います。

 整理すると、食べたことが有る近いものに当てはめようとする..んだと思います。もっとも本能的・体質的なものも当然有りますが、これを取りあえず置いて考えると、ワインの場合はこんな感じではないでしょうか?
1.85年のAという銘柄のワインを飲んだ経験がある。(美味しいと思った)
2.92年のAという銘柄のワインを飲んだ経験がある。(美味しいと思った)
3.同じ地域の違う生産者のワインを飲んだ。
4.01年のAという銘柄のワインを飲んだ。
とすると、4の2001年のAというワインを飲んだ場合(個人差はあるにせよ)、若すぎて表情が少なく硬かったとしてもそのポテンシャルを当てはめて(想像できてしまって)、その結果として、
「美味しい」
と、感じてしまう訳です。言ってみれば、1〜3までのような経験が全く無ければ、「美味しくない」という答えも有り得るわけですね。それに本能的なもの、特異的なもの、その人が持つその他の経験・能力が絡んでくるのでは?などと..思います。まあ、我々はいつもパブロフの犬状態にいる..んですね。

 まあ、これが正解です、などと言うつもりは毛頭有りません。学者では有りませんし、自分の考えを押しつけるつもりは全く有りません。が、
「一番美味しい時が想像できてしまって、もしくはポテンシャルが拾えてしまって、美味しい・良いワイン」と判断しているのも、そう遠く離れた考え方でも無いような気がします。
「ワインを飲み続けていたが、舌や鼻が磨かれてしまい、常に一緒に飲んでいた奥方の料理の腕が一気に上がったのでびっくりしたがとても嬉しい」
という話も、まま、聞きます。


 はあはあ..一息入れて..

 さてと、本題です。カベルネです。(当たり前だ) ですが、そうですね〜..、軽くフランが入ったような..感じと言いましょうか..大袈裟に言えば、シュヴァル・ブランに似た感じがあると言うか..ロワールのフランをスタイリッシュにした感じと言うか..。ほんのりハーヴと凝縮した密な果実味の美味しいカベルネです。最も、こちらは現時点ではメルローほど外向的では無く、飲む人を選ぶかもしれません。(この当たりが合田さんが言っていた意味と、noisy がだらだらと長い説明を書いていた意味に繋がるんですね) もしかすると、お飲みになった方の内、何人かの方は、
「大したこと無いなあ..」
と思われるかもしれませんが、「これが成長するのかな?」と思って貰うのが良いかと..思います。現在はまだ収斂味を伴う後口が若干気になりますが、これが熟して味わいを深め、1〜2年後にはかなり良い状態になると確信しています。
「全くピュア、繊細、ブルゴーニュチックなフレーヴァーの出方と凝縮感、潜在能力の高さ」
というのは、メルローと一緒です。是非一度お試しいただきたい、しかも変化をさせるために、あの手この手で弄くり回して飲んでいただきたい..リーズナブルなフリウーリ・ワインです。出来れば到着後、少し休ませてからお楽しみ下さいませ。
イタリア■□ M e M □■アブルッツォ
エンメ エ エンメ
●アブルッツォのモンテプルチアーノのご紹介です。安いのですが..デイリーには持ってこい!の味わいで、久々のヒットに成るのでは?と喜んでいます。ん?ブロイオのカベルネの半分だって?だから迷うって?...両方とも試してくださいね(笑)
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2002 Montepulciano d'Abruzzo
モンテプルチアーノ ダブルッツォ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,180
 
【しみじみ..美味しかった!と...飲み終わった時に一言呟くでしょう】
 不思議なワインですよ..。抜栓直後は、
「何だ..noisy も大したこと無いワインを大袈裟に..」
と、感じてしまうと思うんですよね。
 でも、食事をしながら飲んでいると徐々に開き始め、
「ん、ちっとは増しになったじゃん..」
と、ほんの少し noisy を見直し、最後に残ったグラスを飲み干した頃、
「この価格なら納得!さすがだね!」

 こほん..、手前味噌が過ぎるようで大変申し訳有りませんでした。でもまあ、現状報告としては言い得て妙..と、思います。2002年のイタリアは、余り良くないと思っていらっしゃる方が多いようですが、やはり場所に寄るようで、このワインを飲んでみるとヴィンテージ的な負の部分を感じることは有りません。(シチリア当たりも、むしろ良い..と思っています)

 まあ、「価格が安すぎるから大したことが無い」とは考えず、取りあえず飲んでいただきましょう。少し黒みがかったベリーが、時間と共にその実を大きくし、フルーツの色合いを薄くして行きます。プラムくらいに感じられたときは、ボディが膨らんでいることでしょう。伸びやかさとふくよかさが強く感じられた時は、おそらくボトルに残りが少なくなっているはず..。余韻もしっかりあり、美味しいデイリーワインだと思います。お奨めです。

イタリア■□ Di Majo Norante □■モリーゼ
ディ マーヨ ノランテ
●この所のお奨めの中では、トップクラスのセールスをレ・コルティのキャンティ・クラシコ2001と張り合っていたラミテッロ1999ですが、気が付いたときにはヴィンテージの更新を迎えてしまいました。「セリエA 中田のワイン」で有名になってしまいましたが、今でも購入しているかどうかは..彼のみぞ知る所です。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 
2000Ramitello Rosso
ラミテッロ ロッソ


750ml ご注文数
¥1,590
 
【1999年に劣らないクオリティー! 】
取りあえず99年を沢山購入いただいたので、そんなには売れないかな、と思いますが、せっかく新たに入ってきましたので、まだお試しになっていない方に..お奨めです。

 トスカーナのキャンティとか、イタリア中央部のワインに比較すれば、より南部に位置するモリーゼという地域のこのワインは「酸味」がしっかりしている所が大きく違います。アドリア海の冷たい海風による気候も影響しているのでしょう。フレーヴァーの付き方は冷涼感・透明感の有るものですがたっぷり有り、バランスの良い酸味が全体を引き締めています。ボディはやっぱりミスター・メルローことコタレッラがエノロジストですからシルキーで厚みが有り、むしろトスカーナチックでない全体の印象が心地よいです。若干ですが到着したばかりということで、タンニンに暴れが有りますが、おそらく時間が解決するでしょう。プルニョーロ(サンジョヴェーゼのクローンの一種)とアリャニコのセパージュです。


ちなみに下記は1999年の評価です。以前の新着では「89点では有り得ずそれ以上..」と書きました。
1999 Di Majo Norante Ramitello Rosso
Di Majo Norante
Molise, Italy
Sangiovese (a dry red table wine)


The 1999 Ramitello is a blend of 70% Prugnolo and 30% Aglianico. Aromas of saddle leather, black cherry jam, minerals, and foresty scents are followed by a full-bodied, dense, chewy, muscular red. Drink it over the next 2-4 years.
 
The brilliant winemaker Riccardo Cotarella is now performing his magic at this estate, which should be sought out by readers seeking stunning wine values.


Reviewer Robert Parker
Rating   89 Points
Maturity  Drink 2002-2006
Cost    $12
Wine Advocate #144 (Dec 2002)より抜粋

イタリア■□ Stefano Ferrucci □■ロマーニャ
ステファーノ フェルッチ
●前回のチェントゥリオーネはいかがだったでしょうか..。合格点は..行ったと思っています。今回はお約束のフェルッチ渾身のトップ・キュヴェ、「ドムス・カイア」のご紹介です。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 
2000Domus Caia Sangiovese di Romagna Riserva
ドムス・カイア サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ・リセルヴァ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥4,400
 
【ロマーニャのサンジョヴェーゼをパッシート(陰干し)、濃度とエレガンスの両立を計っています】
質感を伴う凝縮感..。これが重要ですね。いかに濃度・凝縮感が有ったとしても、品の無さを感じさせては元も子もない..。パッシートの技術を自分のものにするまで、フェルッチはかなりの努力をしたようです。

テクニカル
ブドウは収穫後、小型ケースに入れて約50〜60日間軽く乾燥させ、通常のスティルワインと同じように圧搾、ガラスコーティングされた特注のセメントタンク(厚さ8cmの断熱材使用)で発酵。その後、500リットル容量の特注オーク樽(アリエ 75%、スティラ及びスロベニア25%の比率)を新樽、2年目、3年目と3種類使い分け、4ケ月熟成させた後同じセメントタンクに入れ、アッサンブラージュして3日間休ませ、また各々の樽に戻します。この作業を3回行い、トータルで12〜14カ月の樽熟成をさせ、ボトルで6〜9カ月ねかせます。


 膨大なタンニンと膨大な果実味は優しさ、丸みを伴い、甘くないチョコ、ブラックベリー、ミネラル..。上品だが力強さを隠し持っている。余りにも引っかかりが無くスムースに喉に落ちていって仕舞うので、あっけに取られてしまうが、これはおそらく「綺麗さ」を現している。もし、この先「綺麗さ」を持続しながら「微細さ」も発揮してくるようで有れば、凄いワインに成りうるだろう。現在ポテンシャル点を付けるのはなかなか難しい。

 と、そんな感じです。ちなみにデキャンター誌2000年4月号ではこのドムス・カイアを評して
「ヴァルポリチェッラの最上級ワインと肩を並べる」
と評価しています。

 柔らかな凝縮感に包まれた究極の綺麗さを体験したい方に、最もお奨めすべきワインでしょう。
 
イタリア■□ Tua Rita □■トスカーナ
トゥア リータ
●イタリアワインの頂点に登りつめた「トゥア・リータ」..。イタリアではサッシカイアの85年以来誰も為し得なかったPK100点を、たった10年ほどで達成してしまいました。その割に、「レディガッフィ」以外はあまり騒がれないのが不思議でなりません。今回ご紹介の「ペルラート・デル・ボスコ」は、トゥア・リータのサンジョヴェーゼによる「看板ワイン」です。お忘れなく..
 
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001Perlato del Bosco Rosso
ペルラート・デル・ボスコ・ロッソ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥2,990
【とても美味しいはず..柔らかなサンジョヴェーゼです..】
まあ、レディガッフィ2000 が予想通り 100点を付けてしまいましたので、レディガッフィの入手は殆ど不可能な状況です。今年の始め今頃は、
「98年が 98点 、99年が 99点 だから 2000年は100点かもしれない」
などと、戯けたことを言っていました..。

 そんなことはどうでも良いのですが、レディガッフィがいかにソフトプレスか、ということを差し引いても、トスア・リタのワインに共通する凝縮感と柔らかさは普遍です。それはサンジョヴェーゼで造られるこのペルラート・デル・ボスコにも言えます。

 今回はアドヴォケイト誌の評点はまだまだ先のことですので見つかりませんでしたが、スペクテイター誌に掲載されていました。88ポイント ということです。 noisy のテイスティングは、まだ先になりそうですので細かなコメントは差し控えますが、2001年のロッソ・デイ・ノートリの味わいから言えば、あと2〜3点は付けて良いのでは?と思います。もっともスペクテイター誌は、PK100点の2000年レディガッフィにさえ、たった92点しか付けていませんので、有る意味ではレベルが取れている..ことに成りますね。

 勘違いしないで欲しいのは、ファーストがレディガッフィ、セカンドがジュースト・ディ・ノートリ、サードがペルラート・デル・ボスコ 、ということでは有りません。この3つは全てファースト・ラベルなんです。もっともトスカーナらしいサンジョヴェーゼを主体に、先の天才エノロジスト「ルカ・ダットーマ」が味わいを設計、現在の「キオッチョリ」に引き継いでいます。本来はもっと サン・ジュースト のように注目されて良いワインだと..思っています。


2001 Perlato del Bosco Rosso

"Lots of dried cherry and raspberry character. Medium-bodied, with medium tannins and a peppery, meaty finish. A solid wine from this small producer."
88 points
Wine Spectator - Oct. 15, 2003 より抜粋

ちなみにアドヴォケイトは1999年 --> 91Points 2000年 --> 90Points です。
イタリア■□ Paolo Scavino □■ピエモンテ
パオロ スカヴィーノ
●バローロのほぼ中央に位置するロッケの畑..。様々な表情を持ち、しかも柔らかい..。バローロ・ボーイズの4番打者、パオロ・スカヴィーノの最高のクリュのご紹介です。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 レアバナー
1995Barolo Rocche dell'Annunziata
バローロ ロッケ・デッラヌンツィアータ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥13,900
【..】
 パオロ・スカヴィーノのトップワインです。ワイナート誌第8号「モダン・バローロ」のトップバッターとして紹介されています。カステリョーネ・ファレットのクリュ、ロッケ・デッラヌンツィアータから肉厚の柔らかなボディを持つ最良のバローロを提供しています。

 まあ、新着では余り売れないのですが、hpでいつの間にか無くなってしまうのでまた購入しましたが、そろそろ厳しい価格になっていますね。ラストチャンスかな..と思います。

1995 Paolo Scavino Barolo Rocche dell Annunziata

The intensely fragrant (wood smoke, all spice, black fruits, and tobacco) 1995 Barolo Rocche dell Annunziata boasts a dark ruby color, as well as terrific extract, full body, and copious quantities of glycerin. While it possesses a velvety, evolved personality, there is lots of stuffing and richness, but few nuances. Give it another 1-2 years of bottle age and drink it over the next 12-14.

Reviewer Robert Parker
Pating 92Points
Maturity Drink 2001〜2014
Wine Advocate #124 (Aug 1999)より抜
イタリア■□ Radikon □■フリウーリ
ラディコン
●フリウーリの時代の波が..確実に吹いてきていると思います。そんな中で、グラヴネール、ミアーニに続きスターダムに駆け上がりつつある「ラディコン」のご紹介です。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 レアバナー
1999Ribolla Gialla Collio D.O.C.
リボッラ・ジャッラ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥4,990
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 レアバナー
1999Oslavie Bianco Collio D.O.C.
オスラヴィエ・ビアンコ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥4,990
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 レアバナー
1994Merlot Collio D.O.C.
メルロー
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥17,900
【とても期待しています..】
94年のこの地域はグレートイヤー..でした。上記でご紹介の、「アンティコ・ブローイロ」のコラムでも、フリウーリにつきましては記述していますのでご覧下さいね。何しろ数は無いし時間も無い..殆ど今まで手に入らないワインだったので、後でテイスティングするために自分の分を残して販売しようと..そんな訳です。

 ということで判っているのは、ガンベロ・ロッソでドゥエ以上のグラスを獲得していることと、白・赤ともに良質だがグラヴネール的一途さから、早い段階で理解しやすいかどうか判らない..ということだけです。初心者の方には、価格も味わいも難しいかもしれません。アンティコ・ブローイロでお試しになってから..の方が良いでしょう。最もメルローは残らないと思いますが..。

 ちなみに
オスラヴィエ はピノ・グリージョ、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン のセパージュです。

フランス■□ Domaine Alain Burguet □■ブルゴーニュ
ドメーヌ アラン ビュルゲ
●ジュヴレ=シャンベルタンに居を構え、秀逸なピノ・ノアールを提供している、「ドメーヌ・アラン・ビュルゲ」の美味しいブルゴーニュ・ピノ・ノアールのご紹介です。

 彼は、PKさんをして
「特級畑が無いのは本当に惜しい」
と言わしめるほどの造り手です。古い「バーガンディー」では4星です。

 また、最新版、2004年度版のベタン、「ル・クラッスメン」では、星1個獲得しています。
(星3つが最高です。ちなみにコート・ド・ニュイの星3つは
クロ・ド・タール !
デュガ=ピィ
ルロア
ドニ・モルテ
D.R.C. の5者のみ.. なんと、クロ・ド・タールが..3星! 脱線中..)
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印
1999Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ ルージュ
ちょっと頑張ってお奨め!

500ml
ご注文数
 
¥1,990
【ベルベットなタンニンと優しい果実味!リーズナブルでしょ?】
noisy にとっては厳しい厳しい価格なんですが、是非ともアミオ=セルヴィルの2000年ブルゴーニュと比較して貰おうと..頑張って価格を出しました。

 99年らしい暖かみのある優しい果実味と、比較的多量にあるしなやかなタンニンがほんのりと鉄っぽさとともに感じられる美味しいACブルゴーニュです。ジュヴレの特徴でも有る、「鉄っぽさ」は、下記のアミオ=セルヴィルには感じられません。フレーヴァーもストレートに出てくる感じでストレス無く表現しています。

 昨今はACブルゴーニュでさえ、¥3,800〜¥4,800 が 当たり前のようになってしまっています。こちらも基本上代はそんなものですが、ブルゴーニュのテロワールのお勉強をして貰おう、という魂胆ですね。同じ価格でヴィンテージ違い、村違いです。

 ヴィンテージの背景も推定できますよ..。99年はやはり積算温度が高く、飲んでみればとても熟した年だったことが伺えるでしょう。 noisy は、ブルゴーニュは10年間の内に完全に熟すのが1〜3年しか無いのが普通ですから、グレートイヤー、もしくは秀逸な年の方が、「普通じゃない年」、と考えるようにしています。まして、その「普通の年」は..美味しくないのですか?

 振り返ってみましょう..。当初酷い年だと言われた91、92、93、94年は..どうですか?94年は少し酸が出気味ですが今美味しいですし、93年はかなり良い..、91年と92年も美味しいですよね。「猫またぎ」と呼ばれた84年のワインでさえ、未だにきっちり飲めるものが有ったりします。90年はどうでしょう..。確かに美味しいワインも有りますが、大半はまだ熟していないのでしょうか..それとももう終わってしまったんでしょうか..思ったより伸びてこないですね。最も今は結論づけられませんが、一般的に言って5〜10年以上経ったブルゴーニュはホントに良い!むしろグレートイヤーなどと言われた年ほど、早く飲めても、長くは持たないことも有ると思います。

 と、また脱線したようです。すまんこってす。取りあえず試してみてください。お奨めです。
フランス■□ Domaine Amiot-Servelle □■ブルゴーニュ
ドメーヌ アミオ=セルヴィル
●2004年度版「ル・クラスメン」(フランスで最も権威のあるワイン評価本)では、noisy一押しのアミオ=セルヴィルもついに「2星」を獲得!おめでとう御座いますぅ..。上は5ドメーヌだけだぁ..。(そんな訳では無いですよね..) もう、押しも押されもせぬシャンボールの代表に..なったと言えるでしょう。
 ちなみにベタンの評価によりますとシャンボールのトップは、ヴォギュエ、ルーミエ、アミオ=セルヴィル (全て2つ星) ということになっています。

 こちらのアミオ=セルヴィルは、ホントにシャンボール=ミュジニーの粋 と言って良い造り手だと思います。是非とも アラン・ビュルゲさんと比べてみてくださいね。ヴィンテージを充分理解し、テロワールを生かし、弄くらない素直な造りの..素晴らしいドメーヌです。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印
2000Bourgogne Pinot Noir
ブルゴーニュ・ピノ・ノアール
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥1,990
【シャンボールって..華やかですよね。チェリッシュな味わい..好きなタイプです..】
1999年のこれと同じワインをお飲みの方は、その美味しさに我を忘れ、
「おいぴ〜!」
と叫びまくったことでしょう..。本来長熟な(はずの)シャンボールの村のワインが、ACブルとは言え、あんなに果実味がたっぷり載ったチェリッシュな味わいなら、誰にも文句は言えなかったと..思っています。ショートケーキに例えるなら、苺が5個ものっていて、しかも生地の中にもスライスして入っているという..そしてとてもリーズナブルでした..。お奨めしまくっていましたが、さすがに無くなってしまいました。

 2000年のこのワインは、実はかなり前から到着していましたが、99年ものと比較すれば悩んでしまう仕上がりでした。もっとも、「美味しくなくて」悩んだのではなく、99年が余りにも判りやすい外向的な味わいだったため、締まった仕上がりで内向的な2000年との対比では「勘違いされそう」で、結局ご案内は見送っていたわけです。ようやく一皮剥けたような味わいになってきましたので、新着のご案内に漕ぎ着けました。

 2000年のブルゴーニュの味わいは、一般的に言って99年よりも果実味が少なく(奥にあって)、酸味は同量から少し多め..というように感じています。(全く逆だったドメーヌも有りましたが..)

 シャンボールのテロワールが持つ、石灰、石灰岩のニュアンスは、ミネラル感となって感じられますが、時にフレーヴァーをミネラル+タンニン の膜で覆ってしまいます。ですがそのお陰で比較長熟なワインに仕上がります。その当たりは、とっても古い同年代のシャンボール=ミュジニーとジュヴレ=シャンベルタンを比較しても検証できるでしょう。

 現在のこのワインは、ちょうど固く閉ざされたベールから、時折ちらりとその本質を覗き見ることが出来ます。固いと感じるか、ちょうど良いと感じるかは飲まれる方の判断次第..。いずれにしても、素性の良いシャンボール=ミュジニーそのものの個性を持っていることは間違い有りません。是非一度..比較してみてくださいね。

フランス■□ Domaine Machard de Gramont □■ブルゴーニュ
ドメーヌ マシャール ド グラモン
●グラモンさんちの最高のワインと、美味しいシャルドネをご紹介します。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
2000Bourgogne Chardonnay / Domaine de la Vierge Romaine
ブルゴーニュ シャルドネ / ドメーヌ ド ラ ヴィエルジュ ロメーヌ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,890
 
【2000年のブルゴーニュのシャルドネは..やっぱりどう考えても美味しいです。】
 これは2000年という年がシャルドネにとって、とても良い年だった..ということで、その他の意味は有りません。ちなみに99年のACブル、ピノ・ノアールもテイスティングしましたが..noisy の試験には合格しませんでした。惜しいんだけどね〜..。絶対許せない香りが..有ったので..。ん?何のことって?..教えない..(^.^..

 さて、今回の比較対象は、このコラムのずっと下の「ペラン・レゼルヴ」(ローヌ)と「ミクルスキー・アリゴテ」でしょうか..。酸の量、出方にご注目..。全然違いますよね..。ん?答えは直接は言いませんが..

 たっぷりとフレーヴァーが載り、ミネラルや白・黄・黄緑のフルーツが嬉しいシャルドネです。林檎っぽい感じ、という答えが一番多いでしょう。もの凄いクオリティー!などとは口が裂けても言いませんが、価格的にとっても納得の行く味わいです。ちなみに上代は¥2,800だそうですが..、その価格なら他のものをお奨めします。高く成りすぎ!値上げ反対!
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印 
2001Vosne-Romanee 1er Cru les Gaudichots
ヴォーヌ=ロマネ レ・ゴーディショ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥7,900
 
【ラ・ターシュ編入の残りの部分..とっても希少な1級畑です。】
ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン と言えば、伝統的な造り手で、
「ちょっとくらいは変わってよ..」
と言いたくなるほど偏屈で実直です..。要は、10年経たなきゃ飲めないワインばっかり造っているんですね。ワイナート誌の20号に「ルモワスネ」さんの記事(広告..ん?やばっ)が出ていましたが、
「10年経ったブルゴーニュがようやく飲み頃だから熟してから出荷する」
と仰っていました。noisy も有る意味同感です。最も良い年はとても早く飲んで美味しいですが、表情が出てくる前に飲みきってしまう現在の状況は、少し残念でも有ります。

 とは言え、マシャール・ド・グラモンが醸す希有な運命を辿った「レ・ゴーディショ」は、早く飲んでも美味しいんです。やはり素性の良さはどうしようもなくワインの運命を握っているんです。そもそも、「レ・ゴーディショ」とは、かのDRCの「ラ・ターシュ」に「レ・ゴーディショ」を編入した時の余りの部分なんです。ですので基本的には「ラ・ターシュ」と全く同じ..と言われています。

 味わいの方はと言えば、ラ・ターシュの持つ力強さは微塵も有りませんが、何分の幾つかの香しさと半分くらいのエレガンスを持っています。(これも..やば..)トータル的にとても纏まった素晴らしいピノ・ノアールです。グラモンのワインの中で最も高貴、上質かつ柔らかい..旨いワインなんです。ホント、美味しいですよ。

 グラスに注いで目の高さに持ってゆけば、新橋駅近くからビルに隠れつつ東京タワーが見えるように、ラ・ターシュが何となく見えるような..そんな感じでしょうか..。最も価格は数分の1から10分の1位ですので、少しでもピノ・ノアールの最高峰を覗いてみたい気持ちをなだめるには最高のワイン..と言えるでしょう。クロ・ド・ヴージョでも無く、グランゼシェゾーでも無く..やはり 頭文字に R が付く のは心惹かれますよね..。可憐な少女を思わせるそのアロマ、味わいを..何時の日にかお楽しみ下さい。実はとってもレアなワインです。
フランス■□ les Heritiers du Comte Lafon □■ブルゴーニュ
レ ゼリティエ デュ コント ラフォン
●ホントは飲んでからご紹介したかったんですが、何としても間に合いませんでした。そんな訳で何も書きませんが、ラフォンさんのマコンの中ではトップのキュヴェです。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印
2001Macon-Bussieres le Monsard
マコン=ビュッシエール ル・モンサール
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥3,200
 
【..】
ご存じですよね。有機栽培に取り組んでいる、ラフォンのマコン事業の一方の柱、「ル・モンサール」です。
フランス■□ Domaine Joseph Roty □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ジョセフ ロティ
●ジュヴレ=シャンベルタンの雄、ジョセフ&フィリップ・ロティ のリーズナブル・プライス帯ワインをご紹介します。

 すでにかなり前に入荷していましたが、固いだけで美味しくなかったのでそのままにしておきました。ようやく表情が出始め、美味しくなりましたのでオファーします。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
2000Bourgogne Rouge Cuvee de Pressonnier
ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・ド・プレソニエール


750ml ご注文数
¥2,100
 
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
2000Marsannay Rouge
マルサネ・ルージュ


750ml ご注文数
¥2,850
 
【ようやく..です】
 アミオ=セルヴィルの2000年ブルゴーニュのコラムでも書きましたが、固く閉じてしまっていた果実味・表情がようやく..出てきました。そろそろ美味しく飲めます。とは言え、濃度・凝縮度を味わうワインでは有りません。古典的な造りから、ブルゴーニュのピノ・ノアールが持つテロワールを汲み上げる力を味わうべきワインです。

 キュヴェ・ド・プレソニエール2000年
 プレソニエールはグランクリュ街道の東(下側)に有り、一時は全てが村名リューディとして存在していました。が現在は一部を除き、ACブルゴーニュとして認可されています。フランボワーズ、プラム、湿った土、鉄..。しっかりした酸味と釣り合う果実味。微細な表情が絶えず変化をしているエレガントなミディアムボディのバーガンディです。ブルゴーニュというと、こんな感じのイメージを持たれる方が多いと思います。

 マルサネ・ルージュ2000年
 マルサネは、ジュヴレ=シャンベルタンやフィサンのさらに北に位置するアペラシオンです。テロワール的にはジュヴレに近いものも有るのでしょうが、ボディが一回り小さく仕上がるように思います。その分、想像されるフルーツの大きさも小さくエレガントに感じます。そして一番近いフルーツは..アメリカン・チェリーでしょうか..。特に皮の当たりのニュアンスが似ているように思います。(当然、熟度で変化しますが..)

 プレソニエールに比較すれば、「ちりちり」と より多く太陽に当たっていただろう、と思わせる炒られたアロマ。フレーヴァーも比較多く感じられる。鉄っぽくも有り、ちょっとジュヴレ=シャンベルタンに近いイメージ..。ドライに仕上がっていて、徐々にその表情を変化させるフィネスが心地よい。

 という訳で、結構美味しくなってきました。しみじみしたブルゴーニュは、昨今なかなか無くなりましたが、ロティさんのこの当たりのキュヴェがそれに相当すると思います。これから暫くが旬です。是非お試し下さい。
フランス■□ Domaine Tollot-Beaut □■ブルゴーニュ
ドメーヌ トロ=ボー
●レアものです..
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1986Corton-Charlemagne Grand Cru
コルトン=シャルルマーニュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥15,500
 
完売しました。有り難うございました。
【..】
noisy は飲めなかったのですが、この86年のマグナムを飲んだ友人は..素晴らしい..と..絶句した..と言っていました。僅か0.24ha の畑から極少量のみ造られる希有なコルトン=シャルルマーニュです。1本のみ。
フランス■□ Domaine Meo-Camuzet □■ブルゴーニュ
ドメーヌ メオ=カミュゼ
●ドメーヌ・メオ=カミュゼのトップから2番目のワイン(3番目かな..)、2000年 クロ・ド・ヴージョが入荷しました。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
2000Clos de Vougeot Grand Cru
クロ・ド・ヴージョ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥14,900
 
【古典的に仕上がったと..思われます..】
 色々と言われ、騒がれていますが、まあ、良いじゃないですか。気楽に行きましょう..。色々と評価を眺めていると 90点くらいのものが多いですね。残念ながら noisy は飲んでいないので、何とも言えません。とても安いと..思いますがいかがでしょう。10年持ってて伸びてこなかったら..残念ですけど..。


2000 Domaine Meo Camuzet Clos Vougeot

($148) Good full ruby-red. Dark aromas of black cherry, violet and spices. Lovely sweetness and gentle intensity in the mouth; classic black cherry and licorice flavors are nicely framed by ripe acidity. Approachable right now owing to its lovely fruit and balance. Finishes subtle and persistent, with fine tannins. Very promising. 89-92 points
Avg. Retail Price: $164.99
Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Mar/Apr 02 より抜粋
フランス■□ Domaine Bernard Dugat-Py □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ベルナール デュガ=ピィ
●ジュヴレ=シャンベルタンで最も注目されている一人、デュガ=ピィ のAC ブルゴーニュです。
レアバナー This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
2001Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥4,300
 
【 軒並み凄い評価が付いているデュガ=ピィの2001年ですが..】
タンザーさんを見てもPKさんを見ても、溜息が出るような恋のバカンス..じゃなくて..評価の嵐です。特にグランクリュは凄いですね。
シャンベルタン PK 97〜100 タンザー 94〜97
シャルム=シャンベルタン PK 95〜97 タンザー 92〜95
マジ=シャンベルタン PK 93〜96 タンザー 92〜96

と言った感じで、それ以下のクラスも軒並みハイポイントです。最も、PK100点 もインフレ気味で、いつも言っているように「ブルゴーニュはタンザーさんの方が信頼性が高い」と思いますが..。

 そんな中で、やっぱり金欠病の noisy は、彼はACブルゴーニュでさえ手を抜かないので、やっぱり飲んでみたいワインのひとつですね。しかも、「テイスティング」でなく、しっかり喉を通したい..そしてそのスタイルを確かめたい..と思います。数の少ないデュガ=ピィのワイン..。ワイン屋としても生唾ごっくんです。
フランス■□ Chateau de Premeaux □■ブルゴーニュ
シャトー ド プレモー
●なかなかに素晴らしいオート=コートのピノ・ノアールが見つかりました。テイスティング会で目を付け、価格交渉を行っていたワインです。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
2001Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits Rouge
ブルゴーニュ・オート=コート・ド・ニュイ・ルージュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥2,100
 
【 殆ど知られていない造り手です】
「シャトー・ド・プレモーってボルドーなの?」
という質問も出てきそうですね。いえ、ブルゴーニュです。そもそも「プレモー」というのは、「ニュイ・サン=ジョルジュ」のアペラシオンを構成する村の一つです。素晴らしいフェヴレの「クロ・ド・ラ・マレシャル」や、ラルローの「クロ・ド・ラルロ」を有します。

 とは言え、プレモー村のワインでは有りません。その西側に位置するショー村当たりのものです(済みません、資料が有りません)

 さて、ところで、「オート=コート・ド・ニュイ」 ってアペラシオンを本当に理解しているでしょうか?ちょっと理屈っぽくなりますが少しばかりお付き合い下さい。
 A.C.ブルゴーニュとA.C.オート=コート・ド・ニュイ では、どちらがクラス上になるでしょうか?判りますか?

 答えは「オート=コート・ド・ニュイ」なんですね。もともと、ここで生産されるワインには「A.C.ブルゴーニュ」を名乗る資格があります。官能試験に合格して始めて、「オート=コート」を名乗れるわけです。

 また、「オート・コート・ド・ニュイ」の畑は、どこに有るのでしょう。判りますか?
「グランクリュの上(西)側」
という答えも有るでしょうね。でもそれでは20%位の正解率です。ちなみにモレ・サン=ドニ、ジュヴレ=シャンベルタンやそれより北の村には存在しません。シャンボール=ミュジニーから南のニュイ・サン=ジョルジュ当たりの、西側の村のアペラシオンなんです。ですから、シャンボール=ミュジニーのオート=コート・ド・ニュイ などと言うのは存在しません。(シャンボール=ミュジニーに本拠を置くドメーヌの造るオート=コート・ド・ニュイは有りますよ)お間違いなきよう...

 noisy のページで一生懸命お勉強されている方もいらっしゃいますので、とても僭越で申し訳ないのですが列挙させていただきますと、
「アルセナン」「ベヴィ」「ショー」「シェヴァンヌ」「コロンジュ=レ=ベヴィ」「キュルティル・ヴェルジー」「レタン=ヴェルジー」「マニィ=レ=ヴィレ」「マレ=レ=フュセ」「メサンジュ」「ムイエー」「ルール=ヴェルジー」「ヴィラール=フォンテーヌ」「ヴィレ・ラ・ファイエ」の村々のワインにその資格があります。ブルゴーニュの地図が有ると..見ていて面白いですよ。

 ちなみに、「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ」というアペラシオンも有りますが、こちらはフィサン(フィクサン)の周りとニュイ・サン=ジョルジュの南 に当てはめられます。とても都合の良いAOCで、異なる村のブレンドもので有ることが多いです。

 
 そんな所でワインの説明が遅くなってしまいました。2000年よりビオディナミに完全に切り替わっています。ファーストノーズでベリーのピュアな香りが感じられ、とても重量感があり比較パワフル、飲みごたえ充分です。とても自然な果実味がたっぷり感じられます。当然早いのですが、果実味の多さと酸とのバランスの良さで美味しく飲めてしまいます。今回ご紹介の「アミオ=セルヴィル」や「アラン・ビュルゲ」のブルゴーニュと比べてみてください。栽培が難しい後背地でしっかり熟させ、ニュイ・サン=ジョルジュに似た力強さ、土っぽさ、艶っぽさ、伸びやかさが有ります。有る意味でジュヴレのビュルゲ、シャンボールのアミオ、ニュイ・サンのプレモー、と言ったニュイの北から南までの違いを感じることが出来ると思います。おまけに、ジョリエのフィサンとロティのマルサネまで入ったら..完全に網羅してしまいますね。ご予算は約1万円ちょっと..。これは良いかもしれない!お奨めです。

 ちなみにビオディナミとは..
英語ではバイオダイナミックス。農薬・化学肥料を使用せず、土壌の力を取り戻し、月や太陽の影響を考慮しながら栽培する方法。
フランス■□ Domaine Joliet Pere et Fils □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ジョリエ ペール エ フェス
●ワイナート誌でも激賞された、ジョリエ・ペール・エ・フェスのモノポール「クロ・ド・ラ・ペリエール」..。重厚且つフレーヴァーたっぷりの98年でした。今年の頭にも少々ご紹介しましたが、公表の内に完売したワインです。グレートイヤーの99年をとてもリーズナブルな価格でご紹介。価格も殆ど変わっていません。余り本数がありませんので、お早めに..
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
1999Fixin 1er Cru Clos de la Perrieres
フィサン クロ・ド・ラ・ペリエール
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥2,550
 
【ニュートラルなフレーヴァーがたっぷり..。美味しい1級畑です..】
 98年のこのワインのバランスは、たっぷりとしたフレーヴァーと重厚さが、むしろこのワインを判りにくくしていたと思いますが、99年はとってもニュートラル..。無理をせずに凝縮したワインに仕上がったなあ..と感じられる素晴らしい出来映えです。
 思い起こせば97年の時もそうでしたが、リリース直後の余りの美味しさに、寿命を心配するほどでしたが、この99年も同じような印象を受けます。素直に美味しいんですね。勿論のこと、これからまだまだ成長してゆくと思いますよ。肉厚さと滑らかさが嬉しいですね。スパイス香はこれからのジビエにはぴったり..。(なかなか自宅では..むずかしいですけど)

 この1級畑 クロ・ド・ラ・ペリエール は、フィサン村の南側に位置し、ブロション村を挟みジュヴレ=シャンベルタン村へと南下して繋がっています。殆どテロワールはジュヴレ=シャンベルタンと同様と言われています。ちなみに、この間の「ブロション村」のワインは単独のアペラシオンを持っていないので、「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ」格になります。(もっと因んでしまいますと、フィサンの村名ワインはコート・ド・ニュイ・ヴィラージュを名乗ることも可能です..。)

 味わいとアペラシオンの格(1級)の割に、とっても安いので、完売必至でしょう..。お早めにGETしてください..
フランス■□ Domaine Francois Mikulski □■ブルゴーニュ
ドメーヌ フランソワ ミクルスキー
●ミクルスキーさんの「さっぱりで後を引く青林檎系アリゴテ」が少々入荷しました。これも結構好きなんです。さくっと無くなると思いますので、お早めに..。あっ、そうそう、下記の「アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール」のアリゴテも、是非一緒にお試し下さい。かなり..違いますよ。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
2001Bourgogne Aligote
ブルゴーニュ・アリゴテ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,350
 
【好きなんですよ。noisy が..】
結構こんなん好きなんです..(^.^ 何げに、この酸がちょっと強めなのが良いですね。ほんのりと青林檎の香りとミネラル..後を引く酸、余韻..。ワインが美味しいとか、美味しくないとか..そう言うのとは別次元の何気ない味わい..。濃いだ、薄いだ、PK何点だ、というのに疲れた体にしっとり馴染む田舎の、ほんのちょっと洗練されたアリゴテが..良いんです!

 下記のド・ムールのアリゴテとは、全く違うアリゴテですので、そのスタイルの違いをお試し下さい。ワイナート誌で取り上げられてからというもの、一気に火がついた感のあるドメーヌです。
フランス■□ Domaine Alice et Olivier de Moor □■ブルゴーニュ
ドメーヌ アリス エ オリヴィエ ド ムー
●素晴らしい ビオ系「アリゴテ」を見つけました..。こういうのも良いですね..。是非とも「ミクルスキー」と比較してくださいね。こちらはブルゴーニュと言っても「シャブリ」の造り手です。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
2002 A Ligoter Bourgogne Aligote
ア・リゴテ ブルゴーニュ・アリゴテ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,590
 
【まっこと、ピュア ..そのものです。母なる大地よりの大いなる地酒!】
美しいですね、輝いてますね、自然ですね..。良いです..。
新しいヴィンテージですので、飲むには少し若いのは当たり前ですが、とにかく飲んでいただきましょう。その「ピュア」と言う言葉の意味が、よく判ると思います。

 ところで、全く冗談みたいな名前を付けられています。Ligoter とは、「束縛する」という意味で、エチケットもワイングラスの脚を縄でくくりつけて引っ張っています。また、その下には、
Tirage de Printemps (ティラージュ・ドゥ・プランタン)
と書かれています。
ティラージュ とは 引っ張ること、 プランタン とは 春・青春・若さ と言う意味で、すなわち、
若さの引っ張り、と言うことでしょうか?それに束縛することが加わりますので、
「若さ故の思いこみが束縛する」
というような事でしょうか?難しくてよく判りませんが、とても重い意味深な言葉ですね。この当たりがワインに現れていると思いますよ。


 香りは、「濃縮還元リンゴジュースをより自然にした」感じの林檎..(ん〜、良くわかんない..!)と、しっかり溶け込んだ膨大なミネラル..。
「これは酒なんだろうか?」
と、思わせるほど、何のひっかかりもなく「すとん」と胃に落ちてゆく..。しばらくするとミネラルのニュアンスが鼻に戻ってくる..。そして飲むほどにその自然さ、ピュアさを教えられ、少しずつ表現してくる..と思ったが、本当は最初からしっかり表現していたのだ、と言うことに後で気が付く..。

 いや、良いですね..。当然時間と共に酸化してゆくんでしょうが、それに気にならないほど..水のように飲める「水口」のワインです。ミクルスキーさんのアリゴテと比較してみてください。想像される林檎の色は、何色をしていますか?液体はノンフィルターのため濁っていますが、澱を落としても良し、そのまま飲んでも良し..。自然がワインを育んでいることを教えてくれる大いなる地酒です。お奨めです!

注:抜栓後、2日以上経ちますと色が褐色に変化して行きますが、酸化防止剤を使用していないためです。
フランス■□ Landron □■ロワール
ランドロン
●合田さんに紹介して貰ったビオディナミのワインです。品種は..何と「ムロン・ド・ブルゴーニュ」なんです!(そんなん言うなぁ..)無論、「ムスカデ」の品種ですよね。「MELONIX」って、「メロン」みたいですよね。それでいいんです。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印
N.V.Melonix Vin de Table de France
ムローニ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,790
 
【何しろテーブル・ワインになってしまったので2002年産ですがヴィンテージ表記なしです..】
どうやら最低アルコール度に達しなかったようで..ムスカデとも名乗れない状況に有ったようです。普通は補糖して補酸して..ぐっちゃぐちゃにしてワインにしてしまいますが、そこはあくまで「自然派」の造り手、きっちりしてます。そのまま、最低クラスのヴァン・ド・ターブル・ド・フランスで出しています。「偉い!」

 この造り手のムスカデは、かの「タイユバン」でもオン・リストされています。定評の有る造り手です。味わいは、通常のムスカデ・シュル・リーを想像していると..全く違うものです。香りは、まさに「ムロン」..。すいか〜メロンです。若干青みを感じるものから段々と熟れて行きます。その想像させるフルーツの大きさは、味わいの構成とも一致し、見事な輪郭を描きます。自然で厚みの有る果実味、リッチな舌触りが嬉しいですね。美味しいムロン・ド・ブルゴーニュです。お奨めです。

注:抜栓後、2日以上経ちますと色が褐色に変化して行きますが、酸化防止剤を使用していないためです。
フランス■□ Domaine Francois Lamarche □■ブルゴーニュ
ドメーヌ フランソワ ラマルシュ
●珍しいものが入手できました。かの「ラ・グランド・リュ」を所有するドメーヌ・フランソワ・ラマルシュの、ずば抜けた当たり年の「マール」です。最近、蔵からリリースされたもののようで、とても綺麗です。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 レアバナー
1969Marc de Bourgogne
マール ド ブルゴーニュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥6,900
 
【グレートイヤーのカス取りブランデー..です】
60年代以前はドメーヌシステムも現在のようには機能せず、かなりのワインがネゴシアンを通して瓶詰めされていました。70年代に入ってワイン法も定まり、ドメーヌシステムも動き始めましたが、その頃からラマルシュは、最高の評価を得ていた「ラ・グランド・リュ」が落ちこぼれ組に入るような造りしか出来なくなってしまいました。が、名声の名残が有る頃のグレートイヤー、1969年の「マール」です。

 蒸留酒まではなかなか手(口)の回らない noisy ですので細かなコメントは出来ませんが、ゆっくりと過ごせる休日に、遠きフランスの大地や遠き日の1969年に思いを馳せながら、大きめのグラスで暖め、ちびちびやったら、これはもう最高でしょう。しかも、
「今飲んでるのはおそらくラ・ターシュに近い当たりの葡萄から出来てるような香りがする」
とか、
「お、なんとなくロマネ=コンティの近くに寄って来たか..」
などと大いなる妄想に耽るのは、ピノ・ラヴァーにとって本当に素晴らしい時間..と言えるでしょう。最も、「ラ・グランド・リュの葡萄カスだけで造ってます」とは、どこにも書いていませんので..。妄想に耽るのは勝手ですが、責任は負いかねますので..はい。
フランス■□ Domaine du Clos de Tart □■ブルゴーニュ
ドメーヌ デュ クロ ド タール
●何屋さんのページなのか、よく判らない状況ですね。今度はモレ・サン=ドニのテート・ド・クリュ、クロ・ド・タールのマールです。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印
N.V.Marc de Bourgogne
マール・ド・ブルゴーニュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥8,900
 
【ベタンのル・クラッスメンでは、スティル・ワインがついに最高評価の3星に登りつめました.. 】
来ましたよ〜..。孤高の単独所有グランクリュ、クロ・ド・タールが3星になってしまいました。価格が暴騰しなければ良いなあ、と思っていますが、このところ99年クロ・ド・タールの引き合いが強く、在庫も少々になっています。厳しいです..。

 そんな折り、これも珍しいクロ・ド・タールのマール(カス取りブランデー)が少々手に入りました。ノンヴィンテージなのですが、見た感じが何となく古そうに見えるんですよね..。上部の蝋もちょっと割れたりしていて、色合いも濃いめに見えます。ただし古いという保証は何にも有りませんので、ご注意下さいね。これがDRCなら..4〜5倍もするんですから..。世の中不思議ですね。
フランス■□ Domaine Gauby □■リューション
ドメーヌ ゴビー
●完全ビオディナミによる白ワインです。ラ・ムンタダも凄いが、noisy は「クーム・ジネステ」を筆頭とする白ワインに注目しています。レストランのお食事もこれ一本できっと満足して通せるでしょう。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
2001Vin de Pays des Cotes Catalanes Blanc Vieilles Vignes
ヴァン・ド・ペイ・デ・コート・カタラン・ブラン・ヴィイエユ・ヴィーニュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥3,980
 
【フランス南部の欠点など全く見あたりません。ボーヌの高級白ワインと同列に扱うべき品質!】
グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・グリ、ヴィオニエ のセパージュだそうです。グルナッシュ・グリっていうのは見たこと無いし..よく判りません..(^^;; ロゼなんかも造るはずですので..色つきでしょうか?

 いずれにせよ、ゴビーの白は素晴らしい!赤も良いが、ちょっとテイスティングしただけではフランス南部ということに、殆どの人が気が付かないはずです。

 膨大なミネラルと気品に溢れる液体..。漏れ出す香りには、熟れすぎたり未熟だったり、高級ワインに似合わないニュアンスなど微塵も無い。白や黄色、ほんのり青みがかったフルーツのオンパレード!「端正な」という言葉が最も似つかわしい、南部には考えられない冷涼感の有る高級白ワイン。

 本当に美味しいです。皆さんもご存じでしょうから多くは言いませんが、もし未経験でしたら是非とも初体験してください。ビオディナミでありながらビオビオせず、リッチさとエレガンスを両立している素晴らしい白ワインです。お奨めです。



やばい..脱線中..!
 まあ、ビオも色々飲んでいるのですが、飲んでビオと簡単に気が付くようではビオでは無い..などと訳の分からないことを考えつつ..ある種のえげつなさをビオと感じているなら、それは技術の欠如・経験の不足では無いかと..もっともボトリングした直後と有る程度時間が経ってからでは印象は違うとは思いますが..いずれにしても美味しいものは最初からその将来像は予測は付けやすい..素晴らしいワインだと感じる前にビオだと感じてしまえばそれはきっと大したことはないものかもしれない..
フランス■□ Chateau de Beaucastel □■ローヌ
シャトー ド ボーカステル
●オークション・アイテム(ネット・オークションではなく..)としても定番であるシャトー・ド・ボーカステルのシャトーヌッフ・デュ・パプを含むワインをご紹介します。
This is my type! 良いものは良い印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2000Cotes du Rhone Blanc Perrin Reserve
コート・デュ・ローヌ・ブラン ペラン・レゼルヴ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,390
 
【リアルワインガイド第2号の2000年評価はどちらも 今飲んで 90 ポテンシャル 91!】
グルナッシュ・ブラン50%、ブール・ブーラン20%、マルサンヌ10%、ルーサンヌ10%、ヴィオニエ10%のセパージュから造られる、ローヌの白ワインです。重さを感じない軽量級ですが、白や黄色、若干薄ピンクの花や果実のニュアンスの有るバランスに優れた味わいです。

 「滅茶苦茶旨い」とお奨めするワインではなく、リーズナブルで、しかもテロワールを生かしたクオリティが感じられる、というところにポイントが有ります。特筆すべきはそのブレンドの妙です。特に酸度のレベルに問題が出てくるローヌの白の場合、どのキュヴェをどの位の比率でセパージュするか、もしくは、いつ葡萄を摘むかを、計算しながらのワイン設計になります。

 さすがにボーカステルの技術はこの当たりのワインにも生かされ、絶妙とも言える味わいを出しています。デイリーにはもってこいのプライスですので、例えば単一品種のミクルスキー・アリゴテやド・ムールのアリゴテ、ド・グラモンのシャルドネと比較してみてください。何層にか感じる味わい・香りの積み重ねが感じられることでしょう。

This is my type! 良いものは良い印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 
1999Chateauneuf du Pape
シャトーヌッフ デュ パプ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥5,800
 
【素晴らしい!予想を超える仕上がりです.】
最近の noisy の新着を自分なりに振り返ると..
・ アドヴォケイトなどの評価を持ち出し、問題点を暴く
・ noisyなりの評価を 掲載して、アドヴォケイトなどをやり玉に挙げる
傾向が有り、何となくそれを愉しんでみているメンバーさんが多いのを感じているので、止めようと思ってもなかなか止められない..という循環になっています。正解の無いパズルを無理矢理 正論にみえる答えで通してしまっているようで、余り精神的には良くないものです。

 とは言え、やはり自分の思ったことはストレートに言ってしまう性格から、また散々ポイント付けをするようになってしまった環境からか、「無理を通しているような」ことでも、段々と慣れてきてしまって、次の題材を必死になって考えているのも事実です。
 時間に追われる状態の中でも、またその題材を見つけてしまったことは、もしかする不幸なことかもしれませんね。

 早速飲んでみました。もろ紫の水彩絵の具に黒をずいぶん足したような光を通さない色合いから濃厚でややドライ、カシスリキュールにベルベッティなタンニン..エレガンスは相当に感じました。圧倒的な濃厚さと口中を覆い尽くされた被征服感..これは凄いです。

 一般に98年の方がポイントは高く、またスペシャル・キュヴェのオマージュが有りますので、ポイントは低く成りがちです。偽り無く判断するならば、ポテンシャルで93〜95程は感じられます。面白いことにアドヴォケイト誌は2000年の記事の中で(91−95)と判断しながら、翌年には91点と前年幅の最低点を選択しました。

 noisyは最近のテイスティングですので同列には語れないとしても、ポテンシャルは変わらないはずであれば、2001年のアドヴォケイト誌の評価には問題が有ると感じています。

 99年のオマージュは96点ですが、やはり2000年のアドヴォケイトで(96−100)を選択しながら、翌年には96点で落ち着いています。2000年の試飲がサンプルからのものであることを考えると仕方がないのかもしれませんが、飲んだ限りにおいては、
99年のノーマル・シャトーヌッフが91点というのは全く考えられず、評価基準のズレを指摘せざるを得ません。単にオマージュの採点結果をノーマルに持ち込んだ、としか考えられないのです。

 いずれにせよ、素晴らしいシャトーヌッフであることは間違い有りません。PKポイント90〜92の安いシャトーヌッフと是非とも比較してみてください。例えば noisy も散々販売させていただきました Ferrand(フェラン) の2000年は、なんと 92点 ですよ..。もし、まだ保存している方がいらしたら比較してみていただければよく判ると思います。おそらく100%に近い方が ボーカステルに軍配を揚げるに違い有りません。

 98年の偉大なシャトーヌッフの陰に追いやられた感の有る、実はとてもポテンシャルがあり、アピール度に優れたワインです。しかも今回は、業界最安値を狙って価格を出しました。素晴らしいワインです。

1999 Chateau Beaucastel Chateauneuf du Pape
Chateauneuf du Pape, Southern Rhone, Rhone, France
Proprietary Blend (a dry red table wine)



The prodigious 1999 Beaucastel boasts aromas of blackberry fruit intermixed with cassis, licorice, roasted meats, leather, and truffles. While it does not possess much fat or precociousness, it displays definition and elegance. This is a full-bodied, concentrated, classic Beaucastel. Anticipated maturity: 2007-2025.
Reviewer Robert Parker
Rating   91 Points
Maturity  Drink 2007-2025
Cost    $50
Wine Advocate #131 (Dec 2001)より抜粋

1999 Chateau Beaucastel Chateauneuf du Pape
Chateauneuf du Pape, Southern Rhone, Rhone, France
Proprietary Blend (a dry red table wine)



The 1999 Beaucastel Chateauneuf du Pape is a profoundly rich, concentrated, classic vin de garde. Made from 30% Grenache, 30% Mourvedre, 10% Syrah, 10% Counoise, and the remainder a blend of other varietals, it is one of the blackest, most opaque-colored Beaucastels of the last decade. The bouquet offers aromas of licorice, roasted meats, black cherry and blackberry fruit, and a truffle-like earthy note. Broodingly backward, formidably endowed, powerful, and extremely tannic, it will require 8-10 years of cellaring, and should age effortlessly for three decades or more.

Reviewer Robert Parker
Rating   (91-95) Points
Maturity  Drink Drink 2008-2030
Cost    
Wine Advocate #131 (Dec 2000)より抜粋
フランス■□ Chateau Lynch-Bages □■ボルドー
シャトー ランシュ=バージュ
●ボルドーの2000年はご存じの通りビッグイヤーと成り、高値の花に成りつつあります。カロン=セギュールもとんでも無い価格になってしまい、もう手が出ません..。

 そんな時ですが、ランシュ=バージュの2000年が安く手に入りましたのでご案内いたします。是非一度..いや、数度、ボルドーの代表格ポイヤックの成長を確かめるのには最高のアイテムだと思います。なにゆえにグレートなのか、そのワインがどのように成長するのか、自身の手で、セラーで貯蔵して確認下さい。今ならまだ安いです。
This is my type! 良いものは良い印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 
2000Chateau Lynch-Bages
シャトー・ランシュ=バージュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥7,800
 
【史上最高のランシュ=バージュ!】
ランシュ・バージュの紹介はいつも決まってこうだ。「格付け5級だが実力は2級クラス」。しかし品質向上は80年代。そして90年あたりで止まってその後はイマイチと思うのだが、その時喧伝された言い回しが世紀をまたいで使われている。もっと言えば、格付けというヒエラルキーの我々消費者側における必然性を現在あまり感じない。おっといけない、また長くなる。と言いつつこのワインは実に良い出来。凝縮している。各要素は大きく、波状なくまとまった粒立ち感がいい。徳丸真人(03年04月試飲)
今飲んで 91 ポテンシャル93 飲み頃予想 2007〜2030
寿スタジオ リアルワインガイド第3号より抜粋

 いきなり徳さんのレヴューから始まるなんて、もし読んでいたら何を言われるか解りません..(^.^;; 手抜きはいけませんよ..ね..判ってるんですよ..。

 とにかく、厳しい評点で知られるRWG がポテンシャル点で93ポイントもつけてるんだからお奨めです。(おいおい..)しかも**さんで*、***円がこの価格だからお奨めです..(だから〜..)

 真面目に行きましょう。グレートイヤーのお買い得ワイン、というのは、その時は気が付かないものです。例えば1990年のボルドーで、ハイポイントが付いたお買い得ワインなど、ほんの短い期間で無くなってしまいました。その時に買おうか買うまいか、迷っていた人は、間違いなく買えなかったと思います。はっきり言ってnoisy もそうです。もともとそんなに高くなかった90年が価格上昇を始め、あれよあれよと言う間に手が出ない状態になってしまいました。いつか下がるだろう..と思いながら待っていたわけですが、結局は買えず仕舞いです。

 PKさんのアドヴォケイトでは、1961年、1989年に続き、95ポイントを獲得した最高評価の2000年です。こんな高評価ワインの成長を見守れる良いチャンスである..と言えると思います。なかなかこんなチャンスは巡っては来ないでしょう。ちなみに話は脱線しますが、75年のランシュ=バージュはPK86点に過ぎませんが、もし再評価したら、おそらく..
「私はこのワインを過小評価していた..」
と、言ってくれると思います。
「第2級に格上げされるべきである」
とは、かのPKさんの言葉だったのですが、PKさんのランシュ=バージュの評価こそ、第2級同等に相応しいものに格上げされるべきである..と宣いたいと..思います。さらには、どうにも雑さの拭えない V.d.P. に90点も付けてる場合じゃない..と..はい..。安いです..お奨めです。


2000 Lynch Bages
Pauillac, Bordeaux, France
Bordeaux Blend (a dry red table wine)



An utterly profound Lynch-Bages, this wine continues to remind me of a hypothetical blend of the 1990 and 1989. Interestingly, when I asked Jean-Michel Cazes to rank his top four vintages of Lynch-Bages, he ranked the 1989 first, followed by three vintages that he said were essentially equivalent in quality - 1990, 1996, and 2000. The 2000 Lynch-Bages exhibits a dense purple color, loads of glycerin and extract, big, muscular, sweet creme de cassis notes, with hints of new saddle leather, earth, and tobacco leaf. The 2000 is forceful yet plush, with a thick, juicy, succulent mid-palate, ripe tannin, and a long, layered finish. I know it will be tempting to pull corks on this wine in its youth, but it really will not hit its stride for 7-10 years and will last for at least 25. Anticipated maturity: 2008-2025.

Reviewer Robert Parker
Rating   95 Points
Maturity  Drink 2008-2025
Cost    $85
Wine Advocate #145 (Apr 2003)より抜粋

スペイン■□ Bodegas Irache □■ナヴァーラ
ボデガス イラーチェ
●今回はスペインから4アイテムのご紹介ですが、伝統有るボレガス・イラーチェの、約40年もの..のご紹介です。
This is my type! 良いものは良い印 美味しい印
1964Real Irache Gran Reserva Navarra D.O.
レアル・イラーチェ グラン・レゼルヴァ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥7,200
 
【 ..】
テンプラニーニョ種によるグラン・レゼルヴァです。長くリオハには及ばないものの、それに次ぐ実力が有ると言われてきました。来年は40歳..。バースデイヴィンテージとしていかがでしょうか..。未テイスティングです。

スペイン■□ Alvaro Palacios □■プリオラート
アルヴァロ パラシオス
●お待たせしました..。かのレルミタを醸すアルヴァロ・パラシオスの 3rd 的存在の「レス・テラセス」のご紹介です。1999年の 「レス・テラセス」は、お飲みになった方はご存じでしょう。素性の良さを生かしたブレンドの妙、技術を感じられたと思います。2000年も見事にそれを継承しています。
This is my type! 良いものは良い印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2000Les Terrasses
レス・テラセス
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥2,250
 
【美味しいですね ..ブレンドの技術と感性が造るプリオラートの粋!】
おそらくこの味わいが嫌いだ、と言う方は、とても少ないと思います。しかし、このワインはプリオラートに広がる90もの畑からのブドウをブレンドして造られていることを想像できる方はいないでしょう。しかも、その畑は全てオーナーが違うそうです。びっくり仰天の事実です。

 一般に葡萄は暖かい状況に置かれ、少しでも傷があると発酵し始めてしまいます。そのために、何とか冷却しながら傷を付けないように、もしくは気温が下がっているときに収穫・運搬します。が、プリオラートの丘陵地帯で畑が方々に分散していると、とても難しいことになります。そのために、葡萄冷却用のコンディショナー付きトラックを開発した..と言われています。

 強い凝縮感はブラックフルーツを連想させ、トースト、バニラ、ミネラル、チョコレート..きっちりとした輪郭を見せながら口中をリッチに満たす。尖った部分のないとてもスムーズな拡がりだ。そして綺麗に減衰してゆく..。

 抜栓のタイミングによっては印象が違うことを確認しています。ゆっくり休めた後では、どっしりしていながら開きも早いが、移動直後は固くなり小さく纏まって感じられるようになってしまいます。おそらくノンフィルターの為だと思いますので、揺らした直後でも美味しく飲めますが、出来れば2〜3日立てて休ませてからお召し上がり下さい。他のスペインワインと比較も楽しいと思います。お奨めです。
(ガルナッチャ40%、カリニェナノ40%、カベルネ20%)
スペイン■□ Artazuri □■ナヴァーラ
アルタズーリ
●今度もスペインです。伝統的な産地である「ナヴァーラ」の「ガルナッチャ」100%使用したワインです。
良いものは良い印 是非チェックしてね印 This is my type! レアバナー
2001Artazuri Tinto Garnacha
アルタズーリ ティント ガルナッチャ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,990
 
【PKさんはなんと..92ポイント付けました。 】
いや〜..どうなんでしょうねぇ..。あんまりにも付けすぎじゃないの!というのが noisy だけじゃないと思いますが、簡単にハイポイントを連発するのは良くないと感じています。特にPKさんの影響力は強いので、90点を超えてきますと、いきなり価格が上昇してしまいます。このワインも、当初は10ドル位だったようです。

 ガルナッチャというのは、フランスで言う「グルナッシュ」です。ローヌの赤ワイン品種ですね。程良い冷涼感がワインから伝わっていますので、ローヌほど強い日照は無いもの..と思います。飲んでみると、程良い凝縮感とローヌの北のコート・ロティ的温度感。(そんなこと言われたって解らない..との声にお答えして..。簡単に言うと南ローヌ当たりならもっと強く暖かみを感じるはず..もしくはブルゴーニュまで行けばもっと冷涼感を感じる。その中間的な位置・緯度の温度..と言うことです。難しくて済みません)
 まあ、めちゃくちゃ濃いグルナッシュでは無く、少し北に持っていったかな...という感じで、エレガンスを内包しているのが嬉しいところですね。(noisy なら、このエレガンスが有るところがポイントになりますが、PKさんが、そこに注目するはずもなく..)

 旨みを含む酸と果実味のバランスがとても良く、余韻も長い。スパイスもローヌのものでは無く、鉄っぽさやベリーのジャミーな感じから、むしろジュヴレ=シャンベルタンの良い年..みたいなイメージです。とっても美味しいワインですね。

 とは言え、noisy なら 92点も付けることは有りません。今飲んで89、ポテンシャル90と言うところでしょう。飲み頃は今〜2007年まで..。なかなかに美味しいワインですので..お奨めいたします。


2001 Artazuri Garnacha
Artazuri
Navarra, Spain
Grenache (a dry red table wine)


This 3,000-case cuvee must be tasted to be believed. It tastes like a $35-50 bottle of wine. This is Juan-Carlos Lopez de la Calle’s (Artadi’s winemaker) project in the northern cool zone of the Navarra viticultural area. Made from 75-year old Grenache vines, and aged in both tank and old wood foudres, this dark ruby/purple-colored effort is a Grenache whore. Sumptuous and opulent, with gorgeously perfumed aromas of strawberries, blackberries, and cherries, tremendous purity of fruit, a medium to full-bodied texture, and a finish that remains light on its feet, it is a Spanish Chateauneuf du Pape. An amazing achievement ... bravo!


Reviewer Robert Parker
Rating   92 Points
Maturity  Drink 2005-2014
Cost    
Wine Advocate #147 (Jun 2003)より抜粋

スペイン■□ Bajos □■トロ
バホス
●NOISY'S の定番でありながら、NET では 全くと言って良いほど動かないのに、地元の食店さんでは圧倒的人気と信頼を得ているスペインのワイン..。それが実はこの 「バホス」なんですね。ホントにネットでは、もしかすると1本も送っていないかも..しれません。

 では何故今更紹介する気になったか..と申しますと、
「次回入荷より大幅値上げ」
を通告されたからなんです。実際、前回の値上げの時もNOISY'S の販売価格には、余り転化していませんでした。価格が決まっている食店さん向けは仕方がないことでも有ります。が、さすがに今後は厳しいだろう..ということで、最後のご奉仕..というか、お披露目です。
良いものは良い印 是非チェックしてね印 This is my type! 若くても飲めちゃう印
1998Bajos Crianza Tinta de Toro
バホス・クリアンサ ティンタ・デ・トロ
ちょっと頑張ってお奨め!


ちょっと頑張ってお奨め!
750ml ご注文数
¥1,550
 
【 なかなか無い..全てにおいてバランスの良いワインです】
 グラスワインで使用しても2〜3日はバランスが崩れず、むしろ味わい深くなって行く、勿論開けた時も美味しいワインは、食店さんにとっても必需品です。このワインを切らすと、代替品が無いのでとても困ってました..。

 一時同じスペインの「カーサ・デ・ラ・エルミータ」というワインのコストパフォーマンスが高く、noisy もかなりお奨めしていましたが、ヴィンテージ変更になったら、
「...若すぎる..」
という結果になってしまったため、こちらも駄目になりました。最も、在庫は有るのですが、お披露目したいような状況になっていません。

 ティンタ・デ・トロ(テンプラニーニョ)100%のこのワインは、強すぎない凝縮感がエレガンスを感じさせ、時間とともに変化を教えてくれるバランスの良いワインです。この、強いながらもくどくない凝縮感と、そこから伸びてゆくかどうか..が良いワインの分かれ道でしょう。単に濃いだけですと、なかなかマリアージュ的に困りますし、途中で飲み飽きてしまいます。
「美味しかった〜」
と言いながらも、
「次はシャンパン飲みたいな..」
などと思うのは、そんなパターンにはまっているからでしょう。最後まで通せる、美味しいデイリーワインです。
Real Wine Guide 第3号
「遅いぞ〜!」の怒号の中、ようやく出来ました..


税別 \1,429 -
1冊
¥1,429
本体¥1,429
+消費税
(¥71)
ご注文数
 
リアルな視点と本音で綴る、ワインガイド。
特集
3,000円以下の本当においしいワイン
'00 ブルゴーニュ、'00 ボルドーをはじめとしたテイスティングレヴュー

【 09/17、ようやっと届きました..】
お待たせしました。第3号が到着です。紙面も一段と見やすく、内容も充実しています。是非とも読んでみてくださいね。第3号の noisy のレヴューは、「ちょっと固過ぎ..」というもっぱらの評判..。「固い」というのはこれから開くのか、このまま落ちていってしまうのか..。ポテンシャルがバッチリ有れば充分持ち将来いつか花開くが、無ければこのまんま、行ったきり、もとい、言ったきり、言いっぱなし..などということになるのかもしれませんね..。文才無いからなあ..(T.T)
過去ログ 2002年第1弾 2002年第2弾 2002年第3弾 2002年第4弾
2002年第5弾 2002年第6弾 2002年第7弾 2002年第8弾 2002年第9弾
2002年第10弾 2002年第11弾 2002年第12弾 2002年第13弾
2002年第14弾 2002年第15弾 2002年第16弾 2002年17弾
2002年第18弾 2002年第19弾
2003年第1弾 2003年第2弾 2003年第3弾 2003年第4弾 2003年第5弾
2003年第6弾 2003年第7弾 2003年第8弾 2003年第9弾 2003年第10弾
2003年第11弾
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy