Last Update 2003/08/11
新着情報メールサービス2003年第9弾 Ver1.01
このページはNOISY'S WINE SELECTS 新着情報メールサービス メンバー様向け期間限定ページです。メンバー登録をされていない方は、大変申し訳有りませんがご注文下さっても販売できません。インデックスページより「新着情報メールサービス」のページに入り、メンバー登録をされた上でご注文をお願いいたします。

以下のことにご注意下さいませ...
1.ご注文数にご希望の本数を入れてから「買い物かごへ」をクリックしてください。
2.一度「買い物かごへ」をクリックしてから再度このページからご注文を追加される場合には、「クリア」を一度押してください。押さない場合には、前に選択したワインの本数が加算されてしまいます。
3.在庫の本数をチェックしていますが、「受注メール」はまだ確定では有りません。noisy から「お見積書」が届くまでお待ち下さいませ..
4.文字が大きくて見づらい場合には「インターネットエクスプローラー」をご使用の場合、「表示」−「文字のサイズ」で文字の大きさを「最小」もしくは「小」に調整してください。
5.ご注文後(受注メール自動発信後)のキャンセルが無いようにご注意下さい。ご注文数をカウントしていますので、後のお客様にご迷惑が掛かってしまいます。
6.いかなる場合でも未成年者にお酒は売りません。
7.送料に付きましてはこちらをご覧下さい。(クリックしてください)
行き届かない点など御座いました場合にはお許し下さい。
なお、「ご注文出来ない」場合は「完売」だと思います。お許し下さい。
一押しワインシリーズ..
今回も粒ぞろいです
こんなバナーにご注意!\(^.^/
レアバナー       基本的に手に入れづらいもの
熟成バナー         熟成している証
デイリーワインバナー       デイリーワインにお奨め印
これなら納得!バナー       価格/味に納得印
This is my type!     noisyの好きなタイプ(必要ないか
良いものは良い印       名前も売れてるがワインも良い印
若くても飲めちゃう印       若いのに飲めちゃう印
飲まないで仕舞っておいてね印       飲まないでセラー直行
一押し印  そう沢山は付かない一押し印!
是非チェックしてね印        興味のない人も一応チェック
美味しい印       殆どの人が美味しいはず印
       良くわかんないぞ..
   エチケットの汚れやキズなど
読んで字のごとし..

2000 Monthelie / Jean Garaudet


1982 Pernand-Vergelesses en Caradeux Blanc / Marius Delarche


1997 Riesling Altenberg de Berghaim V.V. / Lorents


1999 Ramitello Rosso / Di Majo Norante
お奨め..です

1998 Corton-Charlemagne / Faiveley



2000 Corton-Renardes V.V. Reserve
/ Marius Delarche

次号発行まで有効です。

2003/08/13(水)より発送

開始いたします。

翌日到着地域2003/08/14(木)

が、集中してしまった場合にはご希望に添えない場合も有りますので、
若干余裕を見てご注文くださいね。
Noisy Rating について
 飲んだワインに自分なりのポイントを付けている場合があります。PKさんの100点法に準じています。ただし、あくまで私的なものですので、noisy がどう思ったか、感じたか、というのみで、余り深く考えないでくださいね。嘘でも高いポイントは付けませんが、低いポイントも有るかもしれません。正直に付けますので何かの足しにしてください。
 なお、飲み頃は2004〜2010 のように成っていますが、それ以外は駄目、ということでは有りません。一番良い期間はこの当たりになるだろう、という予測です。最初の年は、そう大きくは外れないでしょうが、先行きは難しいものです。20年経ってから、「あの時は確か10年間で飲めって言ってたよね..」なんて言わないでくださいね。

 ← マウスを当てると 飲み頃期間
      ↑ ↑
 今飲んで  ピーク時
79以下  買いません、売りませんので「バナー」を用意してない..
80〜84  お奨めです..人によりかなり好きな方もいるでしょうね
85〜89  これは絶対お奨め.. まず外さないと思います
90〜94  凄いです..傑出格ですね
95〜100 化けものです..人間業では有りません..
在庫の確認はここをクリックしてくださいね。こちらからもご注文いただけます。
□■ さいたまワインフォーラム2003 ■□
●すでにホームページでは掲載していますが、新着メンバーの方にも改めてご案内申し上げます。昨年も大きな反響を戴きました「さいたまワインフォーラム」が第2回を迎え、装い新たに開催されます。

 社団法人日本ソムリエ協会とSWCの共催になります。内容は第1部でセミナー、第2部でパーティーです。内容は下記をご覧下さい。
さいたまワインフォーラム2003 (第2回)

1枚
¥6,500
ご注文数
 
【あなたも noisy に 会える!パーティーで会いましょう!】
「 noisy と会ったところで別に嬉しくも無いし〜」
等と寂しいことは言わずに、お暇なら来てよね..(^.^ noisy もパーティーにはソムリエ並みのテクニックでワインを注ぎます。(おそらく たらたら ワインを漏らしながら おたおた やっているのが noisy だと..思ってください..最近ちょっと太ったしなぁ..イメージ壊したくないなぁ..でもそんなモンもともと無いか..)

 200名規模の集まりで、午前中は「ワインアドバイザー選手権西関東予選が行われます。(これは取りあえず関係有りません)1部は講習会です。トゥールダルジャンの情野さんが講師です。2部はカジュアルパーティーです。がんがん飲んでください。一部のワインは有料になりますが、あのイタリアの*****とかスペインの****というハイポイントワインも出品予定!(こちらは有料..) noisy も隠しワインを持ち込むかもしれません。何にしようかな..。

 まだ出品のワインは全ては決まってはいませんが、かなりのアイテムと本数が揃います。軽食がつきます。詳細はこちらをご覧下さい。 SWC (クリック)


【1部】  会場 4F 宴会場
 セミナー 
「プロが勧める美味しいワインを飲むためには」
講師: 情野博之氏
ホテルニューオータニ「トゥールダルジャン」ソムリエ
第3回全日本最優秀ソムリエコンクール第3位
(社)日本ソムリエ協会 西関東支部 技術研究部 副部長
セミナー 受付  13:30〜
セミナー      14:00〜15:30
【2部】  会場 4F 宴会場
「各国のワイン試飲とカジュアルパーティー」
ご自由にワインを試飲していただきながら
軽いお食事をお楽しみいただけます。
10数社のエージェント様が参加予定。
昨年も好評を戴きました、有料テイスティングも
予定しています。
入場    15:45〜
終了予定 17:30
フランス■□ Domaine Jean Garaudet □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ジャン ガローデ
●ポマールに本拠を置く、「ジャン・ガローデ」さんのご紹介です。今回はとっても安く仕上がりましたので、今すぐ飲まずとも買って置いてくださいね。普通は、3千円から4千円位で..販売していると思いますよ。

 PKさんも、著書「バーガンディ」の中で、
「ブルゴーニュ好きでも、ガローデのささやかながら非の打ちどころのない4.86haの畑からできるワインにありつけることは難しい。上品なワインで、あふれんばかりの熟した果実味が調和のとれた味わいとなって口中に拡がり、心なごむ風味。これは低収量と、ぶどうの樹齢が古いことの紛れもない証拠だ。
−中略−
彼のワインで見落とされているのがモンテリ。このアペラシオンのワインは粗野になりがちだが、ガローデのモンテリは至純かつ上品である。」
 (飛鳥出版 ロバート・M・パーカー・Jr.著 「ブルゴーニュ」より抜粋)
と賞賛し、四星をつけています。
This is my type! This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2000 Monthelie
モンテリー
今〜2010
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,890
 
【リーズナブル!シルキーな口当たりで意外にもしっかり者タイプ?? 】
さあ、今回の新着のトップバッターは、
「モンテリー..知らん..」

 という方が多いでしょう。「モンタニー」じゃ無いですよ..。モンタニーはシャロネーズ(ブルゴーニュの最南)ですが、モンテリーはヴォルネイの南、ムルソーの西に接する村です。モンテリーの南にはオーセ・デュレッスが続きます。

 どちらかというと、「ポマール・レ・シャルモ」と「ポマール・ノワゾン」が有名なんですが、今回は隠れた名品をご紹介します。

 早速飲んでみると..、これがなかなか良いんですね!
 そう、ヴォルネイそのままの感じ、と言っても良いかもしれませんが、少々小振りにしたような印象も有ります。抜栓直後からポテンシャルを取れる深い香り..。チェリーやベリーのニュアンスに、ミネラル、鉄、石..パワフルさとは無縁ですが、中程度のボディにジューシーな果実味と充分なエレガンスが有ります。少し早いかな?と言う感じが有りますので、今から半年後からがベストでしょうが、1時間以内に飲み切るので有れば問題無く美味しくいただけるとと思いますよ..。1時間を過ぎる頃から少々固くなってきます..。夏を超えたらとっても良い状態としても、今飲んで美味しい物は、さっさと飲んじゃいましょう。とってもリーズナブル!お奨めします。


ちなみに下記は2001年のモンテリーのレヴューですお間違いの無きよう..
2001 Domaine Jean Garaudet Monthelie
Domaine Jean Garaudet
Monthelie, Monthelie, Cote de Beaune, Burgundy, France
Pinot Noir (a dry red table wine)


The dark ruby-colored 2001 Monthelie offers blackberry aromas and a supple flavor profile that reveals assorted juicy black berries. Asphalt and pepper make an appearance in its silky-textured finish. It should be consumed over the next 3-4 years.

Reviewer Pierre Rovani
Rating   88 Points
Maturity  Drink 2003-2007
Cost    $25
Wine Advocate #146 (Apr 2003)より抜粋
フランス■□ Domaine Marius Delarche □■ブルゴーニュ
ドメーヌ マリウス ドラルシェ
●どうしてブレイクしないのか、とっても不思議な..ドメーヌです。等と書いてしまうと、今後が困ることになりそうですが、すでに NOISY'S のお客様 に於かれましては高い評判を戴いていますのでそれでいいんですが..。

 ただし、今後に関しましては 円安・ユーロ高 の影響で2001年ヴィンテージがかなりの高値になってきそうです。今回ご紹介の 「ペルナン=ヴェルジュレス・アン・カラドゥーRS」にしましても上がってしまっています。2000年のコルトン=ルナルドRS は、これがラストチャンスと言えるでしょう。98〜99年と飲まれた方には、その高いポテンシャルを汲み取っていただけたと思います。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001 Pernand-Vergelesse 1er Cru En Caradeux Blanc Reserve
ペルナン=ヴェルジュレス アン カラドゥー ブラン レゼルヴ
今〜2008
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥2,890
 
【プチ・コルトン=シャルルマーニュと言っても過言ではない味わい!】
いや〜、美味しいですね。少〜し早い感は有りますが、この蒸し暑い季節にきりっと冷やしたコルトン=シャルルマーニュ..じゃなかった、ペルナン=ヴェルジュレス・アン・カラドゥーはぴったりと言える..でしょう。

 コルトン=シャルルマーニュに重しを付けて上から少々押しつぶしたような味わいです! (何じゃそりゃ..)よく判らないような物言いですが、イメージ的にはそんな感じです。多量のミネラルは小石や岩・石灰を感じます。少し黄色く色づいたフルーツはミネラルと共に口を満たし、鼻孔を通ってスパイスを撒き散らしながら、まったりと長い余韻に..。とってもふくよかでいながら綺麗です。おそらくこの2年で徐々に頂点に達し、それから3年以上美味しくいただけるのでは..と読みました。

 もともと1級畑アン・カラドゥーは、低地の村名区画ノワレを挟んで、アン・シャルルマーニュに向かい合っていますので、似た部分が有るのでしょう..。でもまあ、何となくですが、シャルドネだけじゃなくて他の品種が混ざっているような..気がするのですが、いかがなものでしょう..(ん?問題発言かな??)飲んでみてください。素晴らしい味わいです。ちなみにもうご存じでしょう、ノースバークレイのスペシャル・キュヴェです。

2001 Domaine Marius Delarche Pernand Vergelesses en Caradeux
Domaine Marius Delarche
En Caradeux, Pernand Vergelesses, Cote de Beaune, Burgundy, France
Chardonnay (a dry white table wine)


This 2001 white I tasted from Delarche demonstrates what Pernand-Vergelesses is capable of producing if the grower is conscientious. Exhibiting spices, toast, and buttery pears, the 2001 Pernand-Vergelesses En Caradeux, a newly designated premier cru, is lush, intensely-flavored and velvety-textured. This medium-bodied wine is densely packed with fruit, has a delightfully decadent mouth-feel, and reveals a long, rich finish. Drink it over the next 4-5 years.

Reviewer Pierre Rovani
Rating   90 Points
Maturity  Drink 2003-2008
Cost    $30
Wine Advocate #146 (Apr 2003)より抜粋
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 
2000 Corton-Renardes Grand Cru Vieilles Vignes Reserve
コルトン=ルナルド ヴィエイユ ヴィーニュ レゼルヴ
2006〜2013
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥4,490
 
【 こんなに安く買えて美味しい特級も..もう買え無くなってしまいそうですね..】
 個人的には「ル・コルトン」よりも「レ・ルナルド」は、ワンクラス上..と感じています。艶めかしく、妖しげな香りが最高ですね..。くらくら来そうなほど色っぽい年上の??女性..と言ったイメージです。(ス、スケベ..)

 もっとも飲むには早すぎるのは当たり前ですが、今開けても美味しくいただけるのはうれしい誤算です。1.5〜2時間経つと、より固めになってきますのでご注意下さい。(中途半端なデキャンタは現状は逆効果..)

 PKさんもタンザーさんも評価は揃っていませんが、かなり良いと思いますよ..。3〜5年でピークに達しその後5年以上美味しく飲めると思います。今は未だ大輪を付ける前の蕾の状態の..ただし明らかに、ちらりちらりと見え隠れするエロティックな表情が何とも嬉しいグランクリュです。是非買い置いてください。
フランス■□ Maison Verget □■ブルゴーニュ
メゾン ヴェルジェ
●ちょっと飲むには早いんですが..。買ってしまったので、3カ月ほど置いてから飲んでください。前回の2000年は、
「安くてとっても美味しい!」
と評判を戴きましたが、出来が良いのでしょうか、幾分早い感じです。

 このネゴシアンはジャン=マリ・ギュファンが1990年に創設。彼の仕入れる葡萄は1年を通して、葡萄畑の手入れに目を光らせて来た栽培者のもの。買い入れに当たって、収穫状況、糖と酸のバランス、健康度や衛生状態から判断した葡萄の品質によって割り増し価格をつけている。彼はマコンのソロニイに白専用に建てた醸造所で白ワインだけを造っている。
 ここのワインは、ステンレス・スチールのタンクで発酵させ、後に樽熟成させる。ネゴシアン・ワインとして最上の出来栄えで、将来極めて有望。ワインは、フレッシュで、すっきりした仕上がり。風味にあふれ、このACのブレンド・ワインとしてはACの特徴がよく出た好例。
早川書房 セレナ・サトクリフ著 「ブルゴーニュ・ワイン」より抜粋
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 飲まないで仕舞っておいてね印
2001 Macon-Vergisson la Roche
マコン=ヴェルジソン ラ ロッシュ
今〜2008
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,680
 
【 ジャン・マリ・ギュファンスが醸すデイリーワイン!】
 この価格なら、文句はおそらく出ないでしょう。とてもしっかり出来たシャルドネです。巨大なミネラルの固まりにちょっぴり過熟なフレーヴァー、レモン、ピーチ、赤肉のグレープフルーツ、etc..。構造も大きく、余韻も適度な酸のレベルを減衰させながら長く綺麗です。難を言えば、現状ではポテンシャルの半分程度しか味わうことが出来ないことでしょうか...。

 夏を超えてボジョレー・ヌーボーの声が聞こえてくる頃、ようやく将来が見渡せるようになると..思います。それまで待てない方は、
「まだ五合目くらい」
というのを了解した上でお楽しみ下さいね。2本以上購入して、どのように変化してゆくのかを確かめるのも愉しいですよ..お奨めです。


2001 Verget Macon Vergisson La Roche

($18; from late-picked fruit) Apple butter and spice on the nose, along with mineral and floral nuances. Firm, tight and penetrating, with brisk flavors of grapefruit, pineapple and minerals. Better structured for aging than the basic Macon-Villages bottling, a very ripe wine that will be ideal for early drinking. 87-89 points

Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Sep/Oct '02 より抜粋
フランス■□ Maison Dominique Lanrent □■ブルゴーニュ
メゾン ドミニク ローラン
●「ドミニク・ローランの2001??飲める訳無いジャン..」
などと思わずに、冷静に良く読んでくださいね。こちらは「キュヴェ・トラディスィヨン・シリーズ」??です。詳細は判りませんが、新樽200%等と言うことは絶対ありません。今からも美味しく飲める「変身したドミニク・ローラン」のジュヴシャン1級です。


 彼は、あえて自分のエルヴァージュの技術を語ろうとしないが、その理由は主に、他人に「極意」を知られたくないからである。彼は私に、ワインづくりに地球と月の重力を利用していると語り、ワインの「生理学的発達」を助け、「硫黄の最適化」を実行し、夏の間に樽のふたを開けたりせず。「ワインから揮発酸を早くなくす」と言った。彼は、澱のことで頭がいっぱいで、その澱が彼のワインを育て、豊にしていると同時に、果てしない深みと大きさを与えていると感じている。彼のエルヴァージュの技術から分かることは、新樽に入れられたワインには決して硫黄を加えず、しばしばある樽から別の樽へと澱引きされる(時に、ある新樽から別の新樽へと澱引きされ、それゆえ彼のワインは「200 % 新樽」とあだ名される)。
講談社 ロバート・M・パーカー・Jr.著 ワイン・バイヤーズ・ガイド 5th Edition より抜粋
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001 Gevrey-Chambertin 1er Cru Bel Air Cuvee Tradition
ジュヴレ=シャンベルタン ベレール キュヴェ トラディスィヨン
今〜2010
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥4,490
 
【イメージが違うのでびっくらこきましたが、清楚でしなやかなピノです。美味しいです..】
そ、そうなんですよ川崎さん..(古っ)A地点から〜B地点..じゃなくて、Cuvee Tradition と言うのを知らずに仕入れたんですね。何で買ったかと申しますと、1級畑の「ベレール」に惹かれて..なんです..。

 そもそも「ベレール」自体とても小さく2軒位しか所有者がいないので、まず見ることが無いワインなんですが、実は「クロ・ド・ベーズ」の真上(西)に有るんですね..。最も、北にはリュショットが有るのにここだけ1級というのは、地形や日照の関係で葡萄を完熟させるのが難しい..と考えるべきでしょう。

 このところのドミニク・ローランは(97年位から)、葡萄に合った造り方をしよう..としているそうです。とは言っても、未だに「ドミニク・ローランが買った」と言えばヴィニュロンの勲章になるほどですので、良くない葡萄は買ってはいないでしょう。

 ところで、味わいの方は..これまたとってもピュア!しかも優しいフレーヴァーが素直に出ている美味しいピノなんです。ドミニク・ローランと言えば「新樽200%」ばかりが印象に残りますが、彼の造る村名のちょっとオフ・ヴィンテージ(94や97のニュイ)などは、樽が強くないのも手伝って、「今、滅茶苦茶旨い」です。ジュヴレの1級らしく、チェリーやブラック・ベリーのアロマに柔らかな質の良いタンニンと中程度のボディ..。いや、美味しいですよ。彼の特級畑のワインは樽が強くて、時間を経ないとフレーヴァーが出てきませんが、こちらは素直に出てきています。クロ・ドベーズを1回り小さくしたような感じも有りますので、十分納得の行く味わいです。お奨めです。

 P.S.どうやら2003年(今年)は、初めて「ボジョレー・ヌーボー」を仕込むようです。まあ、新樽200%は有り得ませんが、ドミニク・ローランがどんな具合にガメイをチョイスし仕上げるか..興味津々です。取り扱う予定ですのでお楽しみに!買ってね!
フランス■□ Domaine Jean Raphet et Fils □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ジャン ラフェ
●パラパラと紹介してしまって..済みませんね..。早くから美味しい、ジャン・ラフェさんのレゼルヴ、ノース・バークレーのスペシャルキュヴェです。

 精力の塊であるジャン・ラフェは働きづめである。品質にこだわり、濾過器を一度も使ったことがない、稀なブルゴーニュ人の一人である。最近濾過処理をやめた、と(誇らしげに)私に語る多くのブルゴーニュの生産者とは対照的である。
講談社 ロバート・M・パーカー・Jr.著 ワイン・バイヤーズ・ガイド 5th Edition より抜粋
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001 Gevrey-Chambertin les Chezeaux Vieilles Vignes Reserve
ジュヴレ=シャンベルタン レ シェゾー ヴィエイユ ヴィーニュ レゼルヴ
今〜2010
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥3,680
【早いのは間違いないが柔らかいので美味しく飲めちゃいます..】
村名区画 レ・シェゾー は、カゼティエの直下に位置します。また、同名の区画がモレ・サン=ドニにも存在しますが、こちらは「オー・エシェゾー」に隣接しています。カゼティエほどの力強さは望めないにしろ、近い雰囲気を感じ取ることが出来るリューディです。

 平均樹齢35年の古木によるもので、抜栓直後は少々固いものの、チェリー、ベリー、鉄、土、アニス、スパイスが感じられる男性的でしかも柔らか、ピュアです。幾分タンニンも感じますが収束が長く綺麗なので見え隠れする程度..。美味しいですよね。どしっと重量感の有るワインではありませんが、存在感は充分です。

 村名ワインとすればジュヴレの特徴もはっきり有りますので、テロワールのお勉強にも良いですよ。お奨めします。
フランス■□ Domaine Anne Gros □■ブルゴーニュ
ドメーヌ アンヌ グロ
●96年のクロ・ド・ヴージョ、リッシュブールで今の地位を確立したと言えるでしょう。日本ではグロ一族の筆頭にさえ言われるようになった、アンヌ・グロのA.C.ブルのご紹介です。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 飲まないで仕舞っておいてね印 
2001 Bourgogne Pinot Noir
ブルゴーニュ ピノ ノアール
2005〜2010
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥2,700
完売しました。有り難うございました。
【ヴォーヌ=ロマネっぽい感じが出ていますねぇ..】
とっても愛らしいACブルゴーニュです。当然ながら若いですが、ニュイの2001年のヴィンテージを素直に現していると思います。ニートラルにヴォーヌ=ロマネのテロワールを強く感じるワインです。と、ともに本人は気に入っているみたいですが、ちょっとネゴシアンチックなエチケットになってしまったことを残念にも..思います。

 若いのであくまで「早い」ですが、決して飲めないことは有りませんね。堅さを苦にされない方も多いようなので、充分行けると思います。が、価格ですよねぇ、問題は..。正規のエージェントは、ホント高いことを平気で言うんですよ..。この2700円という価格も頑張って出していますが、正規では有りません。
「ACブルも平気で三千円超え」の時代になってしまったんでしょうか..。先が思いやられますよね。

 ベストの状態には1年半〜2年ほど掛かると思いますが、その後5年ほど美味しくいただけるのでは..と踏んでいます。
フランス■□ Domaine du Clos de Tart / Mommesin □■ブルゴーニュ
ドメーヌ デュ クロ ド タール / モメサン
●復活成ったクロ・ド・タールのグレート・イヤー、1999年のご紹介です。すでに海外ではかなりの高値になっていますが、今回は..安いです。是非ともお買い置き下さい。
This is my type! This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 
1999 Clos de Tart Grand Cru
クロ ド タール
2005〜2012 
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥13,500
【復活成った..との言葉には問題が有るかもしれませんが..】
 クロ・ド・タールはご存じモレ・サン=ドニの南端に有り、南にボンヌ=マール(モレ側は1.5haのみ)と接する偉大なグラン・クリュです。

 復活成ったとはアドヴォケイト誌が言っているだけで(たぶんね..)、昔から美味しかったのは間違い有りません。より目立って早くから美味しいようにフレーヴァーをたっぷり目に纏っているだけ..と想像されます。

 このように仕上げられたフランス・ブルゴーニュのワインは、リリース直後には意外にも美味しく飲め、半年〜2年ほどで閉じこもり、3〜5年目に開き始める、というような道を辿ります。勿論造りによって違いますので一概に言うことは出来ませんが、新樽を比較多めに使用するのが一般的に成ってきた現在の場合はそんな感じです。新樽が少な目で樽熟期間も短い、などの場合は当てはまらない場合も有りますのでケース・バイ・ケースです。

 「ブラボー!」の文字が踊るロヴァーニさんのレヴューでは、93−95ポイントとかなり高い評価をされていますが、2005年〜2012年の飲み頃には疑問を感じます。2005年という開始時期はまあ理解できてもその後7年しか持たないことは...おそらく有り得ないでしょうね。むしろ、94ポイント評価のタンザーさんの
固い酸とタンニンの液体は熟成するのに8〜10年掛かる
というのが正解でしょう。

 また、両方のレヴューの、テイスティング時期のズレも読み取れますよね..。おそらくアドヴォケイトは瓶詰め直後、インターナショナル・ワインセラーはそれから半年後以降、と仮定すれば、疑問は氷解します。いや〜..こんなこと言っちゃっていいんだろうか..(^.^;; 旨いことは間違いないし、おそらく値上がり間違いなしの..グレートワインです。お買い置き下さい。


1999 Domaine du Clos de Tart Clos de Tart
Domaine du Clos de Tart
Clos de Tart, Morey St Denis, Cote de Nuits, Burgundy, France
Pinot Noir (a dry red table wine)


The 1999 Clos de Tart is certainly outstanding and potentially exceptional. It displays a gorgeous nose of rich plums, sweet black cherries, candied blueberries, and loads of spices. Medium to full-bodied and opulent, this is a lush, deep, and fresh wine. Its velvety-textured flavor profile is crammed with blueberries, red cherries, and blackberries that seem to burst in the mouth, revealing their sweet, refreshing juices, in a way not dissimilar to the finest 1996s. It also displays complex nuances of spices, oak, and hints of orange zest. This marvelous wine should be at its peak of maturity between 2005 and 2012. Bravo!
 
Sylvain Pithiot, who is responsible (with his father-in-law, Pierre Poupon) for the exceptional topographical maps of Burgundy's vineyards, is also the director and winemaker at this fine estate. He characterizes 1999 as "a great year, a dream year, one I'd have to place along with 1990 and 1996." He went on to explain that the estate's philosophy in recent years has been to have five bunches per vine, which generally translates to 30 hectoliters per hectare. Yet, in 1999, "the weather was so extraordinary, we left six bunches, which resulted in 42 hectoliter per hectare yields. In 2000, we returned to our five bunch per vine practice and harvested 31 hectoliters per hectare."


Reviewer Pierre Rovani
Rating   (93-95) Points
Maturity  Drink 2005-2012
Cost    $140
Wine Advocate #136 (Aug 2001)より抜粋

1999 Clos de Tart Clos de Tart

($136; 13.8% natural alcohol) Ruby-red. Vibrant, precise aromas of black fruits, violet, minerals and gun metal. A wine of great breadth and verve; still quite closed but already displays great energy in the middle palate. Flavors of raspberry and gunflint offer lovely restrained sweetness. Solidly structured but not hard; still, this wine firm acids and solid tannins call for a good 8 to 10 years of bottle aging. 94(+?) points

Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Mar/Apr 02 より抜粋
フランス■□ Domaine Michel Magnien □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ミシェル マニャン
●偉大な造り手へと変貌を遂げつつあるフレデリック・マニャン..。父の後を継いだドメーヌものの、最高のワインをご紹介します。すでに他サイトでもご紹介されていますので、細かいことは抜きにします..ね。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 
2001 Clos de la Roche Grand Cru
クロ ド ラ ロシュ
今〜2010 ちょっと頑張ってお奨め!

750ml
ご注文数
 
¥10,400
【...未テイスティング】
 数が無いとなれば欲しくなり、沢山有るなると「後でいいや..」と思うのは人間の性ですので..。しかし、リリース時に買わないと確実に値上がりするのが現在の高級ワインがおかれている状況なのは間違い有りません。

 我々ワイン屋にとっては、高級ワインの購入自体は、まず迷うことが無いので判断は比較的楽なものですが、余りすぎると経営を圧迫しますので、難しいところが有ります。そりゃそうですよね..。1万円のワインが1000本有れば1千万、1万本有れば1億円ですもんね。そう考えると段々涼しくなってきます..。

「暑い夜は在庫を考えよう..そうすれば涼しく眠れる..」
などと安易に考え、実行に移そうものなら
「今度は不安で頭がさえて眠れない」
という悪循環に陥る羽目になるのです..(T.T)

 のっけから脱線モードで申し訳有りません。クロ・ド・ラ・ロシュには大きく分けて2つのタイプが有ると思います。一つはデュジャック系のしなやかさが特徴のエレガンスに振ったワイン、他方は芳醇で力強いポンソ系です。このワインはどちらかと言えば、芳醇・パワフル系に分類されると思います。ただし、どちらにもRoche(岩)が感じられるのは言うまでも有りません。ちなみに2001年のアドヴォケイトで、ブルゴーニュ担当のピエール・ロヴァーニさんが選んだ、「ワイン・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれているんですね。


2001 Domaine Michel Magnien Clos de la Roche
Domaine Michel Magnien
Clos de la Roche, Morey St Denis, Cote de Nuits, Burgundy, France
Pinot Noir (a dry red table wine)


Loads of red fruits can be discerned in the aromas of the superb 2001 Clos de la Roche. Boasting a fabulous spread of red cherries, spices, and juniper berries, it is a supple, suave offering. Concentrated, gorgeously pure, and sappy, this fat, sensual wine has a stupendously long, meaty finish. Projected maturity: 2004-2013.

Reviewer Pierre Rovani
Rating   94 Points
Maturity  Drink 2004-2013
Cost    $107
Wine Advocate #136 (Aug 2003)より抜粋
フランス■□ Domaine Dujac □■ブルゴーニュ
ドメーヌ デュジャック
●ドメーヌ・デュジャックのジャック・セイス自身、
「97年産は69,78,95年と同じく最高のヴィンテージ」
と賞し、
「97年は明らかに引退計画のためのワイン。このワインの中には私の理想のピノ・ノアールに近いものがある」
と言っています。

 現在は息子さんがドメーヌを継いでいますので、セイス自身が納得した最高のワインが..このボンヌ=マール..なんですね。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印 美味しい印 
1997 Bonnes-Mares Grand Cru
ボンヌ=マール
〜2009

750ml ご注文数
¥22,000
 
【クロ・ラ・ロシュとクロ・サン=ドニも良いけれど.....】
海外でも3万円は下らないと思いますが、今回はとっても安く手に入りました..。

 デュジャックのワインと言えば、際だって薄目の色合いから実にエレガントな芳香と味わいを与えてくれるドメーヌでした。グラスの底がはっきり見えるほど薄く、しかも複雑な香りはスミレやチェリー、ベリー、ブラックベリー、カシス、レザー..などと、ついつい嗅ぎ分けられる香りを並べ立ててしまいたくなるほど..です。

 現在は少しスタイルが変わったかな??と思わせるほど果実味は強くなっているように思えますが、色と香りを嗅いで、
「デュジャックでしょ?」
と、まず外さなかった (と、思う) noisy とすれば (エヘン!)少し残念にも..思います。

 そんなジャック・セイスのワイン群のにあって、最も大柄なワインがこのボンヌ=マールで有り、引退した彼の忘れ形見?です。興味のある方へ..

1997 Domaine Dujac Bonnes Mares
Domaine Dujac 
Bonnes Mares, Chambolle Musigny, Cote de Nuits, Burgundy, France
Pinot Noir (a dry red table wine)

This estate's 1997 Bonnes Mares is seductive and ruby-colored, revealing a gorgeously feminine nose of salty, iodine-laced, sweet, red fruits, this is a fat, super-ripe, and concentrated powerhouse. It regales the palate with dense layers of jammy, black and red fruits, interspersed with earth and stones. This complex, extremely long-finishing, complete wine should offer wonderful drinking over the course of the next decade. Bravo!


Reviewer Pierre Rovani
Rating   94 Points
Maturity  Drink through 2009
Cost    $175
Wine Advocate #125 (Act 1999)より抜粋
フランス■□ Domaine Robert Chevillon □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ロベール シュヴィヨン
●おそらくニュイ・サン=ジョルジュの村の畑からグラン・クリュを出そう、という動きが有ったと仮定すれば、満場一致で「レ・サン=ジョルジュ」が最右翼になることは間違いないでしょう。豪放磊落な性格の1級畑です。

 ロベール・シュヴィヨンはニュイ・サン=ジョルジュのトップ・ドメーヌです。エキス分の多いエキゾティックなワインを提供してくれます。この所はさすがに価格も上昇気味ですが、トップクラスの1級畑ものならば、(レ・サンジョルジュ、レ・カイユ、レ・ヴォークランなど)3〜5年ほど置いて飲むとバッチリ旨いです。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2000 Nuit Saint-Georges 1er Cru les Saint-Georges
ニュイ サン=ジョルジュ レ サンジョルジュ


750ml ご注文数
¥5,800
 
【飲み時さえ間違えなければまず外さないワインです..】
 堅固に城壁を張り巡らしているが、城の中にはぎっしりと詰まった期待以上の要素が控えている..。戦国時代の合戦前の城をイメージしてしまいそうな2000年のロベール・シュヴィヨン、レ・サンジョルジュです。今飲んでもその筋骨粒々のスタイルは掴み取れるにしても、「勿体なかった..」と反省することになると思います。
  最低3年〜5年はセラーで熟成させ、その後5〜10年で飲むのが良いと思います。

2000 Robert Chevillon Nuits St. Georges Les Saint Georges

($72) Good saturated ruby-red. Ripe aromas of red fruits, tobacco and earth. Soft, sweet and lush in the mouth; displays great delicacy in the middle palate but also boasts excellent thrust. Lovely red fruit aromatic complexity. Finishes with firm but fine tannins and very good persistence. 89-92 points

Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Mar/Apr 02 より抜粋
フランス■□ Domaine Leflaive □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ルフレイヴ
●ルフレーヴの最高のワイン「ル・モンラッシェ 1998年」が入荷しました..。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 飲まないで仕舞っておいてね印
1998 Montrachet Grand Cru
モンラッシェ


750ml ご注文数
¥135,000
 
【呑みたいですね..】
世界最高のシャルドネの..ひとつです。
状態:ちょっぴりですがキズと薄汚れが有ります。ご了承下さい。

1998 Domaine Leflaive Montrachet

Pale, green-tinged color. Highly aromatic nose combines new oak, grapefruit, flowers, iodine and minerals. Fat, thick and superripe but extremely backward in the mouth. Powerfully structured and very long. Along with the Chevalier, this gives an impression of solidity and three-dimensional texture that the earlier wines cannot match. 92-95 points

Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Sept/Oct 99 より抜粋

フランス■□ Domaine J.-F.Coche-Dury □■ブルゴーニュ
ジャン=フランソワ コシュ=デュリ
●偉大なムルソーの造り手と言えば..コシュ=デュリですね。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 飲まないで仕舞っておいてね印
1999 Meursault
ムルソー


750ml ご注文数
¥17,800
 
【 ..】
下記のアドヴォケイト誌のコメントはドメーヌ訪問時に書いたものと思われます。

1999 Domaine Coche-Dury Meursault (Vireuils Dessous)
Domaine Coche-Dury
Les Vireuils Dessus, Meursault, Cote de Beaune, Burgundy, France
Chardonnay (a dry white table wine)


The 1999 Meursault (Vireuils-Dessous) reveals white fruit and flower aromas. It is broad, medium-bodied, and silky-textured, with pear, apple, and toast aromas in its tangy personality. This cuvee is round and fat. Anticipated maturity: now-2007.

Reviewer Pierre Rovani
Rating   (88-89) Points
Maturity  Drink 2001-2007
Cost    $76
Wine Advocate #133 (Feb 2001)より抜粋
フランス■□ Domaine Louis Latour □■ブルゴーニュ
ドメーヌ ルイ ラトゥール
●ドメーヌ物のルイ・ラトゥール コルトンの古酒が少々入荷しました。
レアバナー This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印 熟成バナー
1988 Corton Grand Cru
コルトン

750ml ご注文数
¥11,500
 
【済みません..呑んでいません..】
 まあ、数がないので仕方が無いです。たった2本しかありません。良年と言える88年のコルトンです。

 ルイ・ラトゥールのドメーヌものとしては「コルトン・グランセ」が有名ですが、これは最良の樽を選んだものです。今回の「コルトン」はコルトンのグラン・クリュ畑のブレンドものです。長熟なコルトンとすれば、これからが飲み頃になってくると思います。
フランス■□ Domaine Faiveley □■ブルゴーニュ
ドメーヌ フェヴレイ
●自社所有ですから「ドメーヌ」表記の方が良いのでしょうね。一応、エチケットにも「Recolte du Domaine」と書いてありますので、「Domaine Faiveley」とさせていただきました。

 「フェヴレイ」と言えば、「クロ・デ・コルトン」の赤が有名ですが、極少量の「コルトン=シャルルマーニュ」も造っています。「クリスタルのような..」という表現がもっとも近い..と思います。素晴らしいです。
レアバナー This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 若くても飲めちゃう印 
1998 Corton-Charlemagne Grand Cru
コルトン=シャルルマーニュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥16,500
 
【超レアなワインです。97年と99年は飲んでるんですが..】
 noisyも良く、コルトン=シャルルマーニュのオファーを出しますが、実は好きなんです..(^_^;; 美味しいんですよ..。ルロアも旨いしルーミエもトロ=ボーもLLも..。忘れちゃいけないのが、とっても秀逸なこのフェヴレイです。たった、0.6haの自社畑から少量のみ生まれますので、おそらく見たことがない方が殆どでしょう。今回は98年が1ケース買えました。たった1ケースと思われるかもしれませんが、これはとても多い量なんですよ。

 フェヴレイのミュジニーに至ってはたった半樽、コルトン=シャルルマーニュでも6樽という具合に、美味しいものがとっても数少ない恨まれる造り手..なんですね。また、余りの少なさから評論家まで回らないのと、アドヴォケイトとの係争で評価されなくなっているのは、余り知られていない原因になっていますが、むしろ現在では価格がほぼ適切と言えますので嬉しい部分ですね。

 ぴっちり張りつめたミネラルから溢れてくる、ぷりぷりした新鮮な果実香は、若い内のこのワインが持つ特徴です。98年というヴィンテージは余り良いイメージが無いかもしれませんが、かなり良い方で決して悪くは無く、5星評価なら4星は付くと思います。天候により収穫が減った関係で、むしろ葡萄のエキスが濃くなったという良い循環の典型と言えるでしょう。結局はこの年1780本をリリース出来たとのことですので、ほぼ予定通りだった訳ですね。

 フェヴレイのコルトン=シャルルマーニュは、たっぷりのミネラルに充分なアルコール分とエキス分から生まれる全ての要素が複雑に絡み合い、しかも楚々としていて優雅、おしとやかです。派手に訴えてくるタイプでは無いのですが、実に印象的で、一度飲んだワインラヴァーの心を掴んで離さない魅力が有ります。

 実際、97年と99年を飲んでいますが、どちらも若い内から美味しく飲めました。しかもそのぴっちり張りつめた、見事な輪郭を示す Roche (岩・石) は実にエレガンスに富んでいます。ガチガチになりがちなコルトン=シャルルマーニュに有って、何故か若い内から楽しめるのは、フェヴレイのピノ・ノアールとは正反対なのが実に面白いですね。また、実際はどうなのかは判りませんが、シャルドネ以外の風味も往々にして感じることがあるコルトン=シャルルマーニュに有って、むしろシャルドネ単一じゃないかな、と感じさせてくれるのも嬉しいですね。お奨めします..が、価格の絶対値が..高いですが、通常は2万円くらいはすると思いますよ。
フランス■□ Jean-Louis Chave □■ローヌ
ジャン=ルイ シャーヴ
●これもちょっと珍しい..レア・アイテムです。シャーヴのエルミタージュ・ブラン自体珍しいところに、88年という古いヴィンテージ..。どんな味わいなんでしょうね。
レアバナー This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1988 Hermitage Blanc
エルミタージュ ブラン

750ml ご注文数
¥11,800
 
完売しました。有り難うございました。
【 ...】
現代における1988年ものや1983年もののクローンとなるかもしれない。構造のハッキリした力強い超絶的な凝縮感のあるワインだが、現時点で飲んでもそれ程愛想の良いワインではない。フルボディの余韻の長い強烈な労作で液化したミネラルやモモ、アカシアの花、蜂蜜の趣が感じられる。
92+
ワインアドヴォケイト133号より抜粋

 上記は98年のエルミタージュ・ブランのコメントですが、ここに書かれている88年もの..ということになりますね。また、PKさんは94年もののこのワインのコメントに、4〜5年は美味しく飲めるがその後は10年ほどは閉じこもってしまい、簡単には出てこないだろう、と言っています。

 まあ、この当たりは経験が少ないので何とも言えませんが、良質の白ワインには良くあることです。一度閉じこもったら貝のようになって、「酸味」しか無くなってしまうのですが、この判断が難しいんです。もう駄目になってしまったか..と思うと、いきなり「ぱか〜ん」と開きだし、大フルーツ大会が始まることが有ります。特にル・モンラッシェはそんな傾向が有ります。

 興味の有る方はお早めにどうぞ..。安いと思いますよ。

フランス■□ Chateau Quinault l'Enclos □■ボルドー
シャトー キノー ランクロ
●いかがなものでしょう..。飲んだことの有る方なら、「もっと高いポイントが付くはずだろう?」ということは判るはずです。ただし価格がリーズナブルなので、このままそっとしておいて欲しい..というのが本音でしょうか..。濃密な、しかも飲み頃のサンテミリオンGCです。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印
1997 Chateau Quinault l'Enclos Saint-Emilion Grand Cru
シャトー キノー ランクロ

ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥4,200
 
【季節的にはちょっと厳しいかな..】
 とは思いますが、往々にして夏のワイン会の締めにちょっと濃いめの赤が飲みたい..などというシチュエイションも有りますよね?そんな時にぴったりなシルキー・メルローです。(ちょっぴりカベルネとフランが入ってますが..)

 少し前なら何とか4千円を切って販売できたのですが、さすがにここのユーロ高で厳しくなってしまいました。とは言え、コストパフォーマンスの高い1本です。飲み頃です。


1997 Quinault l'Enclos
Quinault l'Enclos 
St Emilion, Bordeaux, France
Bordeaux Blend (a dry red table wine)

If the 1997 lacks density and length, it still reveals an unmistakable similarity to the famed Pomerol, Lafleur. Kirsch liqueur, spice, and mineral notes are the hallmarks of this wine, which combines breed, power, and elegance. Supple tannin, a medium-bodied, plush texture, and fine purity characterize this delicious, complex, stylish St.-Emilion. Drink it now as well as over the next 12+ years.

Reviewer Robert Parker
Rating   88 Points
Maturity  Drink 2000-2012
Cost    $45
Wine Advocate #128 (Apr 2000)より抜粋

これは、群を抜いて有望視されるサン=テミリオンのシャトーから生まれた初のヴィンテージである。アラン・レイノー博士と彼の妻フランソワーズの手で復活を遂げつつあるこのシャトーは、リブルヌ市内にあり、ほぼ畑全体が塀で囲まれている。ポムロルのアペラシオンに入りそうなものだが、実際にはサン=テミリオンのシャトーである。レイノー夫妻は新しい発酵所(キュヴェリー)とワイン蔵(シェ)の建造に莫大な投資を行い、最初のヴィンテージは実に上等なワインとなっている。暗いルビーから紫色で、甘いトーストの香りとよく熟したラズベリー、チェリー、スパイスの芳香が飲む者の注意を競い合う。口に含むと、この気品のある、純粋なワインはなめらかな舌触りを感じさせる。ミディアムボディで、バランスは実に見事だ。レイノー家の印象的なデヴュー作である。レイノー家はラ・クロワ・ドゥ・ゲとラ・フルール・ドゥ・ゲの所有者でもある。将来のヴィンテージでキノー=ランクロがさらによくなることを期待しよう。飲み頃予想:2000年から2010年 最終試飲月:98年3月
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋

フランス■□ Chateau Lynch Bages □■ボルドー
シャトー ランシュ バージュ
●皆さんにとってのランシュ=バージュの品質と問えば、どんなイメージが沸くでしょうか..。
「第5級で有りながら第2級に匹敵する品質」
というのは模範解答ですが、
「80年以前はばらつきがある」
という方もいらっしゃるでしょう。

 今回のご紹介のヴィンテージは、
「伝統的なランシュ=バージュの造りで醸された最後のグレートイヤー、1975年」
「新しい設備で造られたグレートイヤー、1986年」
のご紹介です。

 1975年のランシュ=バージュの在庫が切れてしまい困ったなあと、思っていたところに、何故か入荷してきました。かなり前に頼んでいたのを忘れていたんですね。noisy が飲んだボトルは..とても印象的でした。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 レアバナー
1975 Chateau Lynch Bages
シャトー ランシュ バージュ



750ml ご注文数
¥12,800
 
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 レアバナー
1986 Chateau Lynch Bages
シャトー ランシュ バージュ


750ml ご注文数
¥15,800
 
【 そろそろです..よ】
 状態はそれぞれ違いますが、75年のランシュ=バージュなんて..とっても良いですよね。力強さを伝えるものではないが、しなやかな指先で首を絞められているような、おっと、もとい、肩を揉まれているような 「うっとり」とさせてくれるワインです。86年の方はしっかりと強さも訴えてきますので、しばらくはピークを続けるに違い有りません。まあ、どっちが好みかは分かれるところでしょうが、個人的には75年を良しとしたいですね。そうなってくるとアドヴォケイトの点の落とし所というか、長くやってきた歪みみたいなものが見て取れるような..気がします。まあ、好みですので..ね!

状態:1975 液量 トップショルダー近辺
    1986 液量 ネック当たり

1975 Chateau Lynch-Bages

1975年のランシュ=バージュは、エッジに相当な琥珀(こはく)色からオレンジ色を示し、埃っぽい、ハーブのような、西洋杉のような、熟した果実のようなノーズを持つ。フルボディだが、やや中身に欠けるこのワインは、私が期待した以上に甘味と開放性を見せ、平均以上の出来栄えで、完全な熟成に達しようとしているところだ。1975年のランシュ=バージュでは色褪(あ)せた、タンニンの多すぎる例を数多く味わったものの、私は今のところ、このワインについては楽観的である。2000年から2010年の間に飲もう。最終試飲月:95年12月 86点
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋

味わいは頬まで広がらず舌の下にも届かず、真ん中に細く伸びるよう。だが細かいことを忘れるほどの完璧なバランス。見事に緻密な果実と、くっきりしつつも細やかなタンニン、そして精密感のあるしっとりした酸が、口の中で球体のように一体化して浮かび上がる。鼻に抜ける上品なチェリーリキュールやラズベリー、ミネラルの香りも上品。 飲み頃:Now〜2010(22,000円) 92点
美術出版社 Winart Spring 2001 Number10 より抜粋


1986 Chateau Lynch-Bages
21世紀、ランシュ=バージュの豊かで気のそそられる1982年と1985年、そして強力で筋骨隆々、タンニンのある、濃密で逞しい1986年と1989年の間で、どんなテイスティングがなされることになるだろう。その結果は何十年にもわたり、面白い読みものになるだろう。今のところ私は、1982年と1989年の方に強く引かれているが、誰であろうと計り知れない巨大な怪獣(ビヒモス)の1986年や、気のそそられる派手な1985年を軽く見てほしくない。1986年は黒または紫の色、この上なく豊かでタンニンがある。しかし、タンニンは目立ちすぎたり、収斂(しゆうれん)味がありすぎたりするだろうか? 少なくともあと10年は、誰もその質問に答えることはできないと思う。現在のところ、このワインは、すばらしいサイズと重さが、魅力と愉快さよりも賞賛に値するものだ。飲み頃予想:現在から2020年 最終試飲月:94年5月 90点
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋

頬にしみ入る果実の甘さ、舌全体を覆う力強くリッチに厚いタンニン、口蓋の上までを包み込む軽やかな酸の、パワフルでいて重たくならない絶妙なバランス。大きく堂々としているが、コントラストが強い味わいが、緊張感と興味を失わせない。凝縮したバラ、ブラックプラム、カシス、ハーブやスパイスの、甘さと清々しさを持つ香り。長く大きい余韻。飲み頃:Now〜2025(24,800円) 95点
美術出版社 Winart Spring 2001 Number10 より抜粋

フランス■□ Chateau Mouton-Rothschild □■ボルドー
シャトー ムートン=ロートシルト
●高い安いは判断できませんが、何と言っても品物がないのが現状です。先だってご案内したマグナムボトルも完売してしまいましたし、今後の入荷がどうなるのか、全く見当が付きません。
 現状は入荷の価格に対して有る程度のパーセンテージを戴くのみの、余り面白くない商売になってしまっていますが、「金色の羊が是非欲しい」の声にお答えして..購入しました。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 レアバナー 
2000 Chateau Mouton-Rothschild
シャトー ムートン=ロートシルト
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥45,650
 
【 すでに飲んだ方から話を聞くと..】
「とっても美味しかった」
「固くって飲めたモンじゃなかった..」
と、両極端な意見を聞いていますが、まあ、そのどちらも正解なのでしょう。良く聞けば、固くて云々と言っている方もポテンシャルは充分に汲んでの話ですので..。
「良いのは判るが価格がね..」
というのも頷けますね。決して安くはないですが、通常の海外オファーには全くと言って良いほど出てこないのが2000年ムートンです。仮に出ていても700ユーロ以上という異常な高値で、とっても手が出ません。今回はプリムールで買った分の益出しで出てきたんじゃないかな?と野暮な推測をしています。

 もっともあと十数年は飲めないでしょうから、セラーをお持ちの方が対象になると思います。寿命は50年以上とPKさんは保証していますので、その間に何回セラーを買い換えるのか、ハルマゲドンはもう無いよなあ、とか脈絡の無い妄想に耽ってしまう noisy ですが、少なくともその時まで金色の羊は色褪せるとも剥げ落ちることは無いと..思います。孫・曾孫へのプレゼントとして..いや、金婚式の余興として、勿論米寿の御祝いに羊を添えるために..と、誇大妄想は拡がってゆくのです。ああ、眠くなってきた..(何のこっちゃ..)

2000 Chateau Mouton-Rothschild
Pauillac, Bordeaux, France
Bordeaux Blend (a dry red table wine)

The 2000 Mouton Rothschild is at its best with about 24-48 hours of decanting. A blend of 86% Cabernet Sauvignon and 14% Merlot, the wine offers a saturated ruby/purple color in addition to reticent but promising aromas of toast, coffee, licorice, creme de cassis, and roasted nuts. Dense, chewy, and backward, with tremendous purity and density in addition to obvious toasty oak, it is full-bodied, powerful, tannic, and backward. Twenty-four to 48 hours of aeration only hints at its ultimate potential. This blockbuster will be exceptionally long-lived. It is not as expressive as the other first-growth Medocs, but give it time.
 
As I predicted in my first report on the millennium vintage (April, 2001), Philippine de Rothschild could be expected to do something special with her presentation of 2000. She has exceeded everyone's expectations with a work of art. Those who have seen the extraordinary packaging of the 2000 Mouton Rothschild must certainly realize this is a brilliant achievement. The bottle is extraordinary, and likely to have nearly as much value empty as full! Her genius is obvious, but it's what's inside that counts!
 
Anticipated maturity: 2015-2050+.


Reviewer Robert Parker
Rating   97 Points
Maturity  Drink 2015-2050
Cost    $300
Wine Advocate #128 (Apr 2000)より抜粋
フランス■□ Chateau Cos d'Estournel □■ボルドー
シャトー コス デストゥルネル
●60%のカベルネ・ソーヴィニヨンと40%のメルローのセパージュで造られたスーパーセカンド、通称「コス」の1999年が再入荷です。

 アドヴォケイトは
「82年以降は第一級に匹敵する品質」
と、かなり持ち上げていますが、それにしては価格が安いので人気のアイテムなんでしょうね。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1999 Chateau Cos d'Esrournel
シャトー コス デストゥルネル
ちょっと頑張ってお奨め!



750ml ご注文数
¥5,800
 
【 定番ですね..】
スーパーセカンドの筆頭格、コスの1999年です。最近のコスは、昔のものと違って若干ですが早めから飲めるようになってきました。

 1999年クロ・ド・タールのコラムでも書きましたが、アドヴォケイトを見ていて少し面白いことに気が付きましたので掲載したいと思います。

 ポイントとか、ワインの味わいなどは取りあえず置いて、飲み頃予想の変異を見てください。
2000年4月には、「今から2012年」
2001年4月には、「今から2015年」
2002年4月には、「2004年から2018年」
というように成っています。これは何を意味するのでしょうか..。

 まず、2000年の4月と言うことは、熟成途中のバレルよりのサンプルになりますが、「早くから美味しいスタイルで早飲みタイプ」と思ったのでしょう。飲み頃が短く、すでに飲める状況と判断しています。2001年はボトル・サンプルと思われ、ほぼ同様ながら少し良い方向に判断しており、今から飲めると記載しています。

 ところが1年経った2002年4月には、飲み頃は「2004年から」と変更しています。また、飲み頃期間も延びています。

 以上を考えてみると、ワインの状態が良く見える..と思いませんか?(2000年の判断はワインになっていませんので、かなり予測が入ってしまい難しいと思います。)すなわち、リリース直後はボルドーグラン・ヴァンも結構飲め、1〜2年で固くなり、その後にまた開き始める、と言う事を、実地検証しているようなものだと思いますがいかがでしょうか..。

 すべてのワインにこの様子が当てはまる訳では有りませんが、愛飲家としてボルドーやブルゴーニュのワインに接する際に、
「こういうパターンが有る」
というのを覚えておくと良いと思いますよ。実際、noisy も同じようなことを経験しています。えー、さて、何の話でしたっけ..、ん??


2000年 ワインアドヴォケイト4月号 NO.128より抜粋
Cos d'Estournel has fashioned the best of an uninteresting group of 1999 St.-Estephes. The heavy, clay soils of this northern Medoc appellation retained too much moisture, and even a severe selection in the chai could not overcome the 150 mm (about six inches) of rain that fell during the last 16 days of September. Cos d'Estournel's harvest occurred September 17 to October 2, and the wine, which represents only 40% of the crop, is a blend of 60% Cabernet Sauvignon and 40% Merlot.
 
The 1999 exhibits a dark ruby/purple color in addition to elegant, suave, black and red fruit aromas with vague floral and spicy new oak notes in the background. There is good softness and medium body on the attack, but the wine is short with a touch of dilution. However, there is charm and it has far more to it than any other St.-Estephe tasted. Anticipated maturity: now-2012.


2001年 ワインアドヴォケイト4月号 NO.134より抜粋
The 1999 Cos has fleshed out over the last year. A very good, deep ruby/purple-colored effort with sweet tannin, it offers classic aromas of cigar box, black currants, cherries, and plums. Medium-weight and elegant, with more of a mid-palate than it exhibited last year, this stylish, silky wine will be delicious upon release. Anticipated maturity: now-2015.


2002年 ワインアドヴォケイト1月号 NO.140より抜粋
The dark ruby-colored 1999 Cos is a supremely elegant effort. The wine offers notes of dried Provencal herbs, smoke, licorice, black cherries, and cassis. This medium to full-bodied St.-Estephe is cerebral, intellectual, and refined, but lacking soul and hedonism. Anticipated maturity: 2004-2018.


1999 Chateau Cos d'Estournel

Bright ruby-red. Classy, somewhat floral aromas of currant, espresso, graphite and minerals. Dense but sharply focused, with currant and mineral flavors. Quite suave and silky. Finishes with very fine but firm tannins, excellent length and a late burst of mineral flavor.
89-92 Points
Stephen Tanzer's International Wine Cellar, May/June 00 より抜粋

1999 Chateau Cos d'Estournel
St Estephe, Bordeaux, France
Bordeaux Blend (a dry red table wine)

The dark ruby-colored 1999 Cos is a supremely elegant effort. The wine offers notes of dried Provencal herbs, smoke, licorice, black cherries, and cassis. This medium to full-bodied St.-Estephe is cerebral, intellectual, and refined, but lacking soul and hedonism. Anticipated maturity:

Reviewer Robert Parker
Rating   88 Points
Maturity  Drink 2004-2018
Cost    $44
Wine Advocate #140 (Apr 2002) より抜粋
フランス■□ Gustave Lorentz □■アルザス
グスターヴ ロレンツ
●なかなか良いアルザスのリースリングが見つかりましたのでご紹介します。マルセル・ダイスでもお馴染みの「アルテンベルク・ド・ベルクハイム」グランクリュです。何と、今回は2千円を切っての..びっくり大放出です..。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印
1997 Riesling Altenberg de Bergheim Grand Cru Vieilles Vignes
リースリング アルテンベルク ド ベルクハイム ヴィエイユ ヴィーニュ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,990
 
【 ちょっぴり貴腐の付いた飲み頃のバランス良いグランクリュ!】
 マルセル・ダイスのような濃密感や力強さは感じません。しかし、ダイスに感じたワイン哲学を感じました。当然、二人は手にしている哲学本は違いますが、単に何となく造っている、というようには感じなかったんですね。ダイスは完全主義、ロレンツはエレガンス・バランス重視..そんな感じを受けます。

 まあ、こういうリーズナブルなワインのご紹介の時に、どこかのショッピング・モールの決まり文句のように「えっ、この味わいでこの価格?」等とは恥ずかしくてとっても書けないので..まあ、これも noisy の販売哲学、等と言うものなのでしょうか..(・・・)

 ほんのりと貴腐の香りが付いた美味しいリースリングです。リースリングの貴腐の香りは、化学薬品のような、ゴムっぽいような、石油っぽいような香りですので、覚えておいてくださいね。おそらく簡単に判ると思います。それが浮いた香りになってしまうと野暮な感じになってしまいますが、ミネラルに包まれしっとりとしたきめ細やかな質感を伴うものならエレガンスを倍増させます。ほんのりと甘いようなニュアンスを感じますが決して甘くはなくドライです。やや穏やかな酸味とミディアムなボディ、スケールは偉大では無いものの器はそこそこ大きく、ぎっしり詰まった多彩な色のフルーツと巨大なミネラル、スパイス、ハーヴ、花の香り、自然な量で減衰してゆく美しい余韻が良い畑と造り手の個性を感じさせてくれます。デイリーな価格に仕上がった納得の行く美味しいグランクリュ・リースリング..だと思います。ん?この味わいでこの価格、の方が判りやすいって..?(T.T)
フランス■□ Joseph et Christian Binner □■アルザス
ジョゼフ エ クリスティヤン ビネール
●はっきり言って、ちょっとびっくり..のムスーをご紹介します。すでにかなり無くなっていますので..。アルザスで造られた限定版のムスーです。
This is my type! 良いものは良い印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 レアバナー
1992 Cremant d'Arsace Extra Brut
クレマン ダルザス エクストラ ブリュット
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥2,680
 
【 滅茶苦茶ドライなのに妙に旨みが..】
92年にリースリング75%、ピノ・グリ25%で仕込まれたスペシャル・キュヴェだそうです。まあ、大したこと無いだろう、と思って飲んでみると、これがとっても良いんですね。エクストラ・ブリュットですのでリキュールを加えない超辛口なんですが、長い熟成によって微妙な表情が生まれ、複雑さを表現しています。ミネラリーな香りに微細な表情を見せる超辛口な味わいはクリュグに通じる物がある、などと言ったら失礼かもしれませんが、それも有りかも..などとも思います。クリュグとは酸のレベルが違うと思いますが、イメージは近いかもしれませんね。この夏、お奨めできるムスーの一つです。
フランス■□ la Chapelle de Cray □■ロワール
ラ シャペル ド クレイ
●NOISY's 定番の クレマン・ド・ロワールです。新着では有りませんが、この需要期にサービス価格でのご案内です。
This is my type! 良いものは良い印 美味しい印 
1995 Cremant de Loire Eclat de Cray
クレマン ド ロワール エクラ ド クレイ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥1,350
 
【 滅茶苦茶旨いとは申しませんが...】
 充分に納得の行く味わいだと思いますよ..。価格がこのくらいでクリーン・ピュアな辛口ムスーの納得できるものは、この「エクラ・ド・クレイ」位しか知りません。良いものが有ったらご紹介下さい..(^.^;;
 ところで、前回ご紹介の「クレマン・ド・ボルドー」はいかがでしたでしょうか..。納得行く味わいだったでしょ?果実味豊でクリーンですよね..。シャキっとした凛々しさが素敵だったと思いますが、クレイもそんな感じです。ばっちり冷やして食前に彼女と戴きましょう。そうすれば、段々その気に..。ん?勘違いしない..美味しく食事がいただける気になると..思います。蒸し暑いですもんね..。コメは大丈夫だろうか..。
イタリア■□ Di Majo Norante □■モリーゼ
ディ マーヨ ノランテ
●イタリア・サッカー、セリエA で活躍の中田選手がケースで買って行くという、エージェントの宣伝に踊らされるのが嫌で、敢えて今まで扱いませんでしたが、いやいや飲んだら美味しかったので買っちゃいました..(^.^ 節操がない..)
 ラミテッロのロッソがそのワインですが、ついでに以前ご紹介のサンジョヴェーゼも特販価格です。そのまたついでに..アドヴォケイト批判..になってしまいますが、その当たりもご紹介をば..
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
1999 ” Ramitello” Biferno Rosso D.O.C.
「ラミテッロ 」 ビフェルノ ロッソ D.O.C.
ちょっと頑張ってお奨め!


750ml ご注文数
¥1,550
 
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001 Sangiovese Terra Degli Osci
サンジョヴェーゼ テッラ デリ オスキ
 ちょっと頑張ってお奨め!


750ml ご注文数
¥1,150
 
【ラミテッロ: とってもシルキーな舌触りのデイリーワイン、サンジョヴェーゼ:充分納得の味わい!】
本来なら別々のコラムでご紹介する予定でしたが、「どうしても納得行かない」ので、敢えて一緒にご紹介です。是非とも2種を比べて欲しいと..思います。

 どちらもサンジョヴェーゼ(混じっていますが)によるロッソです。エノロジストはミスター・メルローこと「リカルド・コタレッラ」です。ラミテッロは、凝縮感と厚みの有る、しかも、彼らしいシルキーな舌触りが嬉しいリーズナブル・サンジョヴェーゼです。ところがどちらもアドヴォケイト誌では同ポイントなんですね..。ポテンシャルはやはり素直にラミテッロの方が高いと判断できました。こうなってくると、舌を疑うか癒着を疑うか..という事になっちゃいますよねぇ..。

 とは言え、ラミテッロはとっても美味しいので、こちらを基本に89点とすれば、サンジョヴェーゼの方は87点にしかならないと思いますよ..。何点付けるかは評論家さんの勝手ですが、明らかにポテンシャルの違うものを同ポイントとは疑問に感じます。

 何度も言いますが、「美味しいのには全く異存は有りません」ので、是非とも試してみてくださいね。比較的きっちり有る、幅のある酸味が、この季節に合うと..思います。今回少ないイタリアンのお奨めです。

1999 Di Majo Norante Ramitello Rosso
Di Majo Norante
Molise, Italy
Sangiovese (a dry red table wine)


The 1999 Ramitello is a blend of 70% Prugnolo and 30% Aglianico. Aromas of saddle leather, black cherry jam, minerals, and foresty scents are followed by a full-bodied, dense, chewy, muscular red. Drink it over the next 2-4 years.
 
The brilliant winemaker Riccardo Cotarella is now performing his magic at this estate, which should be sought out by readers seeking stunning wine values.


Reviewer Robert Parker
Rating   89 Points
Maturity  Drink 2002-2006
Cost    $12
Wine Advocate #144 (Dec 2002)より抜粋

2001 Di Majo Norante San Giorgio (Sangiovese)
Di Majo Norante
Molise, Italy
Sangiovese (a dry red table wine)


One of the world's greatest wine bargains is the 2001 San Giorgio Sangiovese. A deep ruby color accompanies sweet aromas of cranberries, strawberry jam, flowers, and a foresty component. Medium-bodied, fresh, exuberant, and purely made, with a surprisingly loaded finish, it is a perfect pizza/bistro-styled red that satisfies both the palate and the pocketbook. Enjoy it over the next 1-2 years.
 
The brilliant winemaker Riccardo Cotarella is now performing his magic at this estate, which should be sought out by readers seeking stunning wine values.


Reviewer Robert Parker
Rating   89 Points
Maturity  Drink 2002-2004
Cost    $8
Wine Advocate #144 (Dec 2002)より抜粋
イタリア■□ Tenuta di Trinoro □■トスカーナ
テヌータ ディ トリノーロ
●待ちに待った????トリノーロの2001年ヴィンテージが入荷です。
「高っけ〜..」
と、お感じでしょうが、特別に高く値付けしている訳では有りません。むしろ通常よりも値引率が高いです。濃厚で将来性豊かな..スーパータスカンです。
良いものは良い印 是非チェックしてね印 This is my type! 
2001 Rosso Toscana Tenuta di Trinoro I.G.T.
ロッソ トスカーナ テヌータ ディ トリノーロ


750ml ご注文数
¥22,000
 
【 未だ飲んでないので..済みません..】
PKさんはバレルサンプルからの評価ですが、「BRAVO!」の文字が出ているように、濃厚でこってりした味わいと香りなんでしょうね。

2001 Tenuta di Trinoro Trinoro IGT
Tenuta di Trinoro
Tuscany, Italy
Proprietary Blend (a dry red table wine)


A barrel sample of the 2001 Tenuta di Trinoro revealed a similarly-styled effort, with perhaps not quite the power and muscle of its older sibling, but potentially greater elegance and perfume. While it's a bit too early to know for sure, it will certainly be at least a low to mid-ninety point effort when released next year. These are not easy wines to find in the marketplace, but this is a remarkable estate. Bravo!
 
One of the new superstar estates in Tuscany, the first vintage of proprietor Andrea Franchetti was 1997. He is obviously a perfectionist, and is doing some things that have never been done with the likes of Cabernet Franc outside Bordeaux and a handful of California wineries. All of Franchetti's wines are made from low yields, given indigenous yeast fermentations, micro-oxygenations, and no racking, fining, or filtration prior to bottling. I have been a fan since the first releases. The wines go from strength to strength, although Franchetti keeps changing some of the names as well as blends.
 
(Not yet released)


Reviewer Robert Parker
Rating   (91-94) Points
Maturity  
Cost    
Wine Advocate #144 (Dec 2002)より抜粋

良いものは良い印 是非チェックしてね印 This is my type! 若くても飲めちゃう印
2001 Le Cupole Rosso Toscana I.G.T.
レ クーポレ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml ご注文数
¥5,500
 
【 レ・クーポレで充分旨い..】
 カベルネ・フラン43%、メルロ27%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%、チェザネーゼ・ダフィーレ5%という、新たなセパージュを模索し始めたトリノーロ..。このワインにトリノーロは新たなチャレンジをしよう、という気構えを感じます。

 セカンドとしてでは無く、ピンでトリを努められるような..ということでしょうか、それとも、それまでのエチケッタを反転したような仕上がりになっていますので、ハンドルを大きく切ったんだよ..という意思表示なのでしょうか..。

 味わいは、こってりとボリューム感が有り、しかも甘みを感じます。現在はややバランスしていませんが、今後3〜6カ月位で修正されるでしょう。ドライフルーツ、カシス、ブラックベリー、ハーヴ、スパイスそしてミネラル。フレーヴァーはたっぷりで、しかもフルボディ..。時間と共に徐々に変化してゆきます。アルコール度が高い性か、力強いワインですね。

 飲まれるならやはり夏を過ぎた当たりからが良いと思います。充分休めてお楽しみ下さい。
     イタリア■□ Romano Levi □■ピエモンテ
ロマーノ レヴィ
●いやー、本当に素晴らしいグラッパが再入荷です。言ってみるなら
「グラッパの中のグラッパ」
「グラッパの神髄」
と言い切れるかもしれません。
基本的に noisy は、「ハードリカー」は余り飲まないのですが、ロマーノ・レヴィだけは別なんです。
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
N.V. Grappa
グラッパ ハーブ入り その1

750ml ご注文数
¥25,900
 
アルコール度 50度 Basilico (バジリコ) + Limone (レモン)
これは良いと申しておりました。(From 熱烈ファン)
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
N.V. Grappa
グラッパ ハーブ入り その2

750ml ご注文数
¥25,900
 
アルコール分 48度 Erba Ruta (ルータ草 =ミカン科のハーブ)
This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
N.V. Grappa
グラッパ ハーブ入り その3

750ml ご注文数
¥25,900
 
アルコール分 51度 Liomtina (リモンチナ = レモングラス) +Timo (ティモ =タイム)
これも良い! と 熱烈ファンが申しておりました..
完売しました。有り難うございました。
【古式ゆかしい直火蒸留機と絞り滓を乾燥させた燃料で造っています..】
造り方はさておき、飲んだら
「何これ..!」
と、びっくりされるでしょう。
しなやかな舌触り、柔らかく喉を 「すぅー」 と通って行き、ふんわりとハーブの香りと旨みが返ってくる..そんな感じなんですね。また、入っているハーブの量の適切さは、余り言われていませんが特筆すべきだと思います。少しも尖っていない、柔らかさと膨らみが特徴の、美味しいグラッパです。明らかに、「ロマーノ・レヴィとそれ以外」というような区分けが出来てしまっていると思います..。(グラッパは言うほど飲んじゃいませんが..)

 ロマーノ・レヴィ氏はいい加減にお歳なので、そろそろ手に入らなくなる可能性は大きいです。すでに看板となっていたこの「自筆のエチケッタ」も印刷のものに取って代わられています。少し高いと思われるかもしれませんが、ロマーノ・レヴィさんのハーブ入りのグラッパとすれば、高くは無いと..。また、ワインと違って「ちびちび」と無くなるまで飲めますので、経済的かも..。一つとして同じ物が無い希少なグラッパです。
過去ログ 2002年第1弾 2002年第2弾 2002年第3弾 2002年第4弾
2002年第5弾 2002年第6弾 2002年第7弾 2002年第8弾 2002年第9弾
2002年第10弾 2002年第11弾 2002年第12弾 2002年第13弾
2002年第14弾 2002年第15弾 2002年第16弾 2002年17弾
2002年第18弾 2002年第19弾
2003年第1弾 2003年第2弾 2003年第3弾 2003年第4弾 2003年第5弾
2003年第6弾 2003年第7弾 2003年第8弾
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy