ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。自然派、ブルゴーニュ、イタリアワイン好きな方は是非ご来訪ください。

サンタ・マリア

Santa Maria

Last Update 2016.07.03


 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
■シャブリ ■マルサネ ■フィサン
■ジュヴレ=シャンベルタン
■モレ=サン=ドニ
■シャンボール=ミュジニー ■ヴージョ
■エシェゾー ■ヴォーヌ=ロマネ
■ニュイ=サン=ジョルジュ ■コルトン
■サヴィニー ■ボーヌ ■ポマール 
■ヴォルネイ ■サン=トーバン ■マコン
■ムルソー ■ピュリニー ■シャサーニュ
■ボージョレ ■プイィ=フュイッセ
■フランス
  ブルゴーニュ
  ボルドー
  ローヌ
  シャンパーニュ
  ロワール
  アルザス
  ジュラ
  サヴォワ
  ラングドック
  ルーション
  オーヴェルニュ
  マール
  フィーヌ
  ラタフィア
  シードル
■イタリア
  トスカーナ
  ピエモンテ
  フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
  ヴェネト
  アルト=アディジェ
  アブルッツォ
  エミーリャ=ロマーニャ
  カンパーニャ
  ロンバルディア
  シチリア
  マルケ
  ラッツィオ
  プーリア
  グラッパ
  オリーブオイル
  食品        
■スペイン
■アメリカ
■ドイツ
■ギリシャ
■オーストリア
■オーストラリア
■インド
■ポルトガル
■日本
  ■ 〜¥2,600 デイリー価格帯
  ■ 〜¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ 〜¥5,600 ここはリッチ!
  ■ 〜¥7,000 凄くリッチ!
  ■ 〜¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001〜 超高級?
  ■ ワイングラス・その他のグラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ラベルレコーダー・コレクター
  ■ コルクキャッチャー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ 〜1959年より前
  ■ 1960年〜1969年
  ■ 1970年〜1979年
  ■ 1980年〜1989年
  ■ 1990年〜1999年
  ■ 2000年〜2009年
  ■ 2010年〜
noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/7
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
なかなか質感も良いです。最高で1.5L入ります。 Spiegelau
Vino Grande
NO.7060157
シュピーゲラウ
ヴィノ・グランデ
デキャンタ1.5L
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で
綴る..まんま 「
Real Wine Guide


VISA・MASTER、JCB、AMEX、DINERSカードがご使用になれます。SSLで個人情報漏れの心配もありません。
クリックしてSSL証明書をご確認ください。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
NOISY'S WINE SELECTS 原酒店のサイト中、「買い物かご」等個人情報を扱うページでは、SSL 情報暗号化通信で情報漏洩から保護しています。上記のグラフィックをクリックすると証明書の確認ページに飛びます。
◆◆FACEBOOKのご案内
  取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
noisywineをフォローしましょう
◆◆Twitter 開始のご案内
 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
[an error occurred while processing this directive]
イタリア  ■□  Santa Maria  □■  トスカーナ
サンタ マリア
● 素晴らしいブルネッロで皆さんを魅了したサンタ・マリアの、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを感じさせてくれるオルチャ・ロッソをご紹介します。これもかなり旨いです!

● 奇跡のブルネッロをご紹介します。
「本当にそんなことって有るのかなあ??」
と、知らないうちに疑問符を沢山打ちたくなるような・・、畑の入手のいきさつです。そして何と言っても、

「本物のブルネッロしか現せない濡れたエレガンス」
を持っています。このサンタ・マリアのブルネッロがブルネッロであるならば、他の多くのブルネッロがブルネッロではない・・・とさえ、思わせるような、とても静かな凄みを持っています。

 noisy自身、常に追いかけているブルネッロはそう多くは有りません。カーゼ・バッセ、ルヴィオーニ、ラ・フィオリータ、チャッチ・ピッコロミーニ・ダラゴーナ位のものです。これらの生産者のブルネッロはそれぞれに違う美しさと凄みを持っていますが、サンタ・マリアのブルネッロも同様に全く違うニュアンスを持ちますが、クオリティ的には同様にとんでもなく高いと感じています。

 まあ、ブルネッロと言うワインは、誰にでも手が出せるようなプライス・ゾーンには無いですから、もし購入するなら間違いの無いものにしたい、という気持ちになられるに違い有りません。でも、noisy的な感性が自身に結構しっくり合っている・・・、というメンバーの方が多いと思いますので、おそらく大きな感動をしていただけるものと思います。


エージェント情報
「神様がブドウを育てなさいと言っているのだ」
サンタ・マリア

 もう完全に日本には紹介し尽くされたと思っていたモンタルチーノに、驚くべきクオリティワインが登場しました。ベルガモ出身のコッレオーニ・マリーノとルイザ夫婦が1989年にモンタルチーノに定年後の住処として購入した小さな農園が、サンタ・マリアです。マリーノは元プログラマー、ルイザはフレッシュパスタの店を3軒経営していました。その農園にはブドウ畑は付いておらず、購入当初はまったくワイン造りをする予定はありませんでした。ちなみにその当時、DOCG認定の権利付の土地をモンタルチーノで購入しようと思えば、1haあたり8千万円以上したそうです。

 静かな田舎暮らしをするはずが、ある日作り話のようなきっかけで状況は一変しました。畑に生えていた一本の栗の木。よく見るとブドウのような蔓がまきついているので、引っ張ってみたら雑草に埋もれたブドウの樹にたどりつき、そのあたりを掘り起こしてみると他にも古い株が500ほど見つかりました。そこで役所に届けたところ、元々は畑として使われていた土地、ということで栽培許可が無料で下りたという、まさに棚ぼた。彼らは、ものすごく価値の高い土地を知らずに購入していたのでした。

 「これは神様がブドウを育てなさいと言っているのだ」
と、ワイン造りに挑戦することになりました。 現在そのとき発見したブドウの樹は引き抜かれ(長年手入れをしていなかったせいですっかり弱ってしまっていた)、きちんと畑を仕立て直して、1.5ヘクタールのブドウ畑と3ヘクタールのオリーブ畑となっており、畑の土壌は細かい砂交じりの粘土質。有機栽培(無肥料)を実践しています。

「これこそ天職。放っておかれたら何日でも畑にいられる。最も落ち着く場所。」
と語るマリーノはすっかり畑の魅力にとり憑かれています。 畑は小さな4区画に分かれており、それぞれ向きと斜度が異なります。その4区画の内、その年に最もよいブドウができた畑からブルネロをつくり、あとの3区画分をブレンドしてロッソにします。醸造に関しては、縦型の大樽を使い、天然酵母のみで醗酵。20〜25日程度のマセレーション。皮をよけた後ブルネッロは15〜20ヘクトリットルの大樽で2,3年熟成。ロッソはステンレスタンクで熟成。あと、ロッソにはブルネロになるキュヴェのセカンドプレスワインも入っています。ブルネロにはワインと搾りかすを分けるときにやさしく圧搾した方だけを使い、少し渋みとかも出るもっと強く絞った方はロッソに入れてしまいます。

 そして彼らはこの4区画とは別に、完全に森に囲まれた小さな畑を持っています。この畑は完全に無肥料・無耕起の自然栽培で、ワインは瓶詰めまで完全に亜硫酸無添加です。このスペシャルワイン(自家用だったりして?)を数本でも日本に輸入することが次の目標です。

 本当に上品で優しそうなマリーノとルイザ。農業もワインづくりも素人だったはずの彼らが、なぜ短期間でここまで素晴らしいワインをつくり上げることが出来たのか。未だ謎ではありますが、生産効率よりも大好きな自然を尊重することを優先させ、濃密で様々な要素を感じさせながらも、自然な味わいでストレスなく飲むことができる上品なブルネロ。彼らの人柄だから成しえたのではないかと思います。

 ブルネロではソルデーラを最も尊敬し、ラ・ビアンカーラのアンジョリーノやグルッポ・ヴィーニヴェーリのメンバーとも交流を持ち始めたために様々なことを“先輩”(本人の言葉)たちから学んでいるというマリーノ。ブルネロの本来あるべき本当の姿は、異邦人である彼らの方がはっきり見据えることができるのかもしれません。 .



2014 Rosso I.G.T. Non Filtrato
ロッソ・ノン・フィルトラート
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11656 0 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 イタリア トスカーナ

■エージェント情報
 サンジョヴェーゼ100%
750ML 在庫
ご注文数  本
¥2,280 (外税)

【瑞々しくてとても美しいです!エレガントな仕上がりでバランス抜群!これは美味しい!お奨めします!】
 気付くと無くなっていて仕入れできないことが多い「サンタ・マリア」です。おかしいんだよなぁ・・リアルで一生懸命にお奨めを書いて、さぁ・・買おうと思って注文を出すと「完売」だとおっしゃる・・。まぁ、以前はNUさんが代理店だったんですが、余り売れなかったようで・・なので、noisyのタイミングで購入出来たんですが、ヴィナイオータさんに移ってからは非常に好調。何か釈然としないんですが・・仕方が無いですかね〜。

 サンタ・マリアのカンティーナのワインは、やはりセンスが良いと思うんですね。

 「ビチッ」と濡れた表情でみずみずしく、濃厚では無いのに全く薄くない・・非常にナチュラルなのに揮発酸に侵される事も無くピュア・・です。

 このロッソは、カスティリョーネ・ドルチャのセルヴァレッラにあるサンタ・マリアのぶどう園の葡萄では無い葡萄・・つまりご近所で売れずに捨てるしか無い葡萄を引き取り醸造しているキュヴェです。

 なので、普通ならば余りまともなワインにはならず、どこかピュアさの無い、また凝縮感の無いダラけた味わいになってしまうものです。何故って・・ワインの醸造は収穫からは一刻を争うスピードが求められるからなんですね。

 良いワインを買い葡萄で造ろうと思ったら、それはもう・・計画的に物事を運ばないと上手くいきません。人間をいつどれだけ集めて何時に収穫して、どのように醸造所にすばやく運んで行くか・・とかです。
 それを一歩間違えると、So2を沢山使う羽目になったり、せっかく醸造したワインの大部分を廃棄するようになってしまうんですね。なので非常に気を使う部分なんです。

 ところがですね・・このワイン、ノン・フィルターですよ。フィルターをキツメにはしなかったのではなく、全くフィルターしていません。2014年はトスカーナは結構厳しいヴィンテージだったようですから、しかも買い葡萄で・・となると、一般的には懐疑的な見方になってしまいますが、何とノン・フィルターです。


 飲んでみますと、実に美しい・・エキスがきっちり出た味わいをしています。ミネラリティも充分!・・濃厚では無いんですが、全く薄さは感じないです。中域も密ではありませんが柔らかにきっちり膨らんでくれます。冷ややかでバランスの良い酸が心地よいです。中盤以降、岩清水のような美しい水の甘露な余韻が感じられます。透明感バッチリです。

 なんだ・・こんなに美味しいならさっさと購入しておけばよかった・・と後の祭りでした。数は沢山は無いですが是非飲んでみてください。非常に優れたリーズナブルワインです!



以下は以前のヴィンテージのもののレヴューです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【買い葡萄だそうですが・・・ビックリな美味しさ!開放感溢れる緻密な果実!】

 これ・・・めっちゃ旨いです。絶対買った方が良い・・ですよ。サンジョ(ブルネッロ)、メルロ、カナイオーロ、コロリーノ、マルヴァジーア・ネッラというセパージュのようです。ブルネッロのコラムに記載したとおり、ご近所の樹齢の高い葡萄から造ったようです。しかもノン・フィルター、ノンSo2です。びちゃびちゃと濡れた果実感、テクスチュアが溜まりません!

 黒と黒から赤に変化しつつ、滑らかで膨らみのある中域、流れるように長い余韻・・・そして鼻に抜けてゆくブルネッロっぽい積層したミネラル感。

 僕らがブルネッロっぽいと思っているのは、きっと、その土壌の特徴なのでしょう。葡萄品種は単に畑のミネラル、糖分、酸の収集者なんだと云うことなのでしょう!素晴らしいワインです。限定数ですので・・・お早めにどうぞ!目茶美味しいです!

.



2013 Rosso di Montalcino Non Filtrato
ロッソ・ディ・モンタルチーノ・ノン・フィルトラート
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11657 0 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 イタリア トスカーナ モンタルチーノ

■エージェント情報
 サンジョヴェーゼ(ブルネッロ)100%
750ML 在庫
ご注文数  本
¥3,780 (外税)




2014 Orcia Rosso Non Filtrato
オルチャ・ロッソ・ノン・フィルトラート
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11655 0 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 イタリア トスカーナ

■エージェント情報
 サンジョヴェーゼ100%
750ML 在庫
ご注文数  本
¥2,990 (外税)

【ロッソをさらにエレガントに、複雑性を沢山加えたエキス系です!旨い!】
 こちらは自家ぶどう園の葡萄から造られたオルチャ・ロッソです。同じようにノン・フィルターで造られています。コラージュもされていないでしょう。独特の反射が感じられる色合いです。

 そうですね・・まず上記のロッソと色合いを比較してみましょうか?どうですか?・・オルチャ・ロッソの方が色は淡く、より赤に近い色合いで、エキス系のニュアンスが見えるようじゃないでしょうか。

 そうなんですよ・・上記の買い葡萄のロッソは、むしろ濃いように見えるし、実際に濃い色です。このオルチャはよりブルゴーニュ的でして、エキスの味わい・・出汁の味がより濃く、複雑性も高いんですね。

 これは良くボルドーとブルゴーニュの味わいの比較に例えられたりしますが、どっちがしっかりしているのか・・と言うと我々は困っちゃいますよね?・・フランス的には、男がブルゴーニュで女がボルドーです。

 2014年はトスカーナは結構厳しいヴィンテッジだったと書きました。その意味で、いつもの「オルチャ・ロッソ」の力強さは有りません。

 じゃぁ薄いのか?と問われますと・・全然薄くなく、むしろエキス的な味わいは濃い目とさえいえるかと思います。つまり、単純に濃度が色に出ている通常のヴィンテージとは異なり、味わい、エキスの方に濃度が出ているとお考え下さい。

 なので、ブルゴーニュ・ファンが非常に多いnoisy のお客様にはむしろ持って来い!の仕上がり具合で、エキスの美味しさを知ってしまっていらっしゃるのですから、
「いつものヴィンテージより旨いよ」

とさえ言えるかもしれません。


 結果として非常に美味しい仕上がりになった2014年オルチャ・ロッソです!飲み疲れせず、じんわりとエキスの美味しさを堪能できます。是非トライしてみてください!お奨めします!


以下は以前のオルチャ・ロッソのコメントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ブルネッロ(品種)の持つ若く開放的な表情を楽しめる!しかもブルネッロ(DOCG)の複雑性も!】

 ブルネッロの生産者であれば、おそらくこれをやりたいに違いない・・・そう思わせる完成度を持った、とても美味しいロッソ・ディ・モンタルチーノそのものと言って良い、オルチャ・ロッソです。

 オルチャはブルネッロに東に位置し、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノと隣り合わせの地区になりますが、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの深みや複雑性を、若々しく、しかも柔らかく、しなやかに表現している、かなり素晴らしい出来栄えです。

 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノと言えば、長い熟成を義務付けられていますので、生産者によれば、長い熟成期間で、ブルネッロの持つ開放的な側面を表現しきれないと思っている方も多いはず・・。ところが、このオルチャは、そんな義務は有りませんが、モンタルチーノに似た気候や自然なのでしょう。見紛う事なきブルネッロ・ディ・モンタルチーノの複雑性・・・そっくりながら、プリプリした若さも持ち合わせています。

「ん?じゃあ、ロッソ・ディ・モンタルチーノで良いじゃん!」

 と思われるでしょうが、利益・税金の関係が有って、より高い収入の得られる可能性が有れば、素性の良い葡萄はロッソにはしないのが普通なんですよね。ですので、こんな美しいフォルムのブルネッロ(らしきもの)は、このオルチャに限るのかもしれません。

 おそらく・・・とても安いし、とても旨いので、加速度が付いて無くなると思います。是非、お早めにお試しください。超お奨め!旨いです!

 土地の可能性をも超えた、「人」が生み出す魅力

昨年衝撃のデビューを果たした、サンタ マリアのオルチャ ロッソ。ブルネロと比較すれば当然格下のこのワインこそが、実はマリーノとルイーザのコッレオーニ夫妻が目指す方向の先にある、「理想のワイン」の姿を見ることが出来るのです。初ヴィンテージとなった2007年は、全生産量600本の内564本が日本に入荷し、今年2008年は生産量1300本の内、1000本が入荷しました。
オルチャ ロッソは、まったく無名であったサンタ マリアのブルネッロを評価し、受入れて頂いた日本の皆様への感謝の気持ちと、今後彼らが目指す方向を示すメッセージがこもったワインなのです。

〈!試飲しました!〉
2年目のオルチャ ロッソ、私たちも楽しみに試飲しました。抜栓直後はちょっぴり還元香、ですがグラスを少し回すと飛ぶレベルで問題なし。到着したての通関ほやほやですので、味わいはやや荒れ気味。07年に比べて骨格があり、しっかりとした味わいです。素養の良さというか雰囲気はしっかりあり、今後どんどんと良くなっていきそうな様子です。ここまで「トスカーナらしさ」と「飲み心地」を両立させたワインは珍しいのでは??価格を考えても【絶対のオススメ】です!

「オルチャ ロッソ誕生のきっかけ」

昔は世界で名が知られているイタリアワインなど3つか4つしかなかった。そのうちのひとつがキャンティだ。元々は95%のサンジョヴェーゼ(常にではないがカナイオーロとともに)と5%のトレッビアーノ、マルヴァジーアで造られていた。

若いうちにも飲めるし、何十年も熟成させられるワインだったはず。ところがワイン法に手が加えられ、メルローやカベルネもブレンドできるようになり、オリジナリティが失われてしまった。

私は、一昔前のキャンティを髣髴とさせるようなワインを造ってみたかったし、幸運なことにDOCオルチャではそれが可能だった。ただ、この畑のブドウはゆっくりと育って欲しいと願っているので、実現するためには時間と忍耐が必要だけれど。(現時点ではまだ、トレッビアーノとマルヴァジーアが生産体制に入っていない。)


「なぜ亜硫酸完全無添加なのか?」

ワインを可能な限り自然に造る、というのは私たちの最終目標。とはいっても、いま現在自分たちがブルネロ、ロッソに使用しているごく少量の亜硫酸が大きな問題になっているとは考えていない。

それでも、僕とルイザはちょっぴりの冒険、自分たち自身への挑戦というのがしてみたかった。それが今回の、完全に自然なワインを造るという形で現れた。自分たちががんばっている畑が、亜硫酸完全無添加でも絶えられる強いワインを作り出すことが出来る程度の力を持っているか見てみたかった。

これは、自然なワインを造ろうと心がている造り手であれば、誰もが目指すところなんじゃないかな・・・可能な場合には、ということだけれど、もちろん。

夢は、ブルネロもロッソも同じように亜硫酸完全無添加でリリースすること。これに関してはここ何年か試してはいる。5年後どうなるかを見るために2006年のブルネロはひとつ小さな樽を無添加のまま残してみた。(今のところ全く問題なし!)

.
新着メンバー価格の商品は通常商品と送料サービス体系が異なりますのでご注意下さい。

   
[an error occurred while processing this directive]
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy