ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。自然派、ブルゴーニュ、イタリアワイン好きな方は是非ご来訪ください。

ル・マゼル

le Mazel

Last Update 2017.03.04


 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
■シャブリ ■マルサネ ■フィサン
■ジュヴレ=シャンベルタン
■モレ=サン=ドニ
■シャンボール=ミュジニー ■ヴージョ
■エシェゾー ■ヴォーヌ=ロマネ
■ニュイ=サン=ジョルジュ ■コルトン
■サヴィニー ■ボーヌ ■ポマール 
■ヴォルネイ ■サン=トーバン ■マコン
■ムルソー ■ピュリニー ■シャサーニュ
■ボージョレ ■プイィ=フュイッセ
■フランス
  ブルゴーニュ
  ボルドー
  ローヌ
  シャンパーニュ
  ロワール
  アルザス
  ジュラ
  サヴォワ
  ラングドック
  ルーション
  オーヴェルニュ
  マール
  フィーヌ
  ラタフィア
  シードル
■イタリア
  トスカーナ
  ピエモンテ
  フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
  ヴェネト
  アルト=アディジェ
  アブルッツォ
  エミーリャ=ロマーニャ
  カンパーニャ
  ロンバルディア
  シチリア
  マルケ
  ラッツィオ
  プーリア
  グラッパ
  オリーブオイル
  食品        
■スペイン
■アメリカ
■ドイツ
■ギリシャ
■オーストリア
■オーストラリア
■インド
■ポルトガル
■日本
  ■ 〜¥2,600 デイリー価格帯
  ■ 〜¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ 〜¥5,600 ここはリッチ!
  ■ 〜¥7,000 凄くリッチ!
  ■ 〜¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001〜 超高級?
  ■ ワイングラス・その他のグラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ラベルレコーダー・コレクター
  ■ コルクキャッチャー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ 〜1959年より前
  ■ 1960年〜1969年
  ■ 1970年〜1979年
  ■ 1980年〜1989年
  ■ 1990年〜1999年
  ■ 2000年〜2009年
  ■ 2010年〜
noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/7
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
なかなか質感も良いです。最高で1.5L入ります。 Spiegelau
Vino Grande
NO.7060157
シュピーゲラウ
ヴィノ・グランデ
デキャンタ1.5L
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で
綴る..まんま 「
Real Wine Guide


VISA・MASTER、JCB、AMEX、DINERSカードがご使用になれます。SSLで個人情報漏れの心配もありません。
クリックしてSSL証明書をご確認ください。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
NOISY'S WINE SELECTS 原酒店のサイト中、「買い物かご」等個人情報を扱うページでは、SSL 情報暗号化通信で情報漏洩から保護しています。上記のグラフィックをクリックすると証明書の確認ページに飛びます。
◆◆FACEBOOKのご案内
  取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
noisywineをフォローしましょう
◆◆Twitter 開始のご案内
 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
[an error occurred while processing this directive]
フランス  ■□  le Mazel  □■  ローヌ
ル マゼル
● 久し振りのル・マゼルです。・・10年は経ってないかもしれませんが近いものが有ります。ローヌ自然派の大家・・と言うか、フランス自然派の若手の教授・・みたいな感じでしょうか。

「マゼルの葡萄で仕込んだ〜〜」

と言うアナウンスは引切り無しに聞きますが・・最近もアルザスに持ってきて仕込んだとかも有りましたよね・・でもル・マゼル自身の仕込みのワインは多くは無いようです。どうも後輩の指導に夢中で自分のワイン造りは二の次なのかな〜と・?

<ル・マゼル>
 ローヌ南部アルデッシュの小さな村ヴァルヴィニエールに位置しており、現在19haのブドウ畑を所有しております。ブドウ栽培は祖父により1919年から始まり、父や現当主のジェラルドにより大きく成長しました。ジェラルドは、1984年より父の元で働き始めました。当時、ブドウはヴァルヴィニエール協同組合のワイナリーへ卸していました。80年代に入り化学肥料や農薬、除草剤などが蔓延しただけでなく、販売率を優先したワイン造りや不自然なワイン造りが多くなっている時代でした。そのような時に、ジャック・ネオポールとマルセル・ラピーエールに出会い、化学肥料や亜硫酸、培養酵母などを使わず自然で高品質なワインを造る事が出来ると知り、1997年より自ら醸造を手掛けるようになりました。
 100%天然酵母、酵素やビタミン、亜硫酸の無添加。清澄やろ過も行っておらず出来るだけ自然な造りを心がけ、フルーティーで香り豊かなワインを造る事を心がけています。



2003 St.Philippe V.d.P. de l'Ardeche Rouge
サン・フィリップ・ルージュ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11589 5849 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ローヌ

■エージェント情報
<サン・フィリップ2003年>
 澱が多くございますので、到着後立てた状態で数日落ち着かせてからのご使用をお勧め致します。
 南向きの粘土石灰質土壌で樹齢48〜56年。ステンレスタンクで2週間のマセラシオンカルボニック。プレスの後ステンレスタンクで12ヶ月かけて低温でゆっくりと発酵させ、その後228Lのオーク樽で24ヶ月熟成。熟成を見て取れる薄いレンガのような色合いです。グラスに顔を近づけた瞬間に期待感が湧く紅茶の茶葉やタバコのような熟成香、そしてドライプルーンや完熟したブドウであったことも連想させる香りが漂います。口に含むと一瞬で虜になるような複雑な旨味と香り、そして果実由来の甘みとバランスの良い酸が全体に広がります。タンニンは角がとれとてもエレガントな口当たりで、余韻には梅かつおのような旨味と風味が長く続きとても贅沢な味わいです。時の経過に伴いやや揮発酸が高くなりますが、それをものともしない風味と味わいがあります。ワイン中の良い部分だけを残しながら熟成をしてきたように感じられる味わい深い1本です。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥2,780 (外税)

【完熟のビオディナミ・シラー!例外的に暑かった2003年ものが今リリースです!】
 ・・・まぁ・・2003年ものを今頃海外に出荷する訳ですから、さぞかしご指導には念を入れられているようです。なので、マゼルの葡萄を使用した他の生産者のワインが世に溢れる中、マゼル自身のワインはさしてない状況かと思います。

 2003年はご存知のように高温の夏でした。フランスでも日本でも熱中症による被害を受けられた方が大勢いらした年。

 またワイン界的には、ビオ・自然派の生産者は良い出来の葡萄を得たが、普通の栽培の場合は酸度が不足したなどなど・・様々な情報が飛び交い、それを確認する作業に追われた年でも有りました。

 今回のル・マゼルの2003年、サン・フィリップ・ルージュはシラー100%です。中々の仕上がりになっています。

 まずは色合いを見てみましょう。これがグルナッシュならもう少し濃いかな〜・・・と言うところでしょうか。澱が多く有ったので、わずかに澱を落とし切れず、舞った状態なことが見えるでしょう。

 少し熟成感が出てきた感じの褐色がわずかに取れるかもしれません。

 そして、この何とも言えぬ「暗いオレンジ色」からは、揮発酸の影響が見て取れます。(ワインをお勉強中の方には、結構な情報かもしれませんが・・) 香りは何とも複雑さに満ちています。黒いもの、茶色、オレンジ、黄色、赤・・凄いです。香りもシラー種由来のものから畑の個性・・非常に複雑です。シガーっぽい香りも有れば、産膜酵母系のニュアンスも僅かに有ります。

 気になる揮発酸の影響ですが・・面白いもので、「完全に止まってる」状態です。つまり揮発酸を生み出す酵母は死滅しているのは勿論ですが、酵素も全く動いていないです。もっとも、このまま栓をせずに置いておけば、新たな酵母が空気からワイン中に入って活動すると思います。しかし、この「完全に止まっている」=「抜栓しなければこれ以上はボラテイル値は上がらない」ことが重要です。このことにより、揮発酸の影響は要素の一つとなります。そして、決してその酸度は高すぎることはありません。

 とても丸みが有り、豊かでいながら全体としては「豊満」を感じさせません。ピュアな活き活きとした美味しい酸もたっぷり有り、そして非常にドライなのに多彩な酸が旨さを形成しています。

 自然派嫌いには・・お奨めしませんが、普通に大丈夫な方には、

「もっと・・ちょうだい!」

と言っていただける味わいです。現に店頭では、その辺りをちゃんと説明させていただき、結構動いています。自然派ファンの方、是非ともご検討くださいませ。自然派嫌いの方はどうぞスルーしてくださいね。


.
新着メンバー価格の商品は通常商品と送料サービス体系が異なりますのでご注意下さい。

   
[an error occurred while processing this directive]
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy