ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。自然派、ブルゴーニュ、イタリアワイン好きな方は是非ご来訪ください。

ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ラトゥール

Domaine et Maison Louis Latour

Last Update 2017.03.16


 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
■シャブリ ■マルサネ ■フィサン
■ジュヴレ=シャンベルタン
■モレ=サン=ドニ
■シャンボール=ミュジニー ■ヴージョ
■エシェゾー ■ヴォーヌ=ロマネ
■ニュイ=サン=ジョルジュ ■コルトン
■サヴィニー ■ボーヌ ■ポマール 
■ヴォルネイ ■サン=トーバン ■マコン
■ムルソー ■ピュリニー ■シャサーニュ
■ボージョレ ■プイィ=フュイッセ
■フランス
  ブルゴーニュ
  ボルドー
  ローヌ
  シャンパーニュ
  ロワール
  アルザス
  ジュラ
  サヴォワ
  ラングドック
  ルーション
  オーヴェルニュ
  マール
  フィーヌ
  ラタフィア
  シードル
■イタリア
  トスカーナ
  ピエモンテ
  フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
  ヴェネト
  アルト=アディジェ
  アブルッツォ
  エミーリャ=ロマーニャ
  カンパーニャ
  ロンバルディア
  シチリア
  マルケ
  ラッツィオ
  プーリア
  グラッパ
  オリーブオイル
  食品        
■スペイン
■アメリカ
■ドイツ
■ギリシャ
■オーストリア
■オーストラリア
■インド
■ポルトガル
■日本
  ■ 〜¥2,600 デイリー価格帯
  ■ 〜¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ 〜¥5,600 ここはリッチ!
  ■ 〜¥7,000 凄くリッチ!
  ■ 〜¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001〜 超高級?
  ■ ワイングラス・その他のグラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ラベルレコーダー・コレクター
  ■ コルクキャッチャー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ 〜1959年より前
  ■ 1960年〜1969年
  ■ 1970年〜1979年
  ■ 1980年〜1989年
  ■ 1990年〜1999年
  ■ 2000年〜2009年
  ■ 2010年〜
noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/7
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
なかなか質感も良いです。最高で1.5L入ります。 Spiegelau
Vino Grande
NO.7060157
シュピーゲラウ
ヴィノ・グランデ
デキャンタ1.5L
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で
綴る..まんま 「
Real Wine Guide


VISA・MASTER、JCB、AMEX、DINERSカードがご使用になれます。SSLで個人情報漏れの心配もありません。
クリックしてSSL証明書をご確認ください。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
NOISY'S WINE SELECTS 原酒店のサイト中、「買い物かご」等個人情報を扱うページでは、SSL 情報暗号化通信で情報漏洩から保護しています。上記のグラフィックをクリックすると証明書の確認ページに飛びます。
◆◆FACEBOOKのご案内
  取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
noisywineをフォローしましょう
◆◆Twitter 開始のご案内
 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
【 更新情報 】 (↓ 文字をクリックして下さい。)
2017/04/13(木)更新 NOISY'S WINE SELECTS 新着情報 第12弾 ロワール随一!ディディエ・ダグノー2014年&クリスチャン・セラファン2014年


フランス  ■□  Domaine et Maison Louis Latour  □■  ブルゴーニュ
ドメーヌ エ メゾン ルイ ラトゥール
● ボーヌの実に秀逸なネゴシアンで有りドメーヌでもあるルイ・ラトゥールは素晴らしいシャルドネを世に送り出しています。良く知られたのはやはりコルトン=シャルルマーニュ。20年以上の長命さを誇る。ルイ・ラトゥールのシャルドネは全体として全て佳酒であることに誰も異論はないでしょう。

 今回はオスピス・ド・ボーヌのムルソー・シャルム・キュヴェ・アルベール・グリヴォーの2004年です。

 オスピス・ド・ボーヌの白ワインはオスピスが産する全体の量の5〜6分の1ほどですので非常に希少です。また昨今はオスピス・ド・ボーヌのワインの良質化に伴い落札価格も上昇、人気も高まっているようです。

 それなりにリーズナブルに購入出来たので、そのまま飲まずに出そうか・・とも思ったんですが、色々言いたいことも有って、1本開けることにしました。



12439 Meursault-Charmes 1er Cru Cuvee Albert Grivault Hospices de Beaune
ムルソー・シャルム・プルミエ・クリュ・キュヴェ・アルヴェール・グリヴォー・オスピス・ド・ボーヌ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12439 1 スティルワイン 辛口 フランス ブルゴーニュ ムルソー

■エージェント情報
 ル・ラトゥールが落札した「オスピス・ド・ボーヌ」の「ムルソー・シャルム・キュヴェ・アルベール・グリヴォー」をご紹介いたしましょう。
 こちらはムルソー・シャルムの上部(シャルム・ドスュ)に位置する、0.55haの区画。この素晴らしい場所に広がる畑は、1904年にグリヴォー夫妻によってオスピス・ド・ボーヌに寄進されたそうです。このうち、38%のブドウ樹は1958年に植えられた古木であり、他の30%は1985年に、32%は1997年に植えられた木であるとのこと。
 ムルソーのプルミエ・クリュである「シャルム」は、その力強い味わいが特徴とされ、ムルソーをムルソーたらしめている「豊満さ」「華やかさ」が完璧に備えられた土壌だと評されていることからも、期待が高まるアイテムだと
750ML 在庫
ご注文数  本
¥10,500 (外税)

【ムルソーを代表する造り手、アルベール・グリヴォーがオスピスに寄進したレ・シャルム・ドスュ!標高の高い最高の位置です!ようやく・・です!】
 時折言うことですが、皆さんの内、ほとんどの方は、ワインを若くして飲むことに慣れていて、その若い味わいこそがワインの味わいだと・・思われているんですね。長くワインを愛されてきた方も、またシニア・ソムリエとかの有資格者の方も、またほとんどの料飲店の方もです。

 よほど自信がお有りなんだろうなぁ・・とは思うんですが、収穫年からたかだか10年〜20年のワイン、それもしっかり仕上げた造りのワインを、

「・・もう死んでました。」
「終わってました。」

と、平気でおっしゃるんですね。


 まぁ、それでも良いんですよ。ご自身の感覚ですから・・。でもね・・それが全てなのか、全く正しいのか・・と言うことについては、

「絶対は・・無い」

はずなんですね。・・だって、その先を見ずに飲み終えてしまうか、飲むのを止めてしまうんですから。


 特に・・これは何度も言っていることですので、耳タコかもしれませんが、

「白ワイン、特にシャルドネは狸寝入りする」

んですね。


 一見とても美味しいシャルドネで、でも、こんなものかなぁ・・と言う印象だったり、全く香りもせず、どちらかと言えば酸化のニュアンスが立ってしまっていたりする・・。

 こんな状況だと、先ほどの言葉、「もう死んでました」と言ってしまうのかな・・と思います。


 例えばコート・ド・ボーヌのシャルドネの良い畑のものであれば、たかだか20年じゃぁ死なないですね。もし死んでいるので有れば、よほど造りが悪いか、コンディションが悪いかです。

 聞いてみると、

「いや、コンディションは悪くありませんでした。」

とおっしゃる。


 造りや造り手に問題が無く、コルクや保存コンディションに問題が認められないのなら、ほとんどの場合は、

「開く前に飲み終わってしまっているか、飲むのを止めてしまっている」

と言うことなんです。今一度、ワインと正面から向き合い、その声を聴いてほしいなぁと思う次第です。



 オスピス・ド・ボーヌと言う存在も良くは判らないですよね。元々は慈善の病院からスタートしていまして、その存在を助けるためにヴィニュロンたちは自分の持ち畑をオスピスに「寄進」したんですね。

 で、そのワインの造られ方は時代によって変遷が有り、また一様では有りませんでした。現在はほぼ、オスピスの従業員が自然派的なアプローチで栽培(もしくは栽培指導)をし、設備も整ったオスピスで醸造しています。まぁ、一応コラム的にはルイ・ラトゥールが落札者なので、自然派のページには入れませんでした。以前は、寄進者が葡萄を育てたり、もしくは醸造までやっていたことも有った様です。

 このキュヴェ・アルベール・グリヴォー2004につきましては、オスピスの指名者、もしくは従業員が葡萄を育て、オスピスの醸造所で発酵から樽詰め(新樽)まで行って、翌年の11月の第3日曜日に、ボーヌで競売会が行われ、ルイ・ラトゥールが落札し、自身のカーヴでその樽をエルヴァージュ、瓶詰め、販売したものになります。


 久しぶりにオスピスの白を飲んでみました。写真の色合いもなぜかナチュラルですよね。抜栓直後、

「・・普通に美味しい」

です。良い感じのややオイリーでチャームなタイプのムルソーです。でも、レ・シャルムってもっと・・と言うような印象が有ります。


 そう・・上記に記載したように、

 一見とても美味しいシャルドネで、でも、こんなものかなぁ・・と言う印象だったり、全く香りもせず、どちらかと言えば酸化のニュアンスが立ってしまっていたりする・・。


 の、「でも、こんなものかなぁ・・と言う印象だったり・・」に該当するパターンなんですよ。


 ちょうど修行中の息子も個室から降りて来て飲み始めたので様子を伺いつつ・・noisy も飲んでいました。美味しいんだけど、少しだけフラストレーションが溜まるような展開ですね。

 それに、カミさんと息子と3人で飲んでますんで、このパターンはワインがさっさと無くなってしまう、余り良くない展開です。なので意識的にゆっくり・・飲んでいました。

 30分ほどしますと、そこから花や新鮮な果実のニュアンスが漂い始めました。

「ようやっと・・だな」

と言うと、判ってたのか知らずか・・

「うん・・」

と頷いてました。カミさんは何も言わずに自分のペースで飲んでます。


 1時間ほどすると、前回には到底たどりつきませんが、かなり果実や蜜、ミネラリティの表情が豊かになってきました。少しマッタリ、細やかな石灰系・石系のミネラリティが素晴らしいです。でも・・もうグラスには残ってない・・終わりです。

 まぁ、どうしても数人で飲む場合は、グラス1杯分しか当たらないことも多いですよね。そういうシュチュエーションだと、目前の状態のみで全てを判断してしまいガチですから、

「ムルソー・レ・シャルムとしては・・・弱いかな?」

などと判断してしまう訳です。ぁ、因みにシャルドネに新樽を多く使った場合、このような「狸」の姿になり易いように感じています。


 なので、このワインは比較的早い段階で飲むのであれば、1時間ほど前に抜栓しておくのが良い・・と言うことになるんですね。もっとも、それは抜栓直後のホストテイスティングで判断しなくてはいけないんです。そうするのなら、上記のような問題は起き辛くなります。


 時系列で追ってみると、このワインは1時間ほどでだいぶ出て来ますから、「死んでます」と言われなくて済むワインであり、レ・シャルム・ドスュのポテンシャルもどんどん出て来るでしょうから、きっと喜んでいただけるんじゃないかなぁ・・と思います。

 それでも、収穫年から13年目です。実はまだまだです。この手のワインは「トロットロ」になってきて、粘性もより多くなり、バターっぽく成ってきて・・ようやくだ・・と言う理解をしています。そんな雰囲気がバリバリです。どうでしょう・・あと5年は掛かるかな・・と言う感じです。


 また、今回は一本開けてしまいましたので、価格を少し上げざるを得ませんでしたが、それでもかなりリーズナブルかと思います。色々と申し上げましたがお許しください。もっと楽しんでいただけると確信しての物言いです。ご検討くださいませ。.


1999 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

4765 5391 スティルワイン 辛口 フランス ブルゴーニュ バタール=モンラッシェ

750ML 在庫
ご注文数  本
¥29,600 (外税)

【飲んではいませんが吹E非飲みたい!】
まあ、ヴィアンヴィニュなら早めに飲んでもそれなりに美味しいのでしょうが、アドヴィケイト誌の92〜94Points(2002年)というハイポイントながらも2005〜2015年という飲み頃設定には例のごとく疑問を感じます。明らかに99年は飲みごろが早いのは事実だと思いますが・・。

ルイ・ラトゥール社は、その立場を利用して、良い葡萄・キュヴェを手に入れることが可能ですから、例えドメーヌものでは無くてもハイポテンシャルなワインをリリースできるのでしょうね。DRCも僅かながらバタールの畑を持っており、数樽のキュヴェを何社かのネゴシアンに渡しています。ですので、バタール=モンラッシェに関しましては、実力派(政治的に・・ね)のネゴスのワインがとても秀逸なことがあるのは、DRCのキュヴェそのもの、もしっくは混ざっているから、と考えるのは穿った見方でしょうか。

いずれにしましても、当代一流のシャルドネであることは間違い無いと思います。興味が有りましたらまだ安いうちに..仕舞っておいてくださいね。アドヴォケイトは、2002年 (92-94) Points、1999年 (91-92) Points でした。
.



2007 Beaune 1er Cru Vignes Franches Rouge
ボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュ・ルージュ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12065 5392 スティルワイン ミディアムボディ フランス ブルゴーニュ ボーヌ

■エージェント情報
「ヴィーニュ・フランシュ」はボーヌの優良な一級畑で、 ポマールとの境界の側に位置しています。畑には表土がほとんど無く、そこから複雑でスパイシーさが際立ち、力強く、素晴らしい熟成を遂げるワインが生産されるので有名です。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥3,390 (外税)

【ドメーヌものの1級ヴィーニュ・フランシュがこのプライスって何かの間違い?・・味わいも素晴らしいです。】
 ブローカーさんからこのオファーをいただいた時、

「えっ?・・・何かの間違いじゃない?」

と思っちゃいましたよ。


 だって、異常に安いんですから・・。このご時世、この価格じゃパストゥグランも買えない造り手が沢山いますからね。

 しかも、この1級ヴィーニュ・フランシュは、ルイ・ラトゥールのドメーヌものです。しかも、ルイ・ラトゥールのボーヌの赤におけるフラッグシップなんですね。

 あのジャック・ジェルマン、シャトー・ド・ショレがドメーヌを売却する時、

「ボーヌはうちの会社の看板だ!」

とばかりに?ルイ・ジャドが手を上げましたよね?・・そして手に入れたんですよ・・ジャック・ジェルマンの1級ヴィーニュ・フランシュを。ルイ・ラトゥールとすると心中穏やかじゃぁ無かったでしょう。そんな裏事情の深読みも、結構面白いですよね。

 それに、例えばあのPKさんも著書「バーガンディ」のボーヌのコラムの優良な生産者/ワインで、このルイ・ラトゥールのヴィーニュ・フランシュ1級を上げていますし、マット・クレイマーさんも、「たいへん飲みがいの有るワイン・・・ボーヌで5指に入る」と持ち上げています。

 まぁ、ヴィンテージ的には2007年と言うことで、そろそろ飲み頃に入りつつある感じかな?・・と言う部分ではあるものの、

「・・2007年かぁ〜・・」

と言うような溜息も聞こえてきそうでは有りますが、それでもボーヌ1級のトップクラスのピノ・ノワールで、しかもドメーヌ・ルイ・ラトゥールですから、このプライスは嬉しいですよね。後は noisy のテイスティング次第・・でしょうか。

 因みに日本の正規はアサヒビールさんで、直販ショップも有ります。現在2010年を販売中とのことですが、税別¥8.450、「在庫の状況によって、まれに、お届けするヴィンテージが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。」とのことで、こんな価格でもデイリーワイン扱い並みと言う訳の判らない販売をしています。こんなことからも、何故真っ当なワイン屋が正規からルイ・ラトゥールを買えないのか・・と言うことも滲んできますよね。

 まぁ、正規品でそんな8千円台の価格・・と言うのも、高騰しているブルゴーニュワインの中に有っては、非常にリーズナブルなんですが、ヴィンテージこそ違うものの、6割引きの価格ですからね・・とてもお買い得かと思います。


 味わいの方ですが、これがこのプライスなら文句など出ないだろ!・・と言えるようなものでした。2007年ですから収穫から9年目に入ったところですよね。

 ヴィンテージ的に、やや冷ややかなニュアンスを持ちやすく、豊かなフレーヴァーには成りにくかった2007年のブルゴーニュでは有ります。そんな傾向はやや見えるものの、それでもしっかりエキスが出ていて、2000年頃までに有った、

「ルイ・ラトゥール特有のパストゥリザシヨンのニュアンス」

はもう有りません。これは、日本酒で言うところの「火入れ」ですね。一時期ルイ・ラトゥールでは、菌の繁殖を抑えるために品温を上げて「殺菌」していたんですね。英語だとパスツリゼーションです。

 これがもう・・ワイン界じゃぁボッコボコに叩かれましたがルイ・ラトゥールでは全く意に介さず、無視していました。

 でも・・いつの間にかね・・火入れは止めちゃってたようなんですね。2000年位まではやってましたよ。結構・・判りやすいです。ナチュラルさが無くなっちゃうんですよ。まぁ、止めずとも、火入れの温度は高くしないようにしたのかもしれませんけどね。

 色合いは非常に健全で、美しい適度な濃度のルビーです。しなやかながら、どこか「キリッ」としたフィネスも湛えています。軽やかな白っぽい石灰のニュアンスがスグリ系の果実に混然としています。中域は適度な膨らみを持ち、その奥に、「チリチリ」とした鉄っぽいニュアンスがまだ集合体として感じられます。

 時間が経過するとともに、その鉄っぽさは幾つかのミネラリティに変化して行くようで、結構な複雑性も見せてくれます。その部分が完全に解れると完熟なのでしょう。でもそれにはもう少し・・3〜5年位ですかね・・掛かると思います。勿論ですが現状で充分な美味しさのバランスを持っていますのでご安心ください。

 ポマールとの境に有る「ボーヌ・クロ・デ・ムーシュ」を南に接する位置に有りますので、やはり豊かな土っぽいニュアンスも持っています。しかし

「グラマラスだね〜!」

と言うほどでは無く、そんなニュアンスも持ちつつ、スタイリッシュさの方に振られた味わいかなと感じられます。

 現状でも美味しく飲め、この先10年は大丈夫でしょう。色々と評価を調べましたが、このクラスを評価する機関は少なく、「ラ・ルヴェ・デュ・ヴァン」が15.5/20、スペクテイターが89/100と言うものが見つかったのみです。

 ん・・noisy 的には90点の大台に乗せて良いんじゃないかと感じますね。そうじゃないと並みのACブルは全部70点台にしないとバランス的に合いません。

 とても美味しい・・品格も個性も備わったボーヌ1級レ・ヴィーニュ・フランシュ2007年でした。是非ともご検討くださいませ。.


1986 Bienvenues-Batard-Montrachet Grand Cru
ビアンヴィニュ=バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

5823 5393 スティルワイン 辛口 フランス ブルゴーニュ ビアンヴィニュ=バタール=モンラッシェ

750ML 在庫
ご注文数  本
¥35,250 (外税)

【グレートイヤー1986年のビアンヴィニュ!】
89年のLLのバタールにはぶっ飛びましたが、86年のビアンヴィニュは飲んでいないので、もし売れなかったらそのうちに飲んでしまおうと密かに狙っています。(・・・バラしてしまったが・・・)

86年は実に秀逸なボーヌ・シャルドネのヴィンテージと言えますし、ビアンヴィニュはバタールの北側、下の部分に有り、レ・ピュセルと接しています。noisy的には、ちょっと金属的なニュアンスを持っているように感じています。普通のバタールほどの、こってりとしたグラマラスな感じにはならないのが、むしろ好みにピッタリ合っているのかもしれません。

また、最近はとても安易に、
「飲み頃はとっくに過ぎてました・・」
と言われるようになりましたが、
「本当にそうなの?」
という疑問は常に有ります。確かに、さっさと飲んでしまう方が危険性は少なくなると言えますが、我慢した者だけに時が与えてくれる大きな感動は、自分のものにはならなくなってしまうんです。「開く前に飲んでしまう」のが我々である・・・と、考えるべきなのかもしれません。

この間も友人の店の話を聞き、さも有りなん!と感じました。あるお客様から、購入した秀逸なボーヌのシャルドネの古いワインを開けてみたけれど、死んでます、と言われたので、取り合えず栓をして返送してもらったそうです。ところが到着したワインを開けてみたら・・・何と全開状態!この世のものとも思えぬ芳香と味わいに狂喜乱舞してしまった・・・とのこと。ボーヌのシャルドネの秀逸なものは、時折「狸寝入り」をします。明らかにもう死んでしまったかのような、日本酒の古いような、老ねた香りだけをダラダラ出すのみで、一向に開放に向かわないんです。本当に素晴らしいと言われるワインに多いんですよね。

まあ、noisy 自身の好みなど皆さんには関係ないことでは有りますから、このドメーヌ物では無いビアンヴィニュが、どれほどのものか!にだけ興味が有るのでしょうね。・・・でも飲んでいないものはしょうがない・・・でも飲んでしまったら品物が無い・・と、どうにもこうにもやるせないのがワインライフなのでしょう。興味の有る方へ。
.



2006 Corton-Chalremagne Grand Cru
コルトン=シャルルマーニュ・グラン・クリュ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

7756 5394 スティルワイン 辛口 フランス ブルゴーニュ コルトン

■エージェント情報

 大御所ドメーヌのルイ・ラトゥールから、看板ワインと言える「コルトン・シャルルマーニュ」2006年ヴィンテージを。反対に、ルイ・ラトゥールが1895年にこの白の傑作を生み出さなければ、この世に「コルトン・シャルルマーニュ」というワインは存在しなかったのだとも言えるのです…。
 2006年ヴィンテージのパーカーポイントは、90-91点。シャブリに共通したミネラルに富んだ硬さと、ムルソーの豊かな味わいを同時に兼ね備えている素晴らしい白ワインと言われており、ブルゴーニュの白ワインファンならば、絶対に味わっておきたい記念碑的作品…今回のラインナップの中でも、特に見逃せない一本ですよ…!
750ML 在庫
ご注文数  本
¥12,950 (外税)

【コルトン=シャルルマーニュと言ったらあそことあれとそれと・・そしてこれ!今回は円高の影響でかなりリーズナブルです!】
 アドヴォケイトは評価をしていなかったと思ってたんですが90〜91Pointsのようでして、コルトン=シャルルマーニュ自体、アドヴォケイト等の海外評価機関では余り点が付かないですので(コシュ=デュリだけは結構乗っけてますが!)、仕方が無いかもしれません。もっとも、フランス人を除く外人さんの好みでは無いのかもしれませんね。

 ですが、コルトン=シャルルマーニュと言えば、この偉大なルイ・ラトゥールを外す訳には、誰も行かないでしょう。誰もが認める素晴らしいグラン・クリュ・シャルドネです。



 バーガウンド・ドット・コムでは91-94Points、スペクテイターは93Pointsです。健康的なワインに仕上がったことでは間違いのない2005年、一般的にはグレートイヤーですから・・この先は価格は上がる一方でしょう。

 若いですが、そろそろ第一段階では飲めないことも無いでしょう。フレッシュな果実に、とことんまでの石灰系ミネラルをお楽しみください。前回ご紹介時より千円ほどもリーズナブルな、為替の良い時の価格で仕上がりました。ご検討ください。
.


2002 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

4764 5395 スティルワイン 辛口 フランス ブルゴーニュ バタール=モンラッシェ

750ML 在庫
ご注文数  本
¥36,200 (外税)

【飲んではいませんが吹E非飲みたい!】
まあ、ヴィアンヴィニュなら早めに飲んでもそれなりに美味しいのでしょうが、アドヴィケイト誌の92〜94Points(2002年)というハイポイントながらも2005〜2015年という飲み頃設定には例のごとく疑問を感じます。明らかに99年は飲みごろが早いのは事実だと思いますが・・。

ルイ・ラトゥール社は、その立場を利用して、良い葡萄・キュヴェを手に入れることが可能ですから、例えドメーヌものでは無くてもハイポテンシャルなワインをリリースできるのでしょうね。DRCも僅かながらバタールの畑を持っており、数樽のキュヴェを何社かのネゴシアンに渡しています。ですので、バタール=モンラッシェに関しましては、実力派(政治的に・・ね)のネゴスのワインがとても秀逸なことがあるのは、DRCのキュヴェそのもの、もしっくは混ざっているから、と考えるのは穿った見方でしょうか。

いずれにしましても、当代一流のシャルドネであることは間違い無いと思います。興味が有りましたらまだ安いうちに..仕舞っておいてくださいね。アドヴォケイトは、2002年 (92-94) Points、1999年 (91-92) Points でした。
.
新着メンバー価格の商品は通常商品と送料サービス体系が異なりますのでご注意下さい。

   

■新着情報メールサービスメンバーページより
以下のアイテムは現在有効な新着情報メールサービスのページです。
ご注文にはメンバー登録が必要です。送料サービス体系が通常商品の場合と異なります。 必ず新着情報インデックスページの注意事項をご覧下さるようお願いします。
= 白ワイン = 赤ワイン = ロゼワイン = その他

スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ボルドー
ポムロル


750ML 5,680 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ボルドー
ポムロール


750ML 6,980 (外税) 在庫
スティルワイン
白 極甘口
フランス
ボルドー
ソーテルヌ


750ML 7,990 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャブリ


750ML 3,380 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャブリ


750ML 5,580 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャブリ


750ML 6,980 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャブリ


750ML 11,800 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャブリ


750ML 6,980 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ


750ML 5,950 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン


750ML 8,650 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン


750ML 12,680 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン


750ML 14,000 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
モレ=サン=ドニ


750ML 14,450 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャンボール=ミュジニー


750ML 18,550 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン


750ML 18,550 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
モレ=サン=ドニ


750ML 15,490 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー


750ML 10,500 (外税) 在庫
スティルワイン
白 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ


750ML 2,450 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ


750ML 2,450 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン


750ML 6,750 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン


750ML 7,380 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン


750ML 32,800 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 辛口
フランス
ボルドー
サンテミリオン


700ML 9,590 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ボーヌ


750ML 5,550 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ


750ML 2,150 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
アロース=コルトン


750ML 18,750 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ


750ML 2,150 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ


750ML 6,850 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン


750ML 13,990 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン


750ML 28,750 (外税) 在庫

全 407 件中 1 件 〜 30 件 (1 ページ目)を表示    
次の 30 件→ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy